FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01









Top Page > その他ゲーム情報

その他ボードゲーム情報

ボードゲームのQ&A
「ボードゲームって何?」 ボードゲームについての初心者向けQ&A。

ボードゲームコラム
ボードゲームで思ったこと。

ボードゲームアンケート
ボードゲームのアンケートです。清き一票を!

あると便利、ボードゲームの小道具
これらを手元に備えてより快適なゲームライフを!

カードのサイズ
カードスリーブに入れるとき、最も気になるのがカードのサイズです。

ルール関連記事
ルールにまつわる記事。

ゲームの入手
実際にゲームを入手する、ということの関連記事。

リンク報告
ボードゲームランドにリンクを張っていただきました。
スポンサーサイト
[ 2030/12/28 20:02 ] その他ゲーム情報 | TB(-) | CM(-)

ボードゲームコラム

ボードゲーム・カードゲームのススメ

ボードゲームのQ&A

ボードゲーム初心者の皆さまへ

ボードゲームのマナー

ボードゲーム準備のコツ

「ゲーマー」と「一般人」(「対象年齢」を活用する)

ボードゲーム・カードゲームの小道具

ゲームの収納

ドイツゲーム カードのサイズ

万物流転 ゲームの評価も変化する

ゲームのタイトルを覚えよう

ドイツゲーム年間大賞はあてになるか?(2010年)

失敗から学ぶゲーム選び

ゲームを買うタイミング

ゲームの購入今昔

日本版The One Hundred 順位の推移

X氏宅ゲーム会の思い出

ゲームと飲食

野球とエル・グランデ(ヴァリアントとテストと調整)

2人じゃ出来ないゲーム

飽きる人種・飽きない人種

不謹慎なテーマのゲームについて

AKB48でカードゲームを考える

トランプ対サイコロをカイジ風に考える

ボードゲームのコピー

和訳掲載の見直しのお知らせ

ゲームがテーマのマンガ、「カイジ」のすすめ



ガーデンゲームズからのお知らせ

ゲームマーケット2012春に出展します!
[ 2030/12/27 20:54 ] その他ゲーム情報 ゲームコラム | TB(-) | CM(-)

ルール関連の話題

ル・トゥルック トランプのブラフ対戦ゲーム

トーレスの変遷

ナゲッツ、金塊駒の変則配置ルール(非公式)

ナポレオン、トランプのトリックテイキングゲーム

新春、ルール問答 vsメビウス、ヌメリ編

アルカザール&ビッグボス ルールの疑問点

エジツィアのルールの疑問点

エル・グランデ ルールのQ&A

カードカソンヌ 動物ジョーカーの疑問

カードカソンヌのルールを読む

熟語台札 ルールの修正

熟語トランプ 新ルール考案のプロセス・頓挫編

意外に好評、熟語台札

熟語麻雀 ルールの修正

人生ゲームのバリエーションルール(未プレイ)

ヨーロッパツアー対10デイズ・イン・ヨーロッパ

10デイズ・イン・エクスペディション

10デイズ・イン・ユーラシアBGL版

20デイズ・イン・ユーラシア
[ 2030/01/27 20:24 ] その他ゲーム情報 ルール関連 | TB(-) | CM(-)

ゲーム入手に関する話題

ボードゲームのお店、「ボードゲームカプセル」移転

ゲームショップのチラシを貰う

「じゃんけんしょうぎ」が発売予定

黒猫のニコロ……「ボードゲームカプセル」、グランドオープン

ワレスのスゴイ商法

チャイナ ヤフオクで売られてます

biscoさん、ヤフオク出品!

迅速な対応
[ 2030/01/26 20:35 ] その他ゲーム情報 ゲーム入手関連 | TB(-) | CM(-)

ル・トゥルック トランプのブラフ対戦ゲーム

概要:
2人対戦のトランプゲームです。各プレイヤーは3枚の手札を持ち、それが1枚1枚プレイされていき、場札になります。相手の出したカードとの比較で勝敗が決まり、さらには勝った場合の得点を上げるかどうかの判断もゲーム中に行わなければなりません。30点以上に至れば勝利になります。

場札のイメージ
⑥④②
⑤③①


奇数の数値がこちらが出す場札。偶数が相手が出す場札です。①と②で勝敗を競い、③と④で勝敗を競い、⑤と⑥で勝敗を競います。

用具:
トランプ:32枚
(A、6、7、9、10、J、Q、K)
それ以外のランクのカードは使用しないので除外しましょう。

ダブリングダイス:
代用できるものがあれば、必ずしも必要ではないです。得られる得点を表示するのに用います。
「1」、「2」、「4」、「8」、「16」、「32」
この6種の数値がダブリングダイスと同じような内容ですが、それを適当な紙に書き、どの数値かを表す駒があればよろしいでしょう。

チップ:
各プレイヤーが30点分くらい用意してください。

(用語について)
私の個人的な趣味なのですが、「スタンド」とか「リジェクト」と言われてもなんだかよく分かりません。そこで、私の趣味に即して、【分かりやすい表現】をすることにしました。

ゲームの進行:
親と子に分かれてゲームを行います。親はカードを混ぜ、子にカットをしてもらいます。親は、カットされたカードから3枚ずつ配り、それが各プレイヤーの手札になります。

この段階で、子は、2つの選択肢があります。
「勝負」と「やり直し」です。

「勝負」が選ばれた場合、ゲームに移行します。もし、子が「やり直し」を選択した場合、今度は親が選択する番です。

親は、「拒否」か「交換」を選択します。

親は子の「やり直し」に対して、「拒否」をするならば、実際のゲームに移行します。
親が子の「やり直し」に対して、「交換」を選択したならば、2人の手札は捨て札になり、再び手札が3枚ずつになるように配り直します。この場合は再度の交換にはならず、即、ゲームに移行します。



肝心のゲームですが、子から手札を1枚表向きで出します。表向きで出すことが必須なのはこれだけです。他の5回のプレイの機会は、常に表出し・裏出しの選択が可能です。

子が出したカードに対して親は任意のカードを出します。もちろん、裏表を選択します。

両者が出した1枚ずつのカードの強さを比較する。これがこのゲームの基本です。手札は3枚ありますから、この強さ比べで2勝できればこのラウンドは勝てます。勝った場合はダブリングダイスで示される得点をチップで受け取ります。

手札が3枚で、それぞれ勝負となりますから、1枚出したら1枚出される、という風に進行します。
次の1枚は「(直前のカードで)勝っている方」から先に出すようにします。



さて、肝心のカードの強さですが、少し変則的です。

(強)←7、6、A、K、Q、J、10、9→(弱)


こういう強弱の関係です。トランプのマーク(スペードやハートなど)はカードの強さとは無関係です。

裏向きでカードを出し、それに対して相手が降りない、となると、ダブリングダイスの目が1段階上昇します(得られる得点が倍になります)。この目が上がるということは、勝った場合はより得点が得られる、というところが要注意です。裏向きで出されたのち、相手が勝負を降りてしまえば得点は変わらないのですが、受けるとなると得点が倍になります。裏向きに対して降りるか否か。傷が浅いうちに手じまい、とも考えられますし、こちらの弱気に付け込むブラフである、とも考えられます。
降りる、というのもある意味立派な選択肢ですし、勝負を続行するのも選択肢です。降りの場合は敗北が確定でダブリングダイスの得点を勝った方が得ます。勝負が続行の場合は裏向けられたカードが表向けられます。

同点の場合の処理:
例えば、こちらがKを出して、相手もKを出したら、次はどちらがカードをプレイするのか?これは出す順が変わると言うことはありません。前のカードプレイで先に出した方がやはり先にプレイするのです。

1本目に同点なら2本目の勝者がラウンドに勝ちます。3本目はしません。
1本目も2本目も同点なら、3本目の勝者がラウンドに勝ちます。
1本目も2本目も3本目も同点なら、引き分けです。双方とも得点を得られません。
1本目に一方が勝って、2本目に同点なら、1本目に勝った方がラウンドに勝ちます。3本目はしません。
1本目に一方が勝ち、2本目にもう一方が勝ち、3本目が同点なら、1本目に勝った方がラウンドに勝ちます。

次のラウンド:
2本取れれば勝利し、ダブリングダイスで示されている得点をチップで得ます。親と子の役割を交代します。ダブリングダイスのポイントを1に戻します。

ゲームの勝利:
30点先取できた方がゲームの勝者になります。

ルールと便利シート



【おまけ】ル・トゥルックの簡単な紹介
このゲームは草場さんから教えてもらいました。教えてもらったのは2011年のことだったと思います。草場さんは赤桐さんから教えてもらったそうです。このゲームは2人対戦トランプゲームとしてかなり面白く、おススメ度の高いトランプゲームなのです。トランプゲームだけに用具をそろえるのも簡単手軽で、ダブリングダイスを使うのですが、これも「便利シート」と駒があれば必要ありません。ぜひ、「ルールと便利シート」を印刷してほしいです。アナログゲームを好む方にはぜひ、このル・トゥルックを楽しんでほしいと思っています。

トーレスの変遷

こんにちは。

先日はトーレスが出来て良かったですね。○○さんはご存じだと思いますが、トーレスはドイツゲーム大賞受賞ゲームで、最初はラベンスバーガーが出版していましたが、のちにリオグランデ版に変わっています。このとき、ゲームのコンポーネントが大分雰囲気が変わりました。

ラベンスバーガー版はオレンジ色っぽく、砂で出来たような、そんなお城でしたが、リオグランデ版は灰色で石造りのお城に変わっています。

で、ここからが重要ですが、ラベンスバーガー版とリオグランデ版を比べるとルールに違いがあるようです。

ラベンスバーガー版でヴァリアントとして扱われていたルールが、リオグランデ版では正式ルールとして取り上げられていて、逆にラベンスバーガー版で正式ルールだった部分がリオグランデ版のヴァリアントになっているようです。

ヴァリアントの問題は、まぁ、あまり深刻ではありません。プレイヤーの好みにより取り入れれば良いのですから。

しかし少し困ったルールの違いがあります。それは、

手元に置ける建物駒の数の制約

に関する部分です。

手番でプレイヤーが使いきれなかった建物駒は後の手番のために残しておけます。しかしその際は、手元にある建物駒に重ねて置くようにするのですが、この際の高さ制限の有無、つまり、一度の手番で使える建物駒の数の違いが、ラベンスバーガー版とリオグランデ版とであるようです。

ラベンスバーガー版は3階建てが限界。
リオグランデ版はそのような限界は特にない。

このルールの違いはさりげなく感じられるかもしれませんが、結構大きな違いでは、と思います。

私は個人的にはラベンスバーガー版の方がルールとして合理的に感じますので、こちらの方を採用して遊びたいと思っています。

よろしくお願いします。




(この記事は、メールで送った文章を元に一部修正して掲載しております)

ナゲッツ、金塊駒の変則配置ルール(非公式)

http://boardgameland.blog31.fc2.com/blog-entry-329.html

ナゲッツのルールを見ると、金塊駒の配置位置が定まっているようです。

しかし、ヴァリエーションルールとして、この固定配置を覆すような配置を認めています。この変則配置のための規則を考えてみました。




まず、金塊駒を(できるだけ)公平に配ります。

配り方1・・・・表向き(数値が分かるように)に置かれた金塊駒を順番に1個ずつ取っていきます。こうやって取っていくと、3人プレイの場合、最後の1人のみが金塊駒を2個しか取れませんがそれは
「残念でした」
ということで納得してください。

配り方2・・・・裏向き(数値が分からないように)に置かれた金塊駒を順番に1個ずつ取っていきます。上述の通り、3人プレイの最後の1人は2個しか取れませんが、「残念でした」。

配り終わったら配置です。

配置は表向きにして配置するようにします。1個ずつ、時計回りに配置していきます。配置するときは、ボード上のマスの中に配置するようにし、すでに金塊駒が置かれているマスには配置禁止になります。したがって、金塊駒のすぐ隣には配置が可能です。




変則配置の方法は以上です。この変則配置で一味違ったナゲッツを楽しんでみてください!
[ 2013/03/24 13:38 ] その他ゲーム情報 ルール関連 | TB(-) | CM(-)

ボードゲームのお店、「ボードゲームカプセル」移転

ボードゲームのお店はいくつかあります。

ボードゲームカプセルはその中の一つですが、7月7日にウェブサイト移転、だそうです。


ボードゲームカプセル


ボードゲームカプセルさんには、ガーデンゲームズ作品(暁の鉄道と札狩り)を置かせていただいてとても感謝しています。

ガーデンゲームズのゲームは、ぜひカプセルでご購入ください。
[ 2011/07/07 03:04 ] その他ゲーム情報 ゲーム入手関連 | TB(-) | CM(-)

ナポレオン・SHCC-Jルール(トランプでできるトリックテイキングゲーム)

トリックテイキングゲームには、いろいろあります。「七つの印」、「スティッヒルン」などがドイツゲームの中ではよく知られていますが、トリックテイキングゲームをトランプで楽しむ場合は、このナポレオンがかなり面白いです。ナポレオンにはいろいろな流儀があり、ヴァリアントが多いのですが、ここでは私たちが普段よく楽しむルール(SHCC-Jルール)をご紹介いたします。

「SHCC-J」とは、「静岡県立清水東高等学校化学部伝承-ジャック監修」という意味です。ジャック氏は清水東高校化学部OBで、その部活に口頭伝承されてきたナポレオンのバリアントの一つ(SHCC- J)をボードゲームランド管理人に教えてくれました。このバリアントは完成度が高く、数多くのプレイに耐える充分な面白さを持ったものと思います。しかし、残念なことに今日まで、「文章」という形では伝わってなかったのです。しかし、この度、このゲームを埋もれさせておくのは惜しいと思い、ジャック氏監修の下、この様な形で、記述いたしました。ぜひ、このページ掲載のルールを読んでみて、実際にプレイしてみて欲しいと思います。




ゲームの目的
各スート(※)のA、K、Q、J、10を絵札と呼びます。絵札は全部で20枚あります。絵札を出来るだけたくさん取ることがプレイの目的になります。

(※)スートとは、スペード、ハート、ダイヤ、クラブという4種のトランプのマークのこと




プレイヤー人数
3人~7人(5人がベスト)。




使用するカード
5人プレイ時:通常の52枚のトランプにジョーカーを1枚加えます。

3人・4人・6人プレイ時:通常の52枚のトランプ+ジョーカーの53枚から、d.gif3とc.gif3の2枚を抜きます。

7人プレイ時:通常の52枚のトランプ+ジョーカーの53枚からc.gif3を1枚抜きます。

(この様な使用枚数調整は、ウィドーを3枚にするためです)。




カードの強さ
カードの強さは次のとおりです。

【1番強い】 最も強いのはs.gifAです。これをオールマイティーと呼びます。

【2番目】 次に強いのは切札(スペード、ハート、ダイヤ、クラブのうち、最も強いというように決められているのが切り札です)のJです。これを正ジャックと呼びます。

【3番目】 次は切札と同じ色のJです(たとえは切札がs.gifAならばc.gifJです)。これを裏ジャックまたは副ジャックと呼びます。

【4番目】 次はリード(トリックで一番最初に出すこと)で使用されたジョーカーです。

【5番目】 次はセイムツーが成立した時の切り札の2です。

【6番目】 続いて切札です。

切り札の中での強さの序列は次の通りです。
(強い)A>K>Q>10>9>8>7>6>5>4>3>セイムツー不成立の2(弱い)

【7番目】 切札以外の各スートです。

強さの序列は次の通りです。
(強い)A>K>Q>10>9>8>7>6>5>4>3>セイムツー不成立の2(弱い)

【最弱】 フォローで使われたジョーカーと切り札でもリードでもないスートのカードです。




ディール
最初のディーラーは任意の方法で決めます。次回からは、ディーラーは時計回りに交代します。
プレイヤーが4人の場合は、各プレイヤーに1枚ずつ12枚配り、残り3枚はテーブル中央に裏返しにおきます。
これをウィドーと呼びます。
3人の場合は16枚ずつ、5人の場合は10枚ずつ、6人の場合は8枚ずつ、7人の場合は7枚ずつ配ります。
いずれの場合もウィドーは3枚となります。




ビッド(ナポレオン役の決定の入札)
ディールが終わると、誰が「ナポレオン」になるかを決めるために、ビッドを行います。
各プレイヤーは自分の手札を見て、切札をどのスートにすれば、20枚の絵札(各スートのA、K、Q、J、10)のうち何枚取れるかを予測してビッドします。
(この場合の予測は自分と自分が指名したパートナー(副官)の2人で何枚取れるかという予測です)。
ビッドできる最低の枚数が決まっています。3人プレイ時:14枚、4人プレイ時:13枚、5人プレイ時:12枚、6人プレイ時:12枚、7人プレイ時:11枚です。
ビッドはディーラーの左隣から時計回りに1人ずつ行います。ビッドは切札のスートと予測した枚数を宣言します。例えば「切り札はスペードで、12枚」というように言います。次のプレイヤーからはそれよりも強いビッドしか行えません。強いビッドとは枚数の多いビッドです。あるいは同じ枚数でも強いスートならば言ってもかまいません。スートの強さは強い順に、スペード、ハート、ダイヤ、クラブ(※)です。ビッドしたくないときにはパスを宣言します。一度パスをしても再びビッドに参加することもできます。ただし、ビッドしたあとに他のプレイヤー全員が続けてパスをすると、ビッドは終了します。

最後にビッドしたプレイヤーがナポレオンになります。

なお、誰もビッドしなかった場合には流れとなります。
続けて、同じディーラーがディールをやり直します。
このやり直しのディールでは、前回のナポレオンからビッドを行い時計回りで、ビッドしていきます。
もし誰もビッドをしなかった場合は、前回のナポレオンの右隣のプレイヤーが今回のナポレオンになります。

(※)トランプのスートは、スペード・ハート・ダイヤ・クラブの4種類があります。これらには、スペード=貴族、ハート=僧侶、ダイヤ=商人、クラブ=農民という意味があります。これらは中世ヨーロッパの人の階級であり、階級の強さがスートの強さに関連付けられています。こういう風に、理屈っぽく覚えるのも一つの方法ですが、スペード・ハート・ダイヤ・クラブの頭文字をとって「スハダクラブ(素肌クラブ??)と覚える方法もあります。




副官指名
ナポレオンはカードを1枚指定して、それを手札に持っているプレイヤーを副官に指定します。例えば「s.gifAを持っている人を副官に指定します」というように言います。
この場合s.gifAを持っているプレイヤーが副官になります。
指定するのはどのカードでもかまいません。
副官に指定されたプレイヤーは、そのカードをプレイするまで、自分が副官であることを公表することは禁じられます。
もしも、ナポレオンが指定したカードを、誰も持っていない場合(ナポレオンが指定したカードがウィドーの中にある場合などが考えられます)、ナポレオンの「独裁」ということになります。
この独裁という状況は、ナポレオン以外は全て連合軍ということになり、一般的にはナポレオンに不利な状況です。




カードをウィドーと交換する
ナポレオンはウィドーのカード(配り残りのカード)を手札に加えて、同じ枚数だけ(3枚)のカードを裏向きに捨て札します。
絵札や切り札のスートのカードを捨て札することもできますが、戦術的に考えると多くの場合、絵札や切り札のカードを捨てるのは得策ではないです。




プレイ
ナポレオンが最初のリード(トリックで最初にカードを1枚出すこと)を行います。
プレイは時計回りの順に行います。基本的には、通常のトリックテイキングゲームのルールに従ってプレイします。
つまり:

・リードされたスートのカードが手札にあれば、そのスートのカードを出します。
・リードされたスートのカードが手札に1枚も無ければ、どのカードを出しても構いません。
なお、s.gifAや裏ジャックは強いカードですが切札のスートに属するわけではありません。本来のマークのスートに属します。 

トリックに勝つプレイヤーは次のとおりです:
s.gifA、正ジャック、裏ジャック、切札のいずれかが出ている場合はその中の最も強いカードを出したプレイヤー
・それ以外の場合は、リードされたスートの中で最も強いカードを出したプレイヤー

勝ったプレイヤーが次のリードを行ないます。




以下のような特別なルールもあります:

第1トリックの例外規定
第1巡目には、s.gifA、正ジャック、裏ジャックは、普通のAやJの強さになります。

オールマイティー
s.gifAはスペード請求には従わなくてはならないが、他のスート指定時に該当するカードが有っても、いつでも出すことができます。s.gifAは第1トリックでも出せますが、カードの強さは普通のAとして扱います。

ジョーカー
フォローの場合(他のプレイヤーがリードしたときに使う場合)、リードしたスートに関係なく、いつでも使うことができます。しかし最も弱いカードとなります。
リードの場合は切札請求となります。つまり他のプレイヤーは切札を持っていれば出さなければなりません。この場合ジョーカーが最も強いカードとなります。ただし、切札をもっていなくてs.gifAまたは正ジャックまたは裏ジャックを出したプレイヤーがいたら、そのプレイヤーの勝ちになります。最初のリード(第1トリック)をジョーカーで行うことはできません。第1トリックで、ジョーカーをフォローで使用することは可能ですが、強さは最も弱いカードということになります。

セイムツー
プレイされたカードがすべて同じスートだった場合には2が最も強いカードになります。ただし、s.gifA、正ジャック、裏ジャック、リードに使用されたジョーカーのいずれかが出ていた場合には、それらのカードには負けます。フォローでジョーカーがプレイされてもセイムツーは成立します。最初のトリック(第1トリック)だけはセイムツーのルールが適用されません。

ジョーカー請求
s.gif3をリードするとジョーカーを持っているプレイヤーに対して、ジョーカーを出すように請求できます。ただし、第1トリックではs.gif3でジョーカー請求は出来ません。

カードを裏向きにしてプレイする
フォローでカードをプレイする時に、切り札、s.gifA、正ジャック、裏ジャック、ジョーカーは裏向きでプレイできます
(ジョーカー以外は、リードされたスートのカードが手札にあれば、そのスートのカードを出さねばならないというルールに注意すること)。
ただし、第1トリックでは裏向きで出せません。
裏向きにプレイすることで、カードの強さは変わりません。
裏向きにプレイされたカードは、全プレイヤーのカードが出揃った段階で表向きにされます。
ただし、切り札請求時はs.gifA、正ジャック、裏ジャック、ジョーカーのみが裏向きでプレイできます。通常の切り札は、裏向きにできません。




勝敗
プレイが終わって、ナポレオンと副官の取った絵札をあわせて、ビッドした枚数かそれ以上の枚数ならばこの2人のプレイヤーは勝ちになり、他のプレイヤー(連合軍)は負けになります。
ビッドした枚数の絵札を取れない場合にはナポレオンと副官の負けになり、連合軍の勝ちとなります。

何回かディールを行った場合、勝ち数の最も多いプレイヤーがゲームの勝者となります。
[ 2011/02/18 20:01 ] その他ゲーム情報 ルール関連 | TB(-) | CM(-)

ガン牌

ガン牌とは、麻雀における不正の一種で、牌の裏面の目印を利用する不正である。

ガン(目印)をワザと付けるのは明らかな不正だ。昔の麻雀牌は、裏側が竹が素材として使われていた。その竹の模様をガンとする。もしも竹の模様や色合いが明らかに異なるようならガンとして不正に利用できるだろう。

私は某ゲームを購入し、もちろん即座に内容物を確認するが、カードなどの内容物に、製作過程でできてしまった傷があるかどうか、などというチェックはしない。

そのゲームをいざ遊ぶ段階で、その用具を手に持つと明らかな汚れや傷がある!立派なガンだ。ゲーム自体は楽しかったが、相手プレイヤーにガンが発見されないか、プレイの最中ドキドキした。

もうちょっと違う意味でドキドキしたいのだが。

ゲームが終わった後、改めて、どの程度ガンが混入しているかチェックしてみた。ガンの比率がとても高い。珍しい現象だ。1枚、2枚、1割、2割どころではない。軽くショックを受けたが、これを購入したお店に連絡をとるとどうやらちゃんとしたのと交換してくれるようだ。

少しホッとする。
[ 2011/01/20 20:01 ] その他ゲーム情報 ゲーム入手関連 | TB(-) | CM(-)
FX