2010 051234567891011121314151617181920212223242526272829302010 07









Top Page > 2010年06月

ブタなかま

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6006s-.jpg

邦題:ブタなかま
原題:Schweine-bande
作者:Stefan Dorra
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「ブタの群れ」みたいな感じだと思います。

・ゲーム内容の簡単な紹介
家畜をゲットしてそれを効率的に得点化するゲームです。

DSCF6007s-.jpg
ボードを広げました。

まずボードに家畜タイルを裏向きで並べます。
DSCF6008s-.jpg

その後、1枚ずつタイルがめくられます。めくったプレイヤーは考えねばなりません。

そこに農夫駒を置くか、スルーか

こういう選択を繰り返していくうちに、プレイヤーの手持ちに農夫駒は置ききられてしまうでしょう。

DSCF6009s-.jpg
農夫駒が置かれました。

置ききった順番に従って「順番タイル」が取得されます。

農夫駒が置ききられたら、まだ裏向きの家畜タイルが表向きにされます。

DSCF6010s-.jpg
表向きにされ全容が明らかに!

そうなったら「順番タイル」の番号に従って農夫駒をダーッと一直線に動かし、その軌道上にあるすべてのタイルを取得します。

DSCF6011s-.jpg
農夫が通った後にはペンペン草も生えない。

動かされた農夫は手元に戻され、全プレイヤーの農夫が手元に戻ったらラウンド終了の処理をします。

ラウンド終了の処理は、

・取った家畜タイルを得点化すること
・得点化できずに残ったタイルを維持するために餌駒を与える

ということをします。

家畜タイルの得点化の方法は3つあります。

1.フォーカードを作る
同じ種類の家畜4枚組をそろえます。こうすることで、そのうち1枚を得点にできます。

2.ストレートを作る
2~7の各種1枚ずつ、6枚をそろえます。こうすることで、「7」の家畜を得点化できます。

3.ブタなかまスペシャル
これは「1.フォーカードを作る」の特殊な形態です。ブタを4枚そろえるのです。単にそろえるだけでなく、「最終ラウンド」の時のみ、このスペシャル決算が可能です。この決算をすると、2枚のブタタイルを得点化できます。最終ラウンドでないのならブタ1枚だけが得点になります。

ゲーム終了時にもっとも得点を得ているプレイヤーが勝利します。

・コンポーネント
特に驚くような点はないのですが、良い意味でドイツゲームらしく、堅実でしっかりしてて質が高いです。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
ベートーベンの田園はどうでしょう。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World
スポンサーサイト
[ 2010/06/28 20:37 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ハバナ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5986s-.jpg

邦題:ハバナ
原題:HAVANA
作者:Reinhard Staupe
メーカー:RIO GRANDE GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:30~45分
形態:C
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味
キューバの首都です。このゲームの舞台の街なのでしょう。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ハバナは「キューバ」というボードゲームの姉妹ゲーム、みたいですね。けど、ルールの共通項が少ないような・・・そんな印象です。プエルトリコとサンファンが姉妹ゲームだけど違うゲーム・・・つまり姉妹はあんまり似てないってことなのでしょうか。

ハバナは職業カードを出していって職業カードの表すアクションを行います。それをひたすら繰り返すゲームです。

職業は13種あります。
0番:シエスタ=行動なしです。けど数字が最低なので早い順番の行動ができるはずです。
1番:回復=捨て札から1枚を選んで拾ってくることができます。
2番:防御=他人からの攻撃的アクションを予防するガードマンです。
2番:廃材=廃材駒を場から拾います。
3番:保安林=邪魔な建物カードを除去できます。
3番:徴税人=他人の駒を減らします。
4番:労働者=労働者駒を獲得します。
4番:建築士=このカードが出ている時だけゲットできる特殊な建物カードがあります。
5番:ペソ泥棒=他人のお金を盗みます。
6番:資材泥棒=他人の資材駒を盗みます。
7番:闇市=袋に入れられている駒を引いてきます。
8番:ペソ=場にあるペソを得ます。
9番:ママ=場にあるキューブ駒を得ます。

番号が同じ物もありますね。これは私がコピペをしてそのままになっているわけではなくて、本当にこの番号なのです。

職業カードで行動をやるゲームの代表格はあやつり人形ですが、このハバナの面白い点は1人で2枚出す!というところです。職業カードには一ケタの数字がふられています。2枚のカードを出します。2個の数字が並びます。この数字を二ケタの数字として読んでみて数の少ない方から行動ができます。もしも同値のときは勝利点の少ない人が早い順番になります。

こういう出したカードやら出した職業やらで順番が決まるのって、あやつり人形やマハラジャみたいですね。

順番が決まったらアクションです。2枚出してるから大体は2種の行動をやることになるでしょう。職業カードのアクションに追加して、お金や駒が手元にあれば建物カードが買えます。この建物カードに書かれている数字が勝利点で、点が高い方が勝つわけです。

全員がアクションを終えたら各人は1枚の職業カードを出し、2枚の出されているカードのうちの1枚が捨て札になって、つまり新カードと旧カードの2枚が次ラウンドの使用される職業になります。ラウンドの進行によりドンドン捨て札が増え、手札が2枚だけになると捨て札全部が手札に戻ってきます。

プレイ人数により、決められた点に到達したらゲームは終了して点の高い人の勝ちになります。

DSCF5981s-.jpg
2人プレイの様子。

・ハバナ攻略?ハバナ“必勝法”!
流さんが“ハバナ必勝法”を編み出しました。
それは「回復カード」維持作戦。

この作戦をすると、回復カードの効果で1枚返ってくるのですが、この回復カードを流さず保持し続けるんですね。すると、カード選択の余地100%です。かつ、回復カードはスピードが2番目に早い高速カード。高速カードで高速手番、そしてカードの威力が増すし、プレイエリアの資源もガッポガッポ。

欠点が無いかに見える回復カード維持作戦ですが、仮に複数のプレイヤーが同時にこの作戦を採用したらどうなるでしょうね。やはりハイレベルな勝負になるかもしれないと思いますが、ある瞬間に均衡が破れるでしょう。つまり、どちらかのプレイヤーがプレイエリアの状況次第では相手を出し抜くべく回復カードを破棄し、同時に通常のプレイに見られるカード2枚の効果をプレイエリアなどにしかけて一挙に資源獲得・建物カード獲得・勝利点ゲット、となるのでは・・・と想像します。

この回復カード維持作戦は果たして机上の空論なのか?ちょっと試したいですね。

・コンポーネント
駒は木製、コインは厚紙製、建物カードは厚紙タイルです。

肝心の職業カードはカードの効能書きのシールを貼る方がプレイしやすいでしょう。バネストというお店ではシール付きでした。

エル・グランデのパワーカードは各人が使用するカードのセットが各人のプレイヤーカラーで分けられています。このゲームもカードの裏面を見ると、どのカードがどのプレイヤーに属しているか色で分かります。裏面だけでなく、エル・グランデのパワーカードのごとく表面も各人のプレイヤーカラーにしてほしかったです。その点が惜しいですね。

あと、カードゲームなのに箱でかすぎです。建物カード(タイル)がかさばるからこんなのになってしまったのでしょうか。

・カードのサイズ
(59×91mm):52枚
(これ以外に建物カードがありますが、建物カードはタイル状なのでスリーブには適さないと思います)

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
遊星からのフリーキック
[ 2010/06/27 22:13 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

スモールワールド

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5471s-.jpg

邦題:スモールワールド
原題:SMALL WORLD
作者:Philippe Keyaerts
メーカー:DAYS OF WONDER
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:40~80分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■

受賞歴:
2009年ドイツゲーム賞5位
2009年日本ボードゲーム大賞6位



・原題の意味
「小さい世界」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ビンチのリメイクです。
リメイクだけあってやることは共通の部分が多々あるのですが、より面白くなるようにルールが大幅に改良されています。
ゲームの終了条件がラウンド数で決まるようになりました。あと得た勝利点も秘密情報になりました。

ゲームの舞台も変わりました。ビンチではルネッサンス期のヨーロッパを舞台にした諸民族の攻防がテーマでしたが、スモールワールドはファンタジー世界が舞台になっており、妖精や小人たちの戦争になっています。地図は架空の世界の地図です。ルール自体はとてもシンプルで、多彩な特殊能力がこのゲームに華を添えています。

DSCF5472s-.jpg
ボードです。このゲームはボードが2枚入っていて、1つが2人or3人用です。
もう1枚が4人or5人用です。
この画像のボードは2人か3人用のもの。裏面が3人用マップになっています。

DSCF5473s-.jpg
こちらのボードが4・5人用マップ。2人マップと比べてみると面積が倍近く違います。

特殊能力を持った種族をまず選びます。種族自体も特殊能力を持っていますので1つの種族を選べば2種の特殊能力が持てます。特殊能力は多数あり、種族も多数あって、組み合わせはとてもたくさんです。このあたりは飽きが来にくいとても良い工夫です。ゲームをとことんやり込みたいプレイヤーも、とてもこのゲームが堪能できるのではないでしょうか。
DSCF5468s-.jpg
種族と特殊能力。左側が特殊能力で右側が種族です。
種族はいかにもファンタジー世界らしく、エルフやホビット、ドワーフなどの面々です。
それぞれの種族ごとに特殊能力があり、さらに左側の特殊能力と組み合わせて実に多様な組み合わせができます。

種族を選んだら侵略開始です。種族を表すチットを置いていくことにより侵略をしていきます。全く空白の誰もいない領土には2個のチットで侵略できます。1個敵チットがいれば1個余計にチットが要るようになり、2個なら2個、3個なら3個……敵が多ければそれだけ攻めにくくなります。征服された陣営はチットを1個喪失します。
存分に侵略が終わったら勝利点が入ります。原則的に1国につき1勝利点です。

DSCF5469s-.jpg
ゲーム中の様子。駒が、というより厚紙製チットですね。
ボードが狭いため、2人でもキツキツ感があります。
この画像はピンボケですね。スマン。

このゲームはプレイヤー同士がボコスカ殴りあう激しい直接攻撃のゲームなのですが、あまり陰湿ではありません。自分が劣勢だと思えるのなら、自分の種族を見捨てて新種族に乗り換えられるからです。新種族に乗り換えると、旧種族は「衰退種族」になり、以後、ボード上に置かれ続け、攻め滅ぼされない限り勝利点に貢献を続けます。衰退種族は侵略・攻勢はできませんが守りに徹しているのです。

プレイヤーはアクティブな種族と衰退種族の2つの種族が持てるのですが、この2種族を効率的にボード上にばらまいて勝利点を稼ぎましょう。

プレイ人数により変わるのですが、定められたラウンド数が終わればゲームは終了になり、その時点で多くの勝利点を稼いでいるプレイヤーが勝利します。

・2人プレイについて
やおきんによるゲームの面白さ評価:
やおきんによるゲームに対するコメント:
種族の衰退・乗り換えのタイミングが重要なゲームですね。最初の「種族+特殊能力」選択がオープンになった順でのコスト設定だったので、なんか雑だなぁと思いましたがあっという間に手詰まり→種族乗り換えになってしまうので種族変更の頻度が多く、それほど影響がないのかなと納得。

領土をめぐる熾烈な攻防、という感じではなく割とあっさり領土が各プレイヤーを行き来するため嫌味も少なめ(笑)

毎回清算で小刻みに得点していくので軌道修正しやすく感じ最後までゲームを楽しめるのも良かったです。あまり深く考えずにサクサク遊んでもゲームになるので陣取りが苦手の嫁さんでも楽しんで遊んでました。
(2009年9月8日)

・3人以上でやってみた:
アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
人数ごとにマップも用意されていていい感じ。ファンタジー世界が好きな人には、たまらないゲームだと思います。

・コンポーネント
このゲームには2枚ボードが入っていて片方が2・3人用(両面印刷のボードで人数に応じて表裏を決めます)。もう片方が4・5人用になっています(こちらも同様に両面印刷)。2人の場合は狭いマップを使いますのでスカスカでソロプレイ感漂う…と言うようにはならず、ボコスカに殴りあう感じになります。人数に応じて対応するマップが違うので、恐らくどの人数でもあまり問題は生じないと思います。
勝利ポイントチップは隠匿情報で、裏面は共通になっています。チップの枚数が多いと「たくさん稼いでいるな~」というのがもろ分かりなので、衝立を用意するとより良いように思います。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
ヴィヴァルディの「調和の幻想」はとても合っていると思います。

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
ふうかのボードゲーム日記
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
[ 2010/06/24 21:14 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

オリゴ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4792s-.jpg

邦題:オリゴ
原題:Origo
作者:Wolfgang Kramer
メーカー:Parker
プレイ可能人数:2~5
年齢:10歳以上
所要時間:60分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
カードをプレイして自分の民族を表す盾タイルをボード上に展開していくゲームです。

DSCF4794s-.jpg
ボードを広げました。

得点を得る方法はいろいろあり、
建国する、
大きい一族を作る、
海上にタイルを置く、
ヨーロッパ各国ごとに多くの駒を置くようにする
…という方法があります。

大体はカードを出すことで対応する区画に駒を置くようにします。そういう駒の配置が上述のような得点につなるような配置になるようにする、というゲームです。カードプレイ、駒配置、カードプレイ、駒配置…たまに得点計算…。

DSCF4791t.jpg
2人プレイ時の盤面。

・コンポーネント
盾が厚紙製です。これが木製立方体だともっといいように感じます。

・カードのサイズ
(56×87mm):98枚

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World
[ 2010/06/18 21:14 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

エル・グランデ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0121.jpg

邦題:エル・グランデ
原題:El Grande
作者:Wolfgang Kramer & Richard Ulrich
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~5
年齢:12歳以上
所要時間:90分
形態:B
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1996年ドイツゲーム大賞
1996年ドイツゲーム賞1位




・エル・グランデ ルールに関するQ&A

・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「El Grande」の意味ですが、多分、「大公」と思います。スペインが舞台のゲームですから、おそらくスペイン語だと思います。
箱の表面に、書かれている「Der Koenig und die intriganten」ですが、これは、「王と参謀」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
私が最も好きなゲームの一つ、それがエル・グランデです。
プレイヤーは15~16世紀頃のスペインの大公の一人となり、部下の騎士達を派遣し、スペインを支配するべく争う陣取りゲームです。
このゲームでは、9つの領域に分かれたスペインを効率的に騎士により支配することが求められます。この騎士の配置が重要です。騎士には3つの状態があります。それは、

1.田舎にいる(ストックあるいはリザーブ)
2.大公の館にいる(手元)
3.領土を支配している(ボード上)

です。この点をまず、把握しなければなりません。

実際のプレイは、まず、パワーカードを時計回りにプレイしていきます。このカードにより、決められるのは、

1.プレイの順番
2.田舎にいる騎士を大公の館によべる人数

です。早いプレイ順は、田舎にいる騎士を少ししかよべません。逆に遅いプレイ順は田舎にいる騎士を沢山よべるという特徴があります。

次に、パワーカードで決められた順に、アクションカードを選択、プレイしていきます。アクションカードには「特殊アクション」と、「ボード上に配置できる騎士の数」の2点が定められています。騎士をボード上に配置するための条件は、

・すでに大公の館によばれていること
・国王のいる領土の隣接領土か塔だけが配置可能

といったことが挙げられます。

KIF_0124.jpg
アクションカードを日本語シールを作って日本語化しました。こうするとメチャクチャプレイしやすいです。

塔(特殊な領土)にも騎士を入れられますが、これは人数を覚えていたほうがゲームを有利に展開できるでしょう。塔は木製で、高くそびえたっています。この塔に騎士を放り込むと、さて、いくつ中に騎士が入っているでしょう。塔は高く、細く、内側は光が届かず暗いです。したがって中にいくつ騎士があるかは不明です。しっかり覚えておきましょう。

KIF_0125.jpg
この駒の大きさを見よ!タバコのすぐ右がキング駒。そのすぐ右がタワーです。

上述のようなプレイを3ラウンド行った後、得点の決算があります。そして決算は3回行われます。したがって全部で9ラウンド、プレイが行われます。

決算の前に塔にいる騎士を秘密ディスクにより、どこの領土に派遣するか決定します。これにより新たな情勢の変化があります。

KIF_0126.jpg
これが秘密ディスク。このディスク、よくよく考えてみると、カードでもおんなじ様なことが出来そうなのに、わざわざ、こんなワクワク感のあるコンポーネントを作ったところがエライ!

KIF_0128.jpg
秘密ディスクで塔の騎士の派遣先決定後、塔を取ってみました。すると!赤が3つで、青が2つ。赤の勝利です!

このゲームには多くの要素があります。まず、パワーカードによる順番決めは、一種の「競り」、と言えます。そして、騎士の配置では戦略性が求められます。そして塔に配置された騎士を覚える記憶力の要素もあります。さらに、塔から派遣されることにより情勢の変化があるので、この派遣先を秘密に決定するため、他プレイヤーの思惑を読む必要があり、それは心理的駆け引きといえます。そしてアクションカードのめくりによるカード運もあります。
多くの要素がぎっちり詰まったこのゲームの面白さには、非常に重厚感があります。

KIF_0129.jpg
2人プレイ時のゲーム終了時の様子。2人プレイでも面白いです。このときは、終始リードしていた青の圧勝でした。

DSCN0568.jpg
わんこ、にゃんとろ、sirou、moonの4人プレイの様子。

注)エル・グランデのルールについて
・ストックの騎士がなくなったら、そのプレイヤーは領土上の騎士をいつでも都合の良い時に、手元に戻すことが出来ます。いくつでもどこから(複数の領土からでも結構です)でもできます。ただしキングの領土と塔からは騎士を取ってくることはできません。
・ポイントのマーカーが周囲の得点トラックを一周してしまったら、ポイントのマーカーを再びスタート地点に移動させ、ポイントの記録を続けます。

これらのルールの記述は、「エル・グランデ拡張王と参謀」の説明書に書いてあります。下記をご参照ください。英語です。
http://gamecabinet.com/rules/ElGrandeKI.html

・得点トラックのスタートマスの対角線上のマスは50勝利点です。得点トラックは、1周98点です(数えてくれたsirouさん、ありがとうございます)。

・熟練プレイヤーが初心者を相手にする時に使うハンデルール(カバレロ考案)
自分のパワーカードを、裏向きにしてよく混ぜ、山札として置いておきます(手札じゃありません)。パワーカードを出す時は、その山札の一番上のカードを出すようにします。もし、数字が同じカードが出ていた場合は、引いたカードを山札の一番下に入れ、もう一度カードを引くようにします。

・2人プレイについて:
無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
私が初めて、プレイした陣取りゲームです。 プレイ順の決め方や秘密ディスクなど、新規性、独自性を感じることができるゲームです。
タワーに騎士をいれるのもワクワクして楽しいです。実力差がかなり出るゲームです。
運の要素は少なく、戦術性が高いと思います。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:10
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
パワーカードを切って出すというのは、楽だけど、大負け(T_T)。

ふくちによるゲームの面白さ評価:10
ふくちによるゲームに対するコメント:
ちょっと複雑に感じましたが、慣れてくると面白さがわかるようになりました。
これくらいルールが多い方が長く遊べるゲームって感じがします。

シエンによるゲームの面白さ評価:10
シエンによるゲームに対するコメント:
偶然だけど最後の作戦が上手くいってよかった。面白かったです。そんなに難しくはないよね。

シヴによるゲームの面白さ評価:10
シヴによるゲームに対するコメント:
色々やりたいことがあるのに、実行できない(コマが出せなくなるなど)ジレンマが楽しかった。
順番決めをカードで行うため、いつトップで行こうか、後手に回って騎士を補充するかの選択が楽しかった。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
一見難しそうだけど、やってみるとルール自体はそれほど複雑ではないね。ボードに進行表みたいのもあるし。でも勝つためには頭を使う。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
初心者(厳密には初心者ではなかったですが)にはルールが多くて、最初はちょっと辛いかも?
やり込めばやり込む程、面白くなりそう。(TRPG等で使う)ロードス島戦記のメタルフィギュア等を使えば臨場感UP?

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
人数が増えた分、競合が激しくなり面白さアップ。 陣取りゲームが好きな方はプラス1点。

・コンポーネント
とても上品な雰囲気のコンポーネントです。とにかく圧巻です。素晴らしいです。
立方体の大公と、それより一回り小さい騎士たち。大きなな国王駒に、そびえたつ塔。いずれも木製です。私は木の駒が大好きなんです。暖かい、素朴なぬくもりを感じます。また、大公と騎士達が、スペイン各地で、活躍する様子は、彩りも鮮やかです。また、古い地図風のボードもいい味出してます。

・カードのサイズ
(45×67mm):65枚(パワーカード)
(67×67mm):54枚(アクションカードなど)

・BGM
ヴィターリのシャコンヌはどうでしょう。



DSCF5765a.jpg


・他サイトさまの紹介記事
エルグランデ研究
エルグランデ必勝法
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
洋々雑記
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
[ 2010/06/12 23:57 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ボードゲームアンケート

2人で楽しいゲーム
2人で楽しいゲームのアンケートです。2人専用ゲームに限りません。

2人専用ゲームで、楽しいゲーム
2人専用ゲームで楽しいゲームのアンケートです。

オススメ2人専用アブストラクトゲーム(運の要素ナシ)
2人専用アブストラクトゲームで、オススメのゲームのアンケートです。

ゲーム初心者にオススメするゲーム
初心者にオススメのゲームのアンケートです。2人専用というわけではありません。

ゲーム初心者にオススメする2人で楽しいゲーム
2人プレイを想定した上での、初心者のためのアンケートです。

日本語版販売希望ゲーム
テキストが多くて日本語化しないと楽しめない!というゲームではなく、6ニムトが「ニムト」として、日本語版が出たように、とにかく日本語版をどこかの会社から出して欲しい!と思うようなゲームのアンケートです。

クラマー作品中イチオシゲーム
多くの名作ゲームを作ってきたクラマーの中でどれがイチバンか、のアンケートです。

クニツィーア作品中イチオシゲーム
多くの名作ゲームを作ってきたクニツィーアの中でどれがイチバンか、のアンケートです。

カイジに命を張って挑んでほしいドイツゲーム
ギャンブル漫画の傑作、カイジシリーズの主人公に挑んでほしいゲームのアンケートです。

ベストゲーム投票
テーブルゲームズ・イン・ザ・ワールド)総合評価でこれぞというゲームの投票

パーティーゲーム投票
テーブルゲームズ・イン・ザ・ワールド)ルールが簡単で大勢で手軽にできるゲームの投票

3人ゲーム投票
テーブルゲームズ・イン・ザ・ワールド)よくあるパターン、3人しかいない時のオモシロゲームは?

7人ゲーム投票
テーブルゲームズ・イン・ザ・ワールド)よくあるパターン、7人の時のオモシロゲームは?

日本語化希望ゲーム投票
テーブルゲームズ・イン・ザ・ワールド)日本語化しないと遊べない!というゲームの製品化をめざして
[ 2010/06/10 21:26 ] その他ゲーム情報 | TB(-) | CM(-)

ジャイプル

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6001s-.jpg

邦題:ジャイプル
原題:Jaipur
作者:Sebastien Pauchon
メーカー:Game Works
プレイ可能人数:
年齢:12歳以上
所要時間:30分
形態:C
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
インドにある都市です。このゲームはあまりテーマ性がないように思うのですが、このゲームの舞台、ということのなのでしょう。

・ゲーム内容の簡単な紹介
3ラウンドゲームが行われ、2ラウンドで勝利をすればこのゲームで勝ちっ!ということになります。ラウンドで勝つにはお金持ちになればよいのです。したがって金を稼ぐのがこのゲームの直接の目標になります。


DSCF6002s-.jpg
得点チップ。これを取りあうのがゲームの目的。左上の「おじさんチップ」が勝ったラウンド数を示す。

プレイヤーは手番では

・手札を整える
・手札を換金する

のどちらかをやります。

「手札を整える」のやり方ですが、3通りあります。

1.場札から1枚を得る
2.場札と自分の手札を交換する
3.場札のラクダカードをゴッソリ取る

どの選択肢が良いかは状況によって変わってくるので適切なアクションを選びましょう。アクションを終えたら場札が5枚になるように補充をします。

換金の場合は自分の手札のうち、1種類のカードを選んで捨て札にし、捨て札にした枚数と等しいチップをストックから得ます。このチップにお金としての価値があるのです。

だから、「手札を整える」で手札の状態を良くしたら適切なタイミングで「換金」をするゲームだ…といえるでしょう。


DSCF5997s-.jpg
プレイの様子。

・コンポーネント
カードと厚紙チップです。

・カードのサイズ
(63×88mm):55枚

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
ふうかのボードゲーム日記
Table Games in the World
[ 2010/06/09 23:32 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ドイツゲーム カードのサイズ

DSCF5827s-.jpg

このページでは、ボードゲーム・カードゲーム(主にドイツゲーム)のカードのサイズに関してサイズ別に記述しています。

ゲームは絶版になってしまったり再版されたりということを繰り返すものもあります。
再版の際に前のバージョンとカードの大きさが変わる可能性があります。
そういう場合に関しては全てを把握するのは困難です。

38×58mm
乗車券(バンダイによる日本語版)

41.5×64mm
ブラックシープ

42×63mm
ウサギとハリネズミ、オール・ザ・ウェイホーム

42×68mm
カタンの開拓者たち(トライソフト版)

43×66.5mm
スリル

43×67mm
カルタヘナ、貴族のつとめ(一部)、サンマルコ、シャーク、ジレンマ、シンボルで言いましょう、チャイナタウン(アレア版)、メイクンブレイクダイス、ラングフィンガー

43.5×67.5mm
アトリビュート、アメン・ラー、エラズンド、陰謀(目的カード)、カードカソンヌ、交易王(一部)、ジャガーのピラミッド、深海のイール、それ何やねん?(一部)、呪いのミイラ、ババンク、バベルの塔、白蓮、ぺッキング・オーダー、マニラ、ラ・チッタ、ラッツィア!、レーベンヘルツ新版、ワイン商、私の世界の見方(一部)

43.5×68mm
エジツィア、オレゴン、カピトール、フォルダンプ

44×65mm
ドルンター&ドリューバー

44×66mm
ギガンテン、クロンダイク(一部)、将軍、テーベの東、天空の巨人、トバゴ、フレスコ、レーベンヘルツ(ゴルトジーバー版)

44×66.5mm
エル・カバレロ

44×67mm
ローゼンケーニッヒ

44×67.5mm
勝利への道拡張2、パラッツォ

44×68mm
イメージ何色、ジャンク、ハチエンダ

45×65mm
大勝負

45×67mm
エル・グランデ(パワーカード)

45×71.5mm
クーハンデル

45×75mm
ウイルス一味

46×66mm
コンテナ

46×73mm
モトリーフールの安く買って高く売れ

47×75mm
どきどきワクワク相性チェックゲーム(一部)

47.5×105mm
カエサル&クレオパトラ

48×48mm
スクイント(図形カード)

49×93mm
デルファイ、トール

50×80mm
キュージェット

51×87mm
ゼンドー

52×76mm
そっとおやすみ、槍持って

52.5×73mm
アクワイア(ハズブロー版)

54×66mm
ドルイデンワルツ

54×80mm
ケイラス・マグナカルタ

55×70mm
スクイント(お題カード)

55×85mm
モノポリー

55×87mm
チャイナ

55×89mm
クルード

55×90mm
ハゲタカのえじき

55×91mm
フィレンツェの匠(メビウス製和訳カード)

55.5×86mm
魚河岸物語

56×69mm
錬金術師(一部)

56×87mm
赤箱ニムト!、操り人形(シタデル、ファンタジー・フライト社版)、アルチュリアの市場、アンギャルド(アバクス版)、アンダーカバー2、イントリーゲ(アミーゴ版)、エキスペディション(クイーン版)、エル・カピタン、エルフの玉座、王と枢機卿、お邪魔者、オリゴ、カッツェンジャマー・ブルース、キャッシュ&ガンズ、ギャロップロイヤル、キングルイ、ゲシェンク、ケルトカード、交易王(一部)、この窓どの窓、コロレット、こんなものどんなもの、三戒、スティッヒルン、ストロッツィ、スペースビーンズ、ゼロの恐怖、チャーリー、珍獣動物園、ディアボロ、テンプラス、ドミンゴ、七つの印、ニムト、ネズミのパティシエ、ノイ、ハリガリ、パワープレイ、バン!(第2版)、バンジー、ビザンツ、ブクブク(アミーゴ版)、プライバシー、フロカティサーカス、ベネチアの仮面舞踏会、ペンギンパーティ、ボーナンザ、マメじゃないよ!、マンマミーヤ!、ミッション:レッドプラネット(一部)、ミル・ボーン、メディチ(アミーゴ版)、ヤギ戦争、ユニオンパシフィック、リミット、レースギャロッポ、ロバはだーれ?、ロボラリー(アミーゴ版)、ワンス・アポン・ア・タイム、私の世界の見方(一部)、11ニムト

56×88mm
乗車券拡張USA1910

56×89mm
はなまる作文ゲーム、ヒストリー・オブ・ザ・ワールド、湖に沈んだ街

56×100mm
コヨーテ

57×87mm
クライネフィッシュ、ジャングルの秘宝、乗車券スイス、どきどきワクワク相性チェックゲーム(一部)

57×87.5mm
ワイルドバイキング

57×88mm
乗車券メルクリン、パレード、余計な料理人

57×89mm
アップル・トゥ・アップル、イッツマイン、ウィードル、クラウドナイン(アウトオブボックス版)、ごいた、コロッサルアリーナ、熟語トランプ、ピット、モダンアート(メイフェア版)、傭兵隊長、ワードバスケット

57×100mm
ミッション:レッドプラネット(一部)

58×81mm
錬金術師(一部)

58×88mm
汝は人狼なりや

58×89mm
アルハンブラ、スルタン、ノッティガム

58.5×88mm
ファブフィブ

58.5×89mm
栄光のピクトリア、デジット

59×91mm
アウフアクセ、アディオス・アミーゴス、いただき!、エル・グランデK&I、クーハンデルマスター、グラシアス、ケルトスパイラル、サマルカンド、ストーンエイジ、倉庫の街、タイムズスクエア、トップレース、ノートルダム、ハバナ、破滅の13、万里の長城、ピラニアペドロ、ボトルインプ、魔法にかかったみたい、マンハッタン、メインクンブレイク、リビングストン

59×92mm
アイムザボス、オアシス、黄色が勝ち、タージマハル(アレア版)、バケツくずし2、バベル(民族カード)、フィレンツェの匠(アレア版、一部)、ブクブク(BERLINER SPIELKARTEN版)、メンバーズオンリー

59.5×92mm
ごきぶりポーカー、トーレス

60×85mm
エコノス

60.5×88mm
クロンダイク(一部)

62×87mm
禁断の島

63×63mm
陰謀(影響カード)、バベル(神殿カード)

63×87mm
王への請願

63×88mm
1960:大統領になる方法、インカの黄金、ジャイプル、フィルシーリッチ

63×88.5mm
クク(グランペール版)

63×89mm
モダンアート・カードゲーム

63.5×63.5mm
バザリ

63.5×89mm
バトルライン、レス・パブリカ(Avalanche版)

64×64mm
片目の海賊

64×88.5mm
パンデミック

64×89mm
アイバンホ

65×65mm
サムライ・ザ・カードゲーム、ダイヤモンド

66×96mm
錬金術師(一部)

67×67mm
エル・グランデ(アクションカード)、エル・グランデG&K

68×89mm
ライン公国

69×69mm
コントール、シャンハイ

70×70mm
電力会社(新版)

70×110mm
ロストシティ

70×119mm
指輪物語~対決~(デラックス版)

70×120mm
ブルームーン

72.5×110.5mm
貴族のつとめ(骨董品カード)

75×75mm
手さぐりゲーム

77×119mm
海賊組合

79×120mm
ディクシット

80×80mm
ヴェルサイユ、それ何やねん?(一部)、ロボットマスター

80×120mm
ファウナ

86×111mm
ヘッドバンズ

88×112mm
おなじはど~れ
[ 2010/06/09 23:13 ] その他ゲーム情報 ゲームコラム | TB(-) | CM(-)
FX