2011 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 06









Top Page > 2011年05月

暁の鉄道(2011年版)

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
暁の鉄道表紙

邦題:暁の鉄道(2011年版)
原題:暁の鉄道(2011年版)
作者:樫尾忠英
メーカー:ガーデンゲームズ
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:30~45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:-



暁の鉄道の紹介ページ

・ゲーム内容の簡単な紹介
明治・大正時代で東京周辺に鉄道を敷いていくゲームです。

DSCF6576s-.jpg
ボードを広げたところ。東京、山手線周辺の地図。

ゲームの準備段階で商品チップが各駅に置かれます。それを獲得することと輸送料金を稼ぐようにしましょう。

DSCF6577s-.jpg
初期配置。駅に商品チップが置かれる。

手番では、まず補助金を追加します。この補助金により人気のない線路タイルが選ばれやすくなります。

そして置かれる線路をチョイスし、ボード上に配置します。

そして輸送です。輸送は1回の手番でチップ1枚です。たくさん通れば通るほど輸送料が発生しますが、他プレイヤーの路線ばかり通ると敵に塩を送ることになるでしょう。

輸送することで商品チップを獲得できます。

これで手番は終わりです。

線路タイルのストックが尽きるとゲームが終了になり、手持ちの商品チップを換金します。

そして最も所持金が多い人がゲームに勝利できます。

DSCF6579s-.jpg
こうして環状の山手線が構築されるのです(?)。

DSCF6582s-.jpg

暁の鉄道(2011年版)はボードゲームカプセルで取り扱ってもらっています。
スポンサーサイト
[ 2011/05/28 17:48 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ドミニオン

ボードゲーム・カードゲーム レビュー

邦題:ドミニオン
原題:DOMINION
作者:Donald X.Vaccarino
メーカー:RIO GRANDE GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:C
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■

受賞歴:
2009年ドイツゲーム大賞
2009年ドイツゲーム賞1位
2009年ドイツ年間カードゲーム賞1位
2009年日本ボードゲーム大賞1位



・原題の意味
「統治権」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
カードゲームです。お金を払ってカードを買って、勝利点も買います。ゲーム終了時に自分のデッキに含まれている勝利点カードの合計値の高いプレイヤーが勝利します。

このゲームでは多くの種類のカードがあります。そのうち、10種類だけを1回のゲームで使います。多くの種類があるのでいったい何通りあるのでしょう。計算するのが嫌になるくらいの組み合わせがあり、このゲームにハマる人は、かなりハマります。

使うカードの選択が終わったら最初の手札を配ります。最初の手札は銅貨7枚、1勝利点3枚の10枚です。これが最初のデッキになります。手番では、3つの段階を踏んで進行します。

1.アクション「A」
2.バイ(購入)「B」
3.クリア「C」

アクションでは手札にあるアクションカードをプレイします。アクションは1手番では原則1回ですが、アクションカードの効果によってアクションの回数が増えたりお金が(一時的に)増えたり、敵の邪魔をしたり様々な効果があります。

アクションが終わったら購入ができます(バイ)。購入はもちろん有料です。欲しいカードを買いましょう。買ったカードは自分専用の捨て札置き場に置きます。

これで手番はおしまいです。今回使ったカード及び、使われなかった手札が全部捨て札になります(クリア)。自分のデッキから5枚引いて新たな手札にします。山札が足りないようなら捨て札をよく切り直して新たな山札を作ります。

・2人プレイについて:

やおきんによるゲームの面白さ評価:
やおきんによるゲームに対するコメント:
先に3人プレイをしましたが、このゲームについては2人プレイの方が好きです。理由はあまり他プレイヤーと絡みがないのでそれほど多人数でする理由がないかな~と思うのと2人プレイの方が時間がかからない点です。
慣れてくるほど作業的になりがちなので、多人数で1回を長くするより、2人の短時間ゲームでカードの組み合わせを変えて何度か遊ぶ方が楽しそうだなと思いました。
(2009年7月8日)

・3人以上でやってみた:

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
他の人の評価はあまりよくないですが、、、自分は面白いと思いました。使用するカードの種類は参加するメンバー構成により決めた方が楽しいかも。

やおきんによるゲームの面白さ評価:
やおきんによるゲームに対するコメント:
3人でプレイしましたが面白かったです。デッキ構築をするカードゲームは初めてでしたので純粋に楽しめました。しかもまだ初心者用カードのみということなので、他にどんなカードがあるのか楽しみです。
ただ、初心者と経験者の差はつきやすいゲームには違いないですね。

また他の方も指摘しているようにカードの強弱に差がある(一度も買われないカードが多い)のも気になるところです。

おそらく周りから「これが攻略法」と教えられるよりも、自分で考えてそれを見つけていく所に面白さがあるゲームだと思いましたので、2回目以降から数プレイが一番楽しめそうです。

反面、あまりに慣れすぎてしまうとゲームの流れを楽しめなくなり、作業感が増す気がしますので、楽しみたいけどやりすぎるとつまらなくなる「諸刃の剣」のようなゲームに感じました。

ということで、初見では8点の気がしますが7点に抑えておきました。
(2009年4月29日)

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
退屈ではないのですが、並みのゲームとも思わないので3点にしました。
何れにせよ末永くプレイされるゲームではないでしょう、メーカーがどこまで拡張を出版するのか判りませんが。Aをするための作業B、Bをするための作業C…という風にプレイではなく、まさしく作業。習熟プレイヤーになればなるほど作業の度合いは増していく。じゃなきゃこのゲームが30分そこらで終わるはずない。短い時間で終わるのは作業だから。最初のカード10枚を選んだ時点で方向性がほぼ決まり、全く選択されないカードが出てくる。これなら場のカードは10種類要らないでしょう。特に、これしかない!というカードが存在するため、それに集中するとまさしく手持ちカードからそれを得るために引いてくるカードの運だけになってしまう。インターアクションは薄く、目指すデッキを構築できるか否かのソロプレイ。間違いなく1人プレイが可能。と言うよりも4人プレイでも何ターンで何点取れるか?と言ったソロプレイ感が漂っている。

プレイ有りとプレイ無しのプレイヤーが居た場合、未プレイのプレイヤーはまず勝てない、と言うよりゲームにならない。この手のゲームは私は評価できない。勝てないながらもせめてゲームに参加できなければ楽しくない。初プレイヤー同士でプレイするのが唯一おススメ。

トレーディングカードゲームっぽいが、それならもっと優れたゲームがあるし、かと言ってドイツカードゲームのような手軽さがあるわけではない。これじゃあ誰にもおススメはできない。このゲームがどうして国内外でこんなに高い評価を受けるのか理解に苦しむ。

ゲームのテーマも、カードに付いた絵も全く無意味で、テキストだけ書いたカードで十分事足りる。ひき運の介在するアブストラクトゲームという不思議な括りに入る特異なゲーム。リシャッフルの頻度が高くカードが傷みやすいのでスリーブに入れたほうがいい。

何度プレイしてもこのゲームは私の心に何も響かせてくれない。これから海外のボードゲームやカードゲームに触れてみようって思ってらっしゃる方はこのゲームはまず、避けた方がいい。

・コンポーネント
カードがどっさり入っていて、カードゲームらしくカードしかないです。もうちょっとコンパクトな箱にできただろうに、ケルトやズーロレットと同サイズの箱です。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
週刊じゃむたん通信
洋々雑記
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
ふうかのボードゲーム日記
[ 2011/05/28 03:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

札狩り

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
札狩り表紙 (2)

邦題:札狩り
原題:札狩り
作者:樫尾忠英
メーカー:ガーデンゲームズ
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:やや軽い
受賞歴:-


札狩り・紹介ページ

・ゲーム内容の簡単な紹介
札狩りは主要な用具としてトランプとサイコロを使って遊ぶゲームです。

サイコロ振りが重要で、出目が大きいと獲物(得点源になる)を獲得できます。

サイコロをいくつ振るか。ここを考えるのが肝心です。

ジャック=サイコロ1個
クイーン=サイコロ2個
キング=サイコロ3個

このように決まっていて、同時に複数の絵札をプレイすることも可能です。
しかし!絵札は使い捨てなので
使い時
を考えないといけません。

全員がいくつのサイコロを使うかを提示したらいよいよサイコロ振りです。
この段階で最も大きい目を出した人が獲物を獲得できます。

獲物の数値が得点になり、さらに獲物と同じ値のカード、あるいは同じマークのカードを持っているときにはボーナスとしてのポイントもあります。

また、ダミープレイヤーとして「かませ犬」もゲームに参加しています。
かませ犬カードというのがあり、それの指示に従うのでかませ犬が参加するかどうかは運任せです。

サイコロをいくつ振るか=絵札のマネージメントが重要です。

DSCF6585s-.jpg

札狩りはボードゲームカプセルで取り扱ってもらっています。
[ 2011/05/16 20:52 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

サマルカンド

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6055s-.jpg

邦題:サマルカンド
原題:Samarkand
作者:David V.H. Peters & Harry Wu
メーカー:QUEEN GAMES
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
-


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
サマルカンドはウズベキスタンにある都市です。ティムール帝国の首都でした。
「ROUTES TO RICHES」は「富への道」みたいな感じだと思います。

・ゲーム内容の簡単な紹介
イラン、イラクあたり中東周辺を中心に自分の支配圏を広げ、影響力を増やすことを目指すゲームです。

DSCF6056s-.jpg
ボードを広げました。イラン周辺。中近東。

DSCF6050s-.jpg
初期準備完了。

やれることは2つで、

・ラクダ駒を置く
・富豪の一族と婚姻関係を結ぶ

をやります。

特定の富豪一族(10の一族が登場します)と結託し、富豪が持っているラクダ駒を配置、そしてラクダ駒と自分が持っている特産品カードが同じ場所になるようなら勝利点になります。

DSCF6051s-.jpg
2人プレイ時ゲーム終了時の様子。

・カードのサイズ
(59×91mm):33枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
ふうかのボードゲーム日記
[ 2011/05/15 03:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ピーナッツ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4936s-.jpg

邦題:ピーナッツ
原題:NUR PEANUTS!
作者:Heinz Meister
メーカー:GOLDSIEBER SPIELE
プレイ可能人数:2~6
年齢:8歳以上
所要時間:30~40分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■
幸運不運■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「ピーナッツ」は、「はした金」を意味する隠語です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
サイコロを振って、マスを買っていって、他プレイヤーが自分のマスに止まるとお金がもらえる…と書くと、まるでモノポリーみたいなゲームじゃん、って思われるかもしれないですが、全然違うゲームです。交渉が無いです!借金が無いです!破産はあります。

DSCF4938s-.jpg
ボードを広げてみたところ。

DSCF4940s-.jpg
プレイヤー駒&黒服。プレイヤー駒は各人2個持ち、1個は自分が何色の駒かを明示するために持つ。うっかり自分の駒の色を忘れてしまう粗忽者でも安心!もう1個はボード上でプレイに使われる。
黒服は銀行の手先の中立駒。

まず、サイコロを振って自分の駒を進めます。
サイコロを振る時は、
白いダイスを1個振る、か
白いダイスを2個振る、か
黒いダイスを1個振るかの
三択です。

DSCF4939s-.jpg
ゲーム付属の特殊ダイス。黒ダイスは1、2、3しか目がない「ひふみ賽」。
班長の「シゴロ賽」(賭博破戒録カイジ参照)
とは正反対の性格のサイコロ。
ご覧のとおり、白いダイスは0の目がある特殊ダイスで、0~5の目がある。

駒を、サイコロの出目に従って進めたら、今度はそこにとどまるか、さらに前進するか選択できます。

このとき、中立のマスに止まっていてさらに前進する場合は、マスに書かれているお金を銀行に払います。また、他プレイヤー所有のマスの場合は、所有するプレイヤーに書かれているお金を払えばさらに前進できます。

この様にして、駒をプレイヤーが進め終わったら、今度は中立駒を動かします。中立駒の移動は、必ず白いダイス2個で行います。

こうして全ての駒の位置が決まったら、「支払い」があります。

支払いは、最も高いマスに止まっている駒がお金をもらいます。それ以外の駒は、自分が止まっているマスに書かれている金額と、(止まっている中での)最高額との差分だけ、払います。

ただし、自分の所有しているマスなら、支払いは免除されます。

また、中立の駒は支払うということは無いです。

もし、中立駒が最高額だった場合は、銀行が支払われたお金を貰います。

最後に、マスの購入があります。マスの購入は最も高いマスに止まっている駒のプレイヤーだけができます。一度に買えるのは1つの空きの任意のマスです。

そしてまた、駒の移動をして…という様にゲームは進行します。

こうして、誰かがマスを6つ所有したら、そのプレイヤーの勝利でゲームは終了となります。あるいは、誰かが破産してもゲームは終了です。

DSCF4924s-.jpg
2008年7月13日5人プレイの様子。

・3人以上でやってみた
(9)ふくち:久しぶりにモノポリーの「あそこに止まったらヤバイ!」という感覚を味わいました。

(9)シヴ:なんちゃってギャンブラーなのでかなり面白かった、目が悪い と毒皿になってしまうところが良い。

(8)クロノス:ダイスゲームのテンポの良さとギャンブル性をよく表現された良いゲームだと思います。どこまでお金を使うかのチキンゲーム的駆け引きも自分的には好きですね。

(8)流:博打で成功した人はいなかったり。勝ち運よりも我慢することが大事だったり。ノリで盛り上がるパーティゲームなので、ある程度は多人数が良いかと。1度ツボにはまると、止められない、停まらない。原則として銀行の支払いはない=プレイヤー間の金の取り合い。結局は儲かるワケがない!?

・コンポーネント
木製ポーンはやけにデカく、立派です。しかも、各人2つあります。一つは手元において、プレイヤーカラーを表す。もう一つはボード上の駒…と、これまたご丁寧です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
操られ人形館
洋々雑記
[ 2011/05/14 23:57 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

トバゴ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5704s-.jpg

邦題:トバゴ
原題:TOBAGO
作者:Bruce Allen
メーカー:Zoch zum Spielen
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:60分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■

受賞歴:
2010年ドイツゲーム賞4位



・ゲーム内容の簡単な紹介
トバゴ島で隠された秘宝の発見を目指すボードゲームです。

DSCF5696s-.jpg
ボードの準備完了!

カードプレイにより、財宝の場所は絞られていきます。例えば、「最大規模の森の中」とか、「川のすぐ隣の地点」とか、「ヤシの木の2マス隣」のような断片的な情報があります。これら情報はカードにアイコンで示されていてカードプレイにより、絞られた財宝の場所が1ヶ所に特定されます。そこに四輪駆動の車で駆けつけて発掘をするのです。

手番では次の2つのアクションのうち、どちらかをします。
1.カードプレイにより、財宝のありかを絞る
2.車に乗って移動する

宝にありつくと、財宝の分配をします。財宝の分配は発見のためにより貢献度が高いと、多くの財宝カードが獲得できるチャンスになります。財宝の場所を絞るために複数枚のカードが出ているはずですが、自分が出したカードには自分のマーカーを置いておきます。これにより貢献度が明示されるのです。

DSCF5699s-.jpg
お宝発見の貢献度はカード上に置かれている円いマーカーで表示されています。

貢献度と同じ枚数だけお宝カードを引きその内容を見た後、それらカードを一旦集め、さらに1枚のお宝カードを加えてそれらを分配していきます。一旦、一部とはいえどんな内容のカードがあるかは分かっているのですから、最低でも自分が見た分だけ、あわよくばそれ以上のカードを得られるようにしましょう。

呪われたカードというものがあり、これをまともに喰らうとせっかく獲得したお宝カード1枚を手放さなくてはなりません。それを回避するのがアミュレットです。アミュレットは神秘の力を帯びていて、呪いの回避の他、いろいろ役割があり、持っているとお得なアイテムです。これも集めて活用しましょう。

DSCF5697s-.jpg
プレイの様子。

お宝カードの山が尽きたらゲームは終わり、最もたくさんのお宝を得られればこのゲームに勝利できます。

・2人プレイについて
(9)やおきん:財宝のありかを絞っていく所がうまく表現されていて楽しかったです。個人的に過程を楽しめるゲームや雰囲気・ロマンを感じられるゲームが好きなのでこのゲームとはとても相性が良かったです。 財宝を発見したプレイヤーだけが得点するのではなく「手がかり」に貢献したプレイヤー全員に財宝を獲得できる可能性があるので、険悪にならないのも好印象でした。 コンポーネントの雰囲気もかなり良いと思います。
ただ、手がかりカードのプレイ時・特殊効果のアミュレット使用時など何度か確認を要することがあった点や、プレイヤー同士の直接的な絡みの少ないソロプレイ感の強いゲームである点などは好みによるところだと思います。
(2010年1月29日)

・コンポーネント
コンポーネントはすごく気合が入っています。モアイが石でできています。スゴイ!
DSCF5706s-.jpg
ヤシの木駒と小屋駒。

四輪駆動車は僅かですが塗装もされていてかわいらしいです。
DSCF5707s-.jpg

ボードがとてもへんてこな形をしていて、3つのパーツに分かれていてそれが両面です。多くのパターンの島が構成できるようになっています。
DSCF5705s-.jpg

・カードのサイズ
(44×66mm):93枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
[ 2011/05/14 03:32 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

フィンカ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5606s-.jpg

邦題:フィンカ
原題:FINCA
作者:Ralf zur Linde & Wolfgang Sentker
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■

受賞歴:
2009年ドイツゲーム大賞ノミネート
2009年ドイツゲーム賞4位



・原題の意味
「農場」です。スペイン語です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
このゲームの舞台はマジョルカ島です。ボードに描かれている島の形、正にマジョルカ島です。

DSCF5608s-.jpg
ボードを広げてみました。

DSCF5598s-.jpg
初期配置完了!

ボードの左上に描いてある風車。ここに置いてある農夫駒を動かすことがこのゲームの主要なアクションの一つです。

DSCF5599s-.jpg
風車。ここに載っている駒を動かすことがゲームの大半。

輪っか状になっているマスを進めていく感じはインペリアルなどでおなじみの「ロンデルの輪」みたいですが少し運用が異なります。

プレイヤーは手番になったら次の3つのアクションのうち、いずれか一つを実行します。
1.農夫駒を動かす
2.農作物駒タイルを取る
3.特殊アクションタイルを使う

このゲームの主要な得点源は「2」で得られるタイルです。これを得るには農作物駒が必要になります。農作物を得るには「1」のアクションをしなければいけません。「1」のアクションを行って、準備が整ったら「2」のアクションでタイルを取る…そんな流れのゲームです。

農夫駒を動かす場合は、同じ場所にいる農夫駒の数が重要です。もしも3個いるのなら、3マス時計回り方向に前進、2個なら2マス前進…という感じです。たくさんいればいるほど、一気に前進できます(やみくもに前進すれば良いという訳ではありませんが)。

前進をさせて、着いた時にそのマスで農夫駒の数がいくつになったか。これも重要です。この数は貰える農作物駒数を左右するのです。農夫1個なら作物1個、農夫2個なら作物2個、農夫3個なら作物3個…という感じです。

DSCF5600s-.jpg
ゴッソリ青駒の固め置き。

この風車には「境界線」が2本書いてあり、その線をまたぐとロバマーカーが得られます。「2」のアクションをするときには1個のロバマーカーを消費せねばなりません。農作物だけでなくロバマーカーを稼ぐことも大切です。

「2」のアクションの場合、ボード上に表向けられているタイルのうち、自分が条件を満たしていて(農作物を払う準備ができている)、かつ、ロバマーカーがあれば該当のタイルが取れます。取ったタイルに描かれている数値が勝利点になります。

ボード上には農作物タイルの山が複数置かれているのですが、それが尽きるごとに木製農園駒を置くようにします。この駒はそのエリアでタイルが尽きたことを示すとともに、ゲームが終了条件に近づいていることも示します。プレイ人数により、使う木製農園駒の数は変わりますが、これらがボード上に全て置かれたらゲームは終わりになります。この時点で勝利点の最も高いプレイヤーが勝利します。

・2人プレイについて
(8)ぐり:公開情報が多く、アブストラクト色が強いので好みが分かれるかも

・3人以上でやってみた
(9)ぐり:アブストラクト色は強いが、多人数だと想定外な事もあるのでそれほど気にならない。目的がはっきりしていて初心者にもオススメできる。フルーツ駒がかわいい。

・コンポーネント
木製駒を惜しげなく使うあたり、ドイツゲームらしい質の高さを感じます。けど、いちじくはスライムだよなぁ。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
ふうかのボードゲーム日記
浅く潜れ!
[ 2011/05/07 03:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX