2011 081234567891011121314151617181920212223242526272829302011 10









Top Page > 2011年09月

ぴっぐテン

DSCF6644s-.jpg
正方形でやや厚みのあるボックス。カードゲームなのでコンパクト。


DSCF6645s-.jpg
足して10になる・・・・!のがゲームの肝。足して10になる組み合わせは数字の色がそろっている。


DSCF6646s-.jpg

カードを出していき、合計値を数え上げる系統のカードゲーム。合計値10を目指してカードをプレイするが、相手の手札の内容次第ではいきなり「ぴっぐテン」(10になるときは掛け声をかける)になってしまう。
そういう意味では運の要素が強い気楽な感じのゲーム。



算数のお勉強ヴァリアント「ぴっぐイレブン」
(基本的に通常ルールと同じ遊び方をします。通常ルールと異なる点を記述します)

ぴっぐイレブンでは、バースト(場札の数値合計が10を越える)の場合に、自分のプレイしたカード1枚だけは得点札として確保できる!のです。ただし、その場合、10を越える場札合計値がいくつになるかを正確に宣言しなければなりません。

例:

場札合計は7です。Aくんは6のカードをプレイしました。ここで宣言をしました。

「ぴっぐ13!」

Aくんは自分のプレイした6のカードだけは得点札としてもらえますが、それまでの場札はAくんの前のプレイヤーがもらいます。



スポンサーサイト
[ 2011/09/27 17:36 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

お邪魔者2

DSCF6647s-.jpg
お邪魔者2、は右側。拡張セットなのでお邪魔者がないと遊べない。


DSCF6648s-.jpg
ボス、地質学者、横着者、お邪魔者、金鉱堀り青チーム、金鉱堀り緑チーム。

この職業カードが「2」の核心だけど、新職業追加に伴い洞窟カードにも追加がたくさんある。

DSCF6654s-.jpg
地質学者、大勝利!!
[ 2011/09/27 17:36 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ダイヤモンド

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0472.jpg

邦題:ダイヤモンド
原題:DIAMANT
別名:ダイアモンド
作者:Alan R. Moon & Bruno Faidutti
メーカー:Schmidt
プレイ可能人数:3~8
年齢:8歳以上
所要時間:20分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■
駆け引き■■■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
2005年ドイツゲーム大賞推薦リスト
2005年ドイツ年間カードゲーム賞4位
日本ボードゲーム大賞2005海外ゲーム・入門者部門



・ゲーム内容の簡単な紹介
洞窟探検ゲームです。洞窟探検は、カードをめくることによって進行します。めくって、さて何が起こるでしょう?
財宝発見?それとも、毒蛇?

DSCN0478.jpg
お宝ザクザク。このお宝をゲットすることがゲームの目的です。

危険なことがあっても大丈夫です…1回だけなら。
しかし、同じ危険な目が2回出る(例えば、サソリが2回出る)と、探検は強制終了です。

DSCN0480.jpg
毒ガス、プシュ~。この洞窟は危険なので、探検は中断!

強制終了になる前に、さっさと逃げれば、安全にお宝を確保できます。

DSCN0474.jpg
冒険家駒。この駒を、洞窟に進めるわけではなくて、握って出します(洞窟から撤退する時にね)。

どれだけ粘るか、それともさっさと見切りをつけるか。二つに一つです。

DSCN0483.jpg
お宝ザクザクでウハウハですよ~♪
アレ?オレンジさんはもしかして、ちょっと収入が少ない?

DSCN1044s-.jpg
6人プレイの様子。人数が多いと、取り分がグンと少なくなります。

・2人プレイについて
(5)海長とオビ湾:同じタイミングで退却するとちょっとゲンナリ。

ダイヤモンド2人プレイのためのヴァリアント
ダミープレイヤー導入による疑似3人という形で遊びます。このダミーを「堅実クン」と名付けました。堅実クンも財宝を集めてますので彼にだけは負けたくないですね。

・堅実クンの挙動
堅実クンは先に洞窟から撤退するプレイヤーと同じタイミングで洞窟から撤退します。しかしながら、洞窟内に落ちているお宝は全く拾いません。途中に落ちているお宝は人間プレイヤーのものになります。

もし2人でダイヤモンドを遊ぼうと思うなら是非この堅実クンを混ぜて遊んでみてください。相手に勝つだけでなく堅実クンにも負けないように頑張ってください!



・3人以上でやってみた
(10)にゃんとろ:ダイヤモンドジャラジャラ。収入がっぽり、うほうほゲーム。簡単で盛り上がる。
(追記)人数が増えると、当然ダイヤモンドが集まりづらくなるので、6人より4人のほうが楽しいかな~。
あと、このときはたまたま、災害カードが多く出たのだと思います。。

(9)ぼび:タイトル変えた方が、しっくりくるような気がする。愛すべきバカゲー。

(8)ゆっきー:これは面白いというか笑えますね。ルールも簡単で良いです。
(追記)前回は某探検隊のネタで気分が盛り上がってしまったのですが、人数に関係なく今回の点数(8)としてください。前回は勢いでやってました。面白いのですが、今回は宝石より災難カードが多かったので残念。洞窟が長くなればもっと面白いのですが。

(8)ず~:面白かったです。すぐにルールが理解できました。引き際が肝心です。臆病か徹底的に攻めた人が勝つのでしょう。

(8)シヴ:(コメントはありません)

(8)海長とオビ湾:これはゲームなのか?!と思うときもあるけど、お手軽だしコンポーネントも綺麗。

(7)しらひ:可もなく不可もなく…というところでしょうか。

(7)ジャック:ある意味チキンレースのようなゲームである。どこで引き返すか、どこで見切りをつけるか、粘れば高得点になるかもしれないが、逆に無得点になる可能性も高くなる。自分の場合、スタートのゲームでいきなり最下位だったこともあり、評点を低くしてしまったが、何回かやれば味が出てくるゲームだと思う。

・コンポーネント
必要以上に豪華なコンポーネントで、立派です。木製探検家駒は逃げる時は握るようにします。厚紙製宝箱は、確定したお宝を入れます。
ボードが一応付いているヴァージョンを購入したのですが、ボードが付いている意味は薄いです。

・カードのサイズ
(65×65mm):30枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game(コメント欄でおのさんのコメントにフェデュッティバリアントが書いてあります。このヴァリアントは「ダイヤモンド・ジョーンズ」のヴァリアントと実質的には同一です。他にもファイル欄にヴァリアントが掲載されています)
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
浅く潜れ!
[ 2011/09/24 03:12 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

それ何やねん?

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4838s-.jpg

邦題:それ何やねん?
原題:Was'n das?
作者:Philippe des Pallieres
メーカー:Ravensburger
プレイ可能人数:3~6
年齢:14~99歳
所要時間:45~60分
形態:O
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■■

受賞歴:


・ゲーム内容の簡単な紹介
出題者(親)と回答者(子)に分かれて出題を当てるゲームです。

このゲームには20個の「毛皮」だとか「豚の駒」とか「布きれ」と言ったようなオブジェがあります。そのうち、使えるのは得点サークル内の10個だけが使用可能です。

DSCF4840s-.jpg
こんな感じです。実際に使えるオブジェはサークルの内側の10点だけです。

まず、お題カードをめくります。

DSCF4841s-.jpg
お題カード。①~⑥のどれかが正解です。

お題カードにはそれぞれあるテーマに即した6つのお題が書いてあります。それを親が、自分の数字カードを裏向きにして隣のプレイヤーに選んでもらいます。選ばれた数字カードはとりあえず、親だけが見るようにします。数字カードと対応するお題カードのお題を、親がオブジェを使って表現します。

子は6つのお題のうち、いずれかを当てれば良いのです。何番か考えて、合っていると思える数字カードを出します。これが早い者勝ちです。そういう意味では、リアルタイムで進行するゲームなのです。

子の数字カードがでそろったら、答え合わせです。親は正解した子の数だけポイントになります。例えば、3人が正解なら、3ポイントを得ます。子は、合っていれば点になります。一番上の数字カードは(つまり、一番遅れて出されたカード)は1点、2番目は2点…となっており、早く正確に当てれば高得点が狙えます。

これは規定ラウンド(プレイヤーの人数により変わる)終了したら、ゲームは終了となり、その時点で、獲得ポイントの高いプレイヤーの勝利となります。

・3人以上でやってみた
(10)シヴ:10個の物だけで、お題にあるものを作るのが難しい、でも相手のを当てたり、自分の物を当てられるともの凄い盛り上がる、非常に良い。

(6)ゆっきー:これは苦手。こんなのどうやって表現するんだ!と言いたくなる。日本語のタイトルはこのゲームをよく表現してると思います。

・コンポーネント
得点記録用のサークルは組み立て式で、4つのパートに分かれています。20個あるオブジェが個性的です。

・カードのサイズ
(80×80mm):96枚
(43.5×67.5mm):60枚

・他サイトさまの紹介記事
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World
洋々雑記
[ 2011/09/17 03:29 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

セレニッシマ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4963s-.jpg

邦題:セレニッシマ
原題:Serenissima
作者:Dominique Ehrhard & Duccio Vitale
メーカー:Eurogames
プレイ可能人数:2~4
年齢:12歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■

受賞歴:1997年ドイツゲーム賞6位


・原題の意味
「Serenissima」の意味ですが、ヴェネツィア商人の貿易船のことです。
箱の表面に、書かれている「Renaissance Trading & Conflict around the Mediterranean」ですが、これは、「地中海周辺のルネッサンス期における交易と闘争」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ルネッサンス期の地中海周辺の交易と闘争のゲームです(箱に書かれた文句そのままですいません)。

040215.jpg
ヴェネツィア対ジェノバ。

0402150.jpg
この旗の立体感はスゴイ!

04021501.jpg
非常ににぎやかなボードはこのゲームの魅力。


プレイヤーは、ヴェネツィア、ジェノバ、スペイン、オスマン=トルコ帝国に扮し、最も自国を繁栄させたプレイヤーの勝利となります。勝利のためには、交易で国庫を潤し、船団を強大にし、多くの地域を支配しなければなりません。


DSCN1191s-.jpg
スペインvsジェノバvsヴェネチア

DSCN1192s-.jpg
バルセロナに停泊中のスペイン艦隊。

DSCN1193s-.jpg
ゲーム終盤、非常に賑やか。

DSCN1194s-.jpg
やはり、旗の立体感が圧倒。

19902721_418624297s-.jpg
4人プレイ時のゲーム準備完了の段階。

19902721_1628210980s-.jpg
だいぶ賑やかになってきました。

19902721_1661615503s-.jpg
4人プレイの様子。

とても戦略的なゲームです。プレイヤー間の駆け引きもあります。このゲームは、4人が最も面白いと思います。

・コンポーネント
複雑なゲームだけあって、たくさんあります。

古い地図風のボードはカッコイイです。

お金を示すチップは紙製です。

サイコロ、砦、船員、交易品、船、旗の竿、旗の台はプラスチック製です。

旗はシールで、これを全部、竿に貼るのはちょっと面倒でした。
しかし、ゲームが展開されるにつれ、多くの船が交易品をのせて地中海を行き交い、都市に支配を示す旗が立てられて行く様子は、大変きれいで、壮観です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
[ 2011/09/10 03:08 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ズライカ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4986s-.jpg

邦題:ズライカ
原題:Suleika
別名:ズレイカ
作者:Dominique Ehrhard
メーカー:Zoch zum Spielen
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:2008年ドイツゲーム大賞ノミネート


・原題の意味
ズライカというのは、スルタンの娘の名前です。このゲームの登場人物・オマーが、スルタンの命を受け、ズライカの婿を探すゲーム、と言うことみたいです。

・ゲーム内容の簡単な紹介
オマー(愛称:醤油さし)を動かし、他プレイヤーに自分の絨毯を踏んでもらうゲームです。

DSCF4988s-.jpg
ボードを広げたところ。これからここに、ドンドン絨毯が敷かれていきます。

DSCF4989s-.jpg
「私がオマーだ。よろしく頼むよ!」

DSCF4990s-.jpg
オマーを裏から見たところ。まさに醤油さし!

DSCF4991s-.jpg
オマーを真横から見たところ。

DSCF4992s-.jpg
オマーを正面から見たところ。物憂い表情なオマー。

オマーは進む歩数はサイコロで決まります。
このサイコロが特殊ダイスで、「1」、「2」、「2」、「3」、「3」、「4」という風になっています。5と6が無いんですね。
オマーを動かしたあと、自分の絨毯をオマーがいるマスかオマーのすぐ隣のマスに置きます。

全プレイヤーが持っている全絨毯を配置し終えたらゲームは終了です。
この時点で持っているお金プラス表面にあらわれている自分の絨毯のマス目数が得点になり、最も得点の多いプレイヤーの勝利になります。

DSCF4984s-.jpg
ゲーム終了時の様子。

・2人プレイについて
(4)海長とオビ湾:2色担当と言う凌ぎ方はどのゲームでも厳しいですね。
(2)Area51:全くつまらない。

・3人以上でやってみた
(7)海長とオビ湾:簡単な地雷ふみゲーム。ゲームやらない人のためのゲームではある。
(1)Area51:これは酷い。プレイした全員が口を揃えてつまらないと言った。収入を得られないプレイヤーが居るなんて、ゲームとして破綻しているとしか思えない。淡々と続く退屈なダイスロール、モノポリーを思い起こさせるプレイ感。コンポも酷い割に値段は異常に高い。2008年、最悪の一作。大賞ノミネートの理由が全く理解できない。

・コンポーネント
オマーに顔が描かれており、これが微妙な表情をしており、いい感じです。絨毯をどんどん重ねておくのですが、絨毯の特性をよく活かしているように思います。コンポーネントが立派で、中東の雰囲気がよく出ているように思います。このゲームには黒い袋が1つ付いてくるのですが、2人プレイの場合は袋がもう一ついると思いますので、100円ショップあたりで買ってきましょう。

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
[ 2011/09/03 03:31 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX