2011 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 11









Top Page > 2011年10月

ニューエントデッカー

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1195s-.jpg

邦題:ニューエントデッカー
原題:Die neuen ENTDECKER
別名:新エントデッカー
作者:Klaus Teuber
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:90分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■

受賞歴:2001年ドイツゲーム賞金の羽根賞


・ゲーム内容の簡単な紹介
大航海時代!広大な海の彼方に、大陸や島々を発見したり、原住民と仲良く交流するゲームです。

DSCN1197s-.jpg
新エントデッカーのボードを広げてみました。

船駒を、配置し、そのすぐ隣にめくったタイルを配置していきます。

DSCN1202s-.jpg
左の茶色い駒が新エントデッカーの船駒。右の木目調なのがエントデッカーの船駒。

DSCN1209s-.jpg
初期配置が終了したところ。

こうすることにより、新たな地形が分かっていきます。

完全に島が発見されたら、得点計算をします。その島にたくさん上陸隊を上陸させていれば、貢献度が高いということで、たくさん勝利点を得られます。また、派遣している探検隊を「族長の小屋」へ向かわせることもできます。族長の小屋から、発見チップを得ることも勝利点につながります。

DSCN1211s-.jpg
ゲーム終了時の盤面。こんな感じで島々があったんですね。



私はエントデッカーのプレイ経験があるので、つい、新~と比較してしまいます。当然ながら、いろいろ変わっている点があります。

DSCN1196s-.jpg
左が、新エントデッカー。右がエントデッカーです。

最も大きな変化と思えるのは、特産品チップの入手方法です。エントデッカーでは、島に建物を建てていて、最も島の発見に貢献していれば、自動的にもらえました。

しかし、新~では、「族長の小屋」に探検隊を並ばせなければなりません。たくさん並ぶ場所があるので、探検隊の数もエントデッカーと比べると、新~の方がすごくたくさんです。

エントデッカーはたった3つしか、偵察隊がいないのに対し、新~は10人以上探検隊がいます(プレイ人数によって使用する駒の数が変わります)。

DSCN1204s-.jpg
エントデッカーの上陸隊。これは新エントデッカーの駒じゃないです。

DSCN1205s-.jpg
これが新エントデッカーの拠点。探検隊の数の多さが特徴的。

新~の場合、この特産品チップが、最高で15勝利点なので、とてもデカイです。エントデッカーの場合は、特産品チップが何かの付け足し程度だった感じでした。

お金の入手方法も変わりました。

エントデッカーではラウンドの最初にルーレットを回して、全員が入手できる額が決まっていました。公平ですね。

それに対して新~は、サイコロを振って決めます。

DSCN1203s-.jpg
新エントデッカーの特殊ダイス。これで、収入を決めます。

サイコロは、手持ちのお金が3金以下じゃないと振れないという制限があります。そしてサイコロを振ってその出目だけお金がもらえます。

しかし!

サイコロを振ったプレイヤー以外のプレイヤーは出目プラス1金もらえるのです。1金多くもらえる。これは結構大きな違いです。金が無い。なら、サイコロをふればいいじゃん。しかしふってしまうと、他プレイヤーが1金よけいに収入がある。ジレンマですね。

タイルを選ぶときに、「オープンタイル」から選べる…というのも大きな違いです。

DSCN1200s-.jpg
タイルを比べてみました。
左が新エントデッカー。右がエントデッカー。新エントデッカーのタイルは、小さくなっています。

オープンタイルは、どんな地形か見えています。探検家がこれから行く先の地形が分かっているなんて、一体どんな理屈だ?!観光旅行か!

しかし理屈はともかく、この制度はゲームを面白くしているように思います。

裏向きにタイルから取るときは、1枚1金なのに対して、オープンタイルは、1枚4金です。とても高いです。もちろんオープンな方から取れば効率がいいかもしれないです。しかし高い。とても高い。これを買うかどうか。これも、ジレンマですね。

あと、ボードに「方角」があります。

DSCN1198s-.jpg
上のボードはエントデッカーのボード。下は新エントデッカー。

北から探索を始めると、2金余計にお金がかかります。東西から探索すると1金余計にかかる。南方からだと、こういった余計なお金は取られません。こういう制約もエントデッカーにはなかったことです。この点も面白いですね。

・コンポーネント
木製駒、発見タイルはエントデッカーと比べると、小さくなっています。その代わり、ボードが大きくなっているので、より、広い範囲を探索することになります。族長の小屋が凝った作りです。

得点トラックが海竜(海蛇?)型なんですが、チャイナの「万里の長城得点トラック」とおんなじ様な感じで、50点までしか記録がつけられないです。これは、チャイナのように、「50点到達カード」があると、点が分かり易かったのではないかと思います。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
洋々雑記
遊星からのフリーキック
スポンサーサイト
[ 2011/10/29 03:45 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ナゲッツ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0394.jpg

邦題:ナゲッツ
原題:NUGGETS
作者:Cristwart Conrad
メーカー:Winning Moves
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:25分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「NUGGETS」の意味ですが、「塊」です。
箱の表面に、書かれている「Wer anderen eine Goldgrube gra"bt...」ですが、これは、「誰がもう一方のドル箱を掘るか…」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
鉱山マーカーを柵で囲って自分のものにするゲームです。

DSCN0393.jpg
二つ折りボードを広げてみました。いや~色彩が地味!なんか、サツマイモを連想させるように配色…なんて考えるのは私だけでしょうか。

手番では、柵を2本置くか、
チップを空いているマスに裏向きにして置くか
します。

こうしてゲーム終了時に、どちらのプレイヤーが鉱山マーカーを取るか判定し、より、得点の高いプレイヤーの勝利となります。

DSCN0390.jpg
2人プレイのゲーム終了時の盤面。
一見してどっちが勝っているのか、よく分かりません。そういう訳で、タイルを表向きにしてみました。そうしたら…。

DSCN0391.jpg
やっぱりどっちが優勢かよく分かりません。

・3人以上でやってみた
(9)にゃんとろ:最後にチップの大量投入をもくろんでいたが、そのタイミングを見事に逃した。くやしいから、もう一回やりたいよん。
(8)ゆっきー:なかなか思い通りにいかないのが悔しいですね。組んだプレイヤーとは、オープンでも構わず相談した方がいいです。
(8)ぼび:思っていたよりも、柵が早くに無くなった。

・コンポーネント
木製鉱山マーカーに木製の柵。厚紙製チップにボードです。ちょっと地味な感じのコンポーネントです。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

ナゲッツ、金塊駒の変則配置ルール(非公式)

・他サイトさまの紹介
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
[ 2011/10/22 03:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ドメモ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5204s-.jpg

邦題:ドメモ
原題:Domemo
作者:Alex Randolph & P. Halvah
メーカー1:Ravensburger
メーカー2:幻冬舎エデュケーション
プレイ可能人数:2~5
年齢:6歳以上
所要時間:5~15分
形態:O
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:2009年日本ボードゲーム大賞10位


・ゲーム内容の簡単な紹介
自分の手札(自分は見えません)を、他プレイヤーのカードや場のカードから推理し、当てていくゲームです。

カードの構成なんですが、1が1枚、2が2枚、3が3枚…7が7枚というようになっています。そういうカードの構成と他プレイヤーのカード、場のカードを勘案して自分の手札を推理しましょう。

手番では数字を1回宣言できます。それが当たっているのなら、手札を1枚切ることができます。

当たっている場合、2~3人時は「連続手番」になり、4人以上の場合は手番は成功しても失敗しても1回でおしまいになります。

こうして、手札が尽きれば勝利になります。

DSCF5210s-.jpg
撮影用にタイルを並べてみました。実際の対戦はこんな雰囲気です。

・2人プレイについて
(7)アブラハム:ルールが簡単で軽く楽しいゲーム。

・3人以上でやってみた
(8)にゃんとろ:1とか手札に来るとビリになるかも。慣れてくれば、さくさく終わる。

(8)ゆっきー:推理ゲームですが、1抜けするには結構運が絡みますね。

(8)ぼび:当てる記憶ゲー。記憶力が悪いので勝てなかった。残念。

(8)アブラハム:他の人の言った数字からある程度予想できるのが楽しい。

・コンポーネント
プラスチック製のタイルです。なぜか袋が付いています。持ち運び用?

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
洋々雑記
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
浅く潜れ!
遊星からのフリーキック
[ 2011/10/15 03:47 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ディプロマシー

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
diplomacy01.jpg
まだまだゲームは序盤、ここイベリア半島は今日も平和ですが、そこにドス黒いフランスの魔の手が!

邦題:ディプロマシー
原題:Diplomacy
作者:Allan B. Calhamer
メーカー:AVALON HILL & Hasbro
プレイ可能人数:2~7
年齢:12歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■■■■■
幸運不運■

受賞歴:-


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「Diplomacy」の意味ですが、「外交」です。外交力でヨーロッパ制覇を目指しましょう!
箱の表面に、書かれている「THE GAME OF INTERNATIONAL INTRIGUE」ですが、これは、「国際的陰謀ゲーム」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
恐ろしいゲームです。人間関係破壊ゲーム、クラブ破壊ゲームなどの異名を持つ、裏切りの国際陰謀ゲームです。

プレイヤーは第1次世界大戦前夜のヨーロッパを舞台に、主要国の代表となって、自国の勢力を伸ばすこと目指します。

diplomacy02.jpg
ゲーム序盤の写真。この時は、6人プレイだったので、イタリアは中立です。

このゲームは非情なゲームです。運の要素が全くナシ!勝負は手八丁口八丁で生き残りと相手を裏切り蹴落とすことで自分の利益を図る…。そんなゲームです…オソロシイ…。

ルール自体は簡素です。まず、交渉です。交渉が好きなだけ行えたら、自軍に命令書を出します。

このゲームでは手番という概念はありません。命令には、移動(侵攻)、待機、支援、輸送があります。そして同時に命令が解決されます。

勝負はどれだけの軍隊が戦争に参加したかで決まり、ここには運の要素はありません。この時、敵軍にやられると撤退をしなければなりません。撤退も同時に行われます。

そして、秋には(このゲームでは季節は春と秋のみです)駒数の調整が行われます。駒数は自国の補給都市数と等しい数だけ保持できます。やっぱり運の要素はナシです。どこまでも数の論理と交渉力で勝負のゲームです。

diplomacy06.jpg
とりあえずこんな段階でゲームは終了動議が出されました。

古典的名作だと思います。

・コンポーネント
私が持っているのは、ハズブロ版ですが、とても上品な雰囲気のコンポーネントです。
何と言っても圧巻なのは、金属製陸軍駒と海軍駒です。めちゃくちゃカッコイイです!金属製なのが威圧感があっていい!あと、ボードとマーカーです。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
週刊じゃむたん通信
[ 2011/10/08 03:41 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ヌメリ

DSCF6662s-.jpg

ヌメリを遊びました。ヌメリは双六ゲームです。

ある瞬間にゲームが終わり、得点計算になります。だから、その最終形を整えるゲームです。

DSCF6663s-.jpg
長細いボード。

手番ではサイコロを振り、それを適用します。例えば、5の目が出たら「5の駒」を進めるのです。うまくいけば一気にピョ~ンと大ジャンプもできますし、自分の駒がゾロっと行列を作るとあともう一回のオマケ手番が貰えます。

そういういろいろ特徴のある動きを駆使して位置取りをする。基本的に進むのが望ましいです。だから双六の一種と思いますが、いいポジションでゲームを終えることを目指すという意味ではイス取りゲームのような感覚もあります。

サイコロも5の目を2と3に分割、という形で分割して使うか、ダイレクトに使うか。サイコロゲームであり、どのような塩梅で駒を進めるかを考えるのも大事です。

DSCF6664s-.jpg

DSCF6671s-.jpg
[ 2011/10/02 03:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

エアライン・ヨーロッパ

DSCF6665s-.jpg

ヨーロッパで航空路線を引いていき、発展させる株ゲームです。

DSCF6658s-.jpg
ボードを広げたところ。

手番でできることは4つあり、

A.航空路線の拡張プラス株券入手

B.株式の公開プラス金銭獲得

C.エアアバクス株入手

D.金銭入手

というのがそれです。

株を持っているとそれが勝利点につながりますが、手札で持っている、のでは持っていることになりません。手元に公開している、これでようやく持っていることになるのです。

株(手元)を増やすのはBのアクションですが、手札が手元に行くわけですからまずは手札を増やさねばなりません。そのためのアクションがAです。

Aのアクションをするには航空路線拡張ですがこれには金銭が必要です。金銭をダイレクトに得るアクションはD。Bをしてもお金が得られます。

エアアバクスという路線を持たない特殊な航空会社もあります。これも株を持っていてエアアバクス株も大きな勝利点につながるのでCのアクションもおろそかにできないでしょう。


DSCF6652s-.jpg
2人プレイ時ゲーム終盤の様子。

DSCF6653s-.jpg
[ 2011/10/01 16:04 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ゴールド

DSCF6660s-.jpg

シャハトのシンプルなカードゲームです。対応人数が変わっていて、2~3人用のゲームです。

DSCF6661s-.jpg

マイナスのロバカードと普通の金貨カード。この2種類のカードがあります。

プレイヤーは手元のカードを、中央のカードから獲得してくる・あるいは交換により、整えていきます。

同じ色のカード3枚がセットになります。セットになると、それは確定した勝利点となり除けられます。この除けられるカードの数値を上げると勝てるでしょう。

場札を得るときは、場札の中で最も得点の低いカードが得られます。

交換のときは元より数値が低くなるような交換が可能です。

しかし、ロバカードを出すときの交換が特殊で、この場合、値にかかわりなく好きな場札と交換できるのです。
[ 2011/10/01 15:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

マンモス

DSCF6655s-.jpg

原始人となって(?)マンモスの牙などを獲得していくゲームです。

DSCF6656s-.jpg
ボード1。

DSCF6657s-.jpg
ボード2。

メインとなるボードが2枚あるのは珍しいですね。

プレイヤーができることは

・中央からタイルを取る
・他人からタイルを奪う

このどちらかです。

中央からタイルを取る場合、【好きな枚数だけ】タイルを取れるのです。豪快。

でもあまり欲張ると他人から奪われてしまうでしょう。このゲームはこの奪い合いに終始するように思います。奪う場合、1枚のタイルを中央に戻さねばなりません。したがって、奪いっこをしていると徐々に削れてくるのです。

そうしてやがては奪い合いが収束し皆がタイルを獲得してラウンドが終わり、ゲットしたタイルを得点化するのです。

DSCF6651s-.jpg
プレイの様子。
[ 2011/10/01 15:58 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

チグリス・ユーフラテス(ペガサス版)

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4993t.jpg

邦題:チグリス&ユーフラテス
原題:EUPHRAR & TIGRIS
作者:Reiner Knizia
メーカー:PEGASUS SPIEL
プレイ可能人数:2~4
年齢:12歳以上
所要時間:60~120分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:
1998年ドイツゲーム大賞ノミネート
1998年ドイツゲーム賞1位



・原題の意味
チグリスもユーフラテスもいずれもイラクを流れる川の名前です。この川の流域のメソポタミア平原は古代文明発祥の地です。このゲームはこの古代王国の興亡をテーマにしています。

DSCF4995t.jpg
このボードは両面印刷されており、こちらは「クラシック版」。

DSCF4996t.jpg
こちらは新しいマップ。財宝がこちらの方が多いのが特徴です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
最も勝利点を稼いだプレイヤーの勝利ですが、この勝利点の数え方が独特で、面白さにつながっています。

勝利点は、黒、赤、青、緑の4種類のコマで表されるんですが、最も少ないコマの数が勝利点になります。
つまり、これらの色のコマを平均的に取っていかねばならないのです。しかもこのコマはついたてで隠されいて、最後にならなければ他プレイヤーがどれだけ取っているか、分からないようになっているので、ゲームの最後まで緊張感があります。

DSCF5888s-.jpg

プレイで出来ることは、
・タイルを置く
・リーダーを置く
・破壊タイルを置く
・タイルの交換
です。

自分のリーダーがある王国に、同色のタイルを置く。これが一番素直な得点獲得の方法です。
しかしこれがチマチマしていて、収穫がイマイチ少ないんだ!

ガッポガッポ稼ぐいい方法があります。それは、
モニュメント(宗教勢力との結託)と戦争(死の商人との結託)です。

モニュメントのあるところに、それと同色のリーダーがいると、ドンドン勝手に収入があります。これはいいです。あんまりにもいいので、そのいい場所をめぐり、いつも戦争の影がちらつきます。

戦争は、国と国の戦争が儲かります。敵を打ちのめせば、ドカンと高収入を得るチャンスです。
しかし勝つためにはコツコツと地道に勢力を拡大していくしかないですし、そういった大王国は、内部から乗っ取られる可能性も高くなるので、とにかく争いの多い状況になっていくゲームです。

DSCF4985t.jpg
ゲーム終了時の様子。

・3人以上でやってみた
(9)にゃんとろ:ああ、負けるとリベンジしたくなるな~!もうわんことはタッグをくむまい~!

(9)ゆっきー:全てのポイントを集めないとダメなので、 そこが悩みどころですね。

(7)ぼび:我が王国は、世界一~!(ヨワカッタ)。

(7)海長とオビ湾:勝つには修行が必要ですねぇ。おもしろかったですが、難しかった。

・コンポーネント
厚紙性タイルがたっぷりあります。
あと得点表示用の木製コマもたっぷりあります。
あと木製神殿コマは接着剤でくっつけた方が良いでしょう。リーダーコマは木製のディスクです。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
[ 2011/10/01 03:32 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX