2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12









Top Page > 2011年11月

フィヨルド

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0385.jpg

邦題:フィヨルド
原題:Fjorde
作者:Franz-Benno Delonge
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:O
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
より多くの土地を確保することを目的にした、2人用対戦ゲームです。

ゲームは前半と後半に分かれています。

前半では、六角形のタイルをカルカソンヌみたいな感じで並べていきます。つまり、地形が矛盾がないように並べていくのです。自分が置いたタイルの上には農家駒を置くことができます。

この農家駒は後半のゲームの戦術的拠点になります。

DSCN0384.jpg
ゲーム前半は終了。これから駒を置いていきます。

後半では、農家駒から連なるタイル上に土地マーカーを1個ずつ置いていきます。

置かれた場所は、「確保された場所」ということになります。この、確保されたタイルの枚数が得点になります。

こういった感じのゲームを3ラウンド行い、勝利得点の多い方が勝利します。

DSCN0389t.jpg
この様になりました。黒の勝利です!こういう角度から撮ると駒は立体感があっていいですね~。

・コンポーネント
地形タイルには平地、山脈、海が描かれています。この地形が、矛盾が無いように並べていきます。
駒は木製です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
浅く潜れ!
スポンサーサイト
[ 2011/11/26 03:17 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ビッグショット

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1029.jpg

邦題:ビッグショット
原題:BIG SHOT
作者:Alex Randolph
メーカー:Ravensburger
プレイ可能人数:2~4
年齢:10~99歳
所要時間:45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味
「BIG SHOT」の意味ですが、「顔役、有力者」という意味です。このゲームで、真の有力者を目指しましょう!

・ゲーム内容の簡単な紹介
このゲームの箱の裏側を見ると、ゲームをやっている風景の写真(?)が載っています。
この写真を見ると、ボード上の街がいくつかの区画に分かれ、そこに色とりどりの木製立方体が置かれています。まるで陣取りゲームのように見えますが、実はその通りなのです。

1920年代、世界恐慌寸前の、陽気な時代のアメリカがこのゲームの舞台です。
経済は大いに潤い、都市は次々と規模を拡大していきます。そんな新興都市で、投資家となり、より価値の高い区画を我が物にすべく、競りをするのです。

DSCN1031.jpg
とりあえず、ボードを広げてみました。

競りの対象となるのは木製の立方体。これを最も多く区画に置くことに成功すれば、その区画を獲得できます。つまり、陣取りのための手段が、「競り」のゲームであるわけです。

また、このゲームの特徴は、借金が出来る点です。これで、多少無理をしてでもねらいの区画を我が物に出来る…かもしれませんが、この借金の利息が恐ろしく高いのです。(ご利用は、計画的ネ!)。

競りにおいて、競りの対象の木製立方体の価値を見極め、適正価格で購入する、あるいは適正価格を見極めた上でわざと値を吊り上げるなど、駆け引きが重要なゲームです。

サイコロをゲームで用いますが、このゲームには勝利のために運の要素がほとんどない、と思います。

DSCN1032.jpg
キューブをボードの周辺部に置いてセットアップ完了!

このゲームの陣取りの特徴は、一言で言うと、「ハゲタカのえじき」方式です。単独トップになると、その区画をもちろん自分のものにできるのですが、もしもトップタイになってしまうと、せっかく置いたキューブが、無効になってしまうのです。このルールをうまく利用すると、少ない数のキューブでもたくさんの区画を支配できます。


DSCN1038.jpg
ゲーム終了時のボード。

・コンポーネント
何といっても木製立方体でしょう。こういうのが、大好きなんです。あとオークションマーカーとサイコロが木製なのがいいですね。プラスチック製コインも額ごとに色が違ってジャラジャラした感触がいいです。あと、ボードとカードです。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません(カードはありますが、それらはタイルと呼ぶべき厚さがあります)。

・BGM


・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
[ 2011/11/19 03:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

バケツくずし2

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4700s-.jpg

邦題:バケツくずし2
原題:Alles im Eimer
作者:Steffan Dorra
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:2~6
年齢:8歳以上
所要時間:20~45分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「全部バケツの中」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
自分のバケツの山を守りつつ、他人の山に動物を突っ込ませるゲームです。

まず、8枚のカードを配ります。カードには色と数字が書かれています。

DSCF4724s-.jpg
動物がバケツに突っ込むゥゥ~!バケツの色と、動物の色が対応しています。

この初期手札から、自分が「強い」色と「弱い」色が分かります。

たくさん持っていたり、数値が高いと「強い」。その逆は「弱い」ということです。

強いものはバケツの山の土台にします。そして、弱いものはバケツの山の上の方に置きます。こうして各人が、自分のバケツの山を築きます。

DSCF4701s-.jpg
こんなバケツの山を作ってみました。
赤とオレンジのカードなら、どんと来い…な布陣。じゃ、青が来たらどうなるの??

そうしたら、スタートプレイヤーから順にカードをプレイしていきます。このとき、直前のプレイヤーと同色で、かつ大きいカードをプレイするようにします。このとき、1~3枚カードを出せます。

そして1枚だけ補充します。何枚プレイしようと、補充は1枚だけです。また、補充を忘れる場合があるのですが、その場合は、手札が少ないままで、ゲームは進行しますので、補充は忘れないように!

直前のプレイヤーより、大きな数値がプレイできない場合、その色の自分のバケツを山から取り除きます。このとき、取り除くバケツの上に乗っているバケツがある場合は、それも一緒に取り除きます。

次回は、バケツを取り除いたプレイヤーから始めます。

こうして、バケツの山がいくつかなくなったら(プレイ人数により変わる)、ゲームは終了になり、その時点で、自分のバケツの山のバケツの数が勝利点になります。

・2人プレイについて
(8)海長とオビ湾:2人だと相手の弱点を見切って一気に攻め落とすのが基本になります。多人数とはちょっと違う感覚ですが、十分に面白いです。

・3人以上でやってみた
(9)アブラハム:5人くらい反転が繰り返されると有利になる人がでますねw
(9)海長とオビ湾:「あいつを崩してやれ!」と思っても、他の意外な人が崩れちゃったりなど、ハプニング多発のかわいいゲーム。ルールシンプルだし、初心者向けにとても良いゲームだと思います。

・コンポーネント
バケツは厚紙製タイルです。

・カードのサイズ
(59×92mm):80枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
Board Game Geek
play:game
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
[ 2011/11/12 03:40 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ノイ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
20041229nes-.jpg
プレイの様子。見る人が見れば分かるでしょうけど、
101になった直後に ターンが出て、 そこをマイナス1で切り抜けた…
というシーンなんです。

邦題:ノイ
原題:neu
作者:JAGA
メーカー:icarus
プレイ可能人数:2~7
年齢:7歳以上
所要時間:-
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「neu」の意味ですが、「新しい」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
非常に簡単なルールのゲームです。
最初にカードを3枚配ります。これが初期手札になります。

カードを1枚ずつ出していって、カードを出す時に数字をカウントしていくんですが、101より大きい数字を言ってはダメ、というゲームです。

カードプレイをしたあと、カードを補充するのですが、万一補充を忘れた場合は、少ない枚数=そのままの枚数で続行しなければならないという「鉄の掟」がありますので、注意しましょう。

通常のピンクの数字カードは、数値を増やします。

緑のカードはマイナスのカードで、数値を減らします。

青の101のカードは、何が何でも101にするというカードです。

特殊な黄色のカードは、プレイ順を反転させたり、プレイ順をスキップしたり、さまざまな種類があります。

・3人以上でやってみた
(9)ゆっきー:手札が少ないので、101に近づいてくると結構スリルがあります。
(8)にゃんとろ:こんなに簡単なのに、楽しいのがすごい。会話のようにテンポがよいのが心地いい。
(8)ぼび:「101」のカードがあると、凌げるので便利。

・コンポーネント
カードと白いチップです。白いチップは、得点です。最初に3つ持ってスタートします。この3つが全てなくなったら、負け抜けです。

・カードのサイズ
(56×87mm):58枚

・他サイトさまの紹介
メビウスゲームズ
play:game
Nagoya EJF
[ 2011/11/05 03:53 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX