2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01









Top Page > 2011年12月

メンバーズオンリー

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5091s-.jpg

邦題:メンバーズオンリー
原題:Members Only
作者:Reiner Knizia
メーカー:Blatz Spiele
プレイ可能人数:3~5
年齢:12歳以上
所要時間:60分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
どのカードが何枚出てくるかを予想し、当てるゲームです。

DSCF5094s-.jpg
ボードを広げました。

カードには「傘」、「新聞」、「紅茶」、「塔」、「帽子」の5種類があります。

これをよく混ぜて約半数(プレイ人数により配る枚数が変わってきます)をプレイヤーに配ります。

約半数はそのラウンドでは使わないんですね。仮にここで、ある種のカードがたくさん使われず、逆にあるカードは多く使われるという偏りがあると面白いのです。

手番では、2枚のカードをプレイし、賭けチップを置きたいのなら置けます。

賭けは、

「1枚以下」、
「2枚以下」、
「3枚以下」、
「4枚以下」、
「5枚以上」、
「6枚以上」、
「7枚以上」、
「8枚以上」

の8通りがあり、それが各種類にありますので、

5×8=40

40ヵ所賭けるポイントがあることになります。

賭けるにあたって注意する点は、既にチップが置かれている場所には置けない…という点です。

「1枚以下」とか「8枚以上」みたいな無茶なビッドはハイリスクハイリターンです。外れる可能性が高いところは、当てた場合の得られる勝利点が高くなっています。

カードをドンドンプレイをしていって全員が手札が3枚になったらとりあえず賭けは終了です。

手札のうち、1枚を捨て札にして残り2枚はプレイします。こうしてどの種類のカードが何枚あるか明らかになります。

明らかになったら得点計算です。

もちろん賭けがあたっていれば得点になります。外れた場合は賭けチップが没収されてしまい得点は入りません。

ですのでそうならないように注意しましょう。

また、ラウンドの開始時に賭けチップが1個以下の場合は失った賭けチップがすべて手元に戻ってきます。賭けチップが少ないと収入源が減ってしまいます。もし極端に賭けチップが少ないのなら、わざと賭けをはずして賭けチップが戻ってくるようにするのも一つの手だと思います。

このゲームには得点トラックが5つあり、カードの種類と対応しています。

いずれの得点トラックも4点以下は薄い色で5点以上は濃い色になっています。この色の違いの意味するところは、「ゲーム終了時に得点になるか・ならないか」ということを表しています。

4点以下だと点にならないのです。点にならないところを一生懸命予想してもむなしいのでメリハリが求められます。

・2人プレイについて

2人非公式ヴァリアント(カバレロ考案)

【ゲームの概要】
ダミープレイヤー、ライナー先生を混ぜた疑似3人プレイです。原則的に3人プレイ時のルールに従いますが、異なる点を以下に記します。

【ラウンドの準備】
65枚のカードをよく混ぜ、プレイヤーに以下の枚数ずつ配ります。
2人の人間プレイヤー:11枚ずつのカード、およびライナー先生の賭けチップ2個ずつ(ライナー先生の2倍賭けチップは使用しません)
そして、ダミープレイヤー・ライナー先生に11枚のカードを裏向きにして配り山にしておきます。

【手番】
手番では、通常のアクションに加えて「ライナー先生の賭けチップ配置」ができます。このライナー先生の賭けチップ配置はライナー先生の駒が手元にある場合のみ可能です。

2人の人間プレイヤーのプレイ後、ライナー先生のカード2枚を置きます。ライナー先生の山札から、上から2枚のカードを表向きにして引き、ボード上の対応するところに置きます。そして、現在何枚プレイされているかわかるように並べておきます。

(注:2人のプレイヤーは、ライナー先生の山札の内容を見てはいけません。先生の山からめくられたカードは表向きなのでもちろん確認できます)。

【ラウンドの終了】
ラウンドは、全プレイヤーの手札が3枚になるまで続けます。こうなったら、もう賭けチップを置くことはできません。

つづいて、各プレイヤーは残った3枚の手札から同時に1枚を選んで、それを裏向きにして出します。ライナー先生のカードの山の1番上のカードも裏向きにして1枚引きます。これらのカードはこのラウンドの決算から取り除かれ、枚数に入れられません。その後、ライナー先生を含めた全プレイヤーは残りの2枚のカードをそれまでにプレイされたカードと同様に表向けて、対応するシンボルの所に置きます。こうしてラウンドが終了します。

【決算】
人間プレイヤーの賭けチップは外れれば失われますが、ライナー先生の賭けチップは外れていても失われません。決算後、ライナー先生の賭けチップは各プレイヤーに2個ずつ配られます。

また決算の結果ライナー先生も得点を得ることがあり得ますので、ライナー先生の得点も記録しておきます。


DSCF5085s-.jpg
2人プレイの様子。2人プレイの場合はダミープレイヤー「ライナー先生」が登場する。

DSCF5086s-.jpg
青=わんこ、赤=ぱんちさん、黄色=ライナー先生。
私の圧勝です、わはは。このゲームは4点以下の得点はカウントしない!
というルールがあるので、うまくやるとこのように大量リードで逃げ切れる。

・コンポーネント
賭けチップは木製でいい感じです。2倍賭けチップというのもあり、これは高さも倍になっていて分かりやすいです。

・カードのサイズ
(59×92mm):65枚

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
スポンサーサイト
[ 2011/12/31 03:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ジャンケン カードゲーム ファイブ!

DSCF6697s-.jpg
箱です。

ジャンケン・カードゲーム・ファイブ!には5種類の遊び方があります。

先日は2人だったので、2人で遊べるルール「センゲン」で遊びました。

カードにはジャンケンでおなじみのグー、チョキ、パーが描かれています。この絵柄でジャンケンをする・・・・。

カイジという漫画で登場するゲーム「限定ジャンケン」と近い、と言えば近いゲームです。

親と子に分かれて行う対戦ゲームです。

親は子と異なり、手札のうちどれを使うか宣言しなければならない!この部分がこのゲームを特徴づけています。

親の宣言、それぞれの手札(手札は何を持っているかをあらかじめ見せなければならない)
そういったところを根拠にした心理戦が楽しめるでしょう。

DSCF6689s-.jpg
プレイ風景。
[ 2011/12/30 03:33 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ミッドナイトパーティ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1148s-.jpg

邦題:ミッドナイトパーティ
原題:MITTERNACHTSPARTY
別名:ヒューゴ
作者:Wolfgang Kramer
メーカー:AMIGO
プレイ可能人数:2~8
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■
幸運不運■■■■■■■

受賞歴:1989年ドイツゲーム大賞ノミネート


・原題の意味
「真夜中にパーティー」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
グルリと回ったボード上をオバケのヒューゴ君から逃げるゲームです。

DSCN1151s-.jpg
寂しがり屋のオバケのヒューゴ君です。

DSCN1152s-.jpg
横から見たヒューゴ君。

DSCN1154s-.jpg
右のオバケはガイスターのオバケ駒です。似てるような似てないような…。

まず、ボード上に自分の駒を置きます。

DSCN1149s-.jpg
プレイヤー駒。男女の違いがありますが、ゲーム上は同じ扱いです。

その次に、ヒューゴ君を地下牢に置きます。

DSCN1155s-.jpg
2人プレイ時の初期配置の模様。

DSCN1156s-.jpg
オバケが地下牢から出てきたら、ゲームは本番です!

手番では、このゲームの付属の特殊ダイス1個をふります。このダイスは、「1」、「2」、「4」、「5」、「オバケ」、「オバケ」となっている6面体ダイスです。オバケの目が2つありますので、この目が出る確率は、1/3です。結構出ます。

DSCN1150s-.jpg
ゲーム付属の特殊ダイス。オバケの目がふたつあります。

このダイスの指示に従います。数字の目なら自分の駒を動かします。オバケの目なら、ヒューゴ君を動かします。ヒューゴ君は結構すばやい奴で、一度に、3歩進みます(例外:7、8人プレイ時)。

3歩進むので、「オッ、バッ、ケッ!」の掛け声で、進ませます(掛け声は出さなくても良いです)。ヒューゴ君に捕まると、地下牢送りになってしまいます。

DSCN1158s-.jpg
「キャ~、捕まる~ッ!」

DSCN1159s-.jpg
こうやってかぶせる事が…。

DSCN1161s-.jpg
できます。

地下牢にはマイナス点が書いてあるので、地下牢に入らないように周囲の部屋に逃げ込むようにします。

この周囲の部屋には、ゼロ点の普通の部屋と、マイナス1点の少し居心地の悪い部屋と、プラス3点のラッキーな部屋の3種類があります。

これらの部屋に逃げ込めれば、ヒューゴ君には捕まりません。ただし各部屋は駒1つしか置けないので、早い者勝ちです。

DSCN1163s-.jpg
ラウンド終了時の様子。

3ラウンド終了時に最もマイナス点の少ないプレイヤーの勝利です。

・3人以上でやってみた
(7)にゃんとろ:今回、やけにみんな捕まってたな~。点が増える部屋をねらいすぎだな。

(7)ゆっきー:椅子取りゲームみたいな感じ。手軽で良いけど、今回はお化け目がなかなか出なくて結構時間がかかってしまった。

(6)やおきん:サイコロの出目にワイワイ騒ぎながら楽しめるので面白かったです。やや子供向け、ファミリー向けかなとは思いますが、これを小学生ぐらいの時に親父が持っていた、とかだったら親父のセンスをちょっと見直しますね(笑)。簡単に楽しめる反面、ダイス運は大きく、単純なゲームですので、こういうタイプのゲームが嫌いな人とやるとちょっと白けるかもです。難しいこと考えずに一喜一憂したいゲームです。(3人プレイ)

(?)ふくち:子供と遊んでみたいゲーム。ビバトッポ!より軽くて良い。

・コンポーネント
プレイヤー駒がなかなか凝っていて、男性と女性の区別があります。この性別の違いはゲーム上は全然意味が無いですが、パーティーの雰囲気が出ていて良いです。

ヒューゴ君はちょっと大きめで、プレイヤー駒をスッポリかぶせる事ができます。パクッとかぶせて、捕まえます。

得点のつけ方が、「メモ帳に筆記用具で、記録しろ」という感じなんですけど、できれば、「恐怖ポイントチップ」みたいなので、管理できれば、なお良かったかなと思います。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
浅く潜れ!
[ 2011/12/24 03:39 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

マハラジャ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0099.jpg

邦題:マハラジャ
原題:RAJA
別名:ラージャ
作者:Wolfgang Kramer & Michael Kiesling
メーカー:PHARANX GAMES
プレイ可能人数:2~5
年齢:12歳以上
所要時間:90分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
2004年ドイツゲーム大賞ノミネート
2004年ドイツゲーム賞7位



・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「RAJA」の意味ですが、「(昔のインドの)王侯」です。

箱の表面に、書かれている「PLASTBAU IN INDIEN」ですが、これは、「インドで宮殿建築」という意味です。

あと、「EIN RAFFINIERTES BRETTSPIEL VON WOLFGANG KRAMER UND MICHAEL KIESLING」と書かれていますが、これは、「ヴォルフガング=クラマーとミヒャエル=キースリングの洗練されたボードゲーム」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
インド各地を巡り宮殿を建てていくゲームです。

DSCN0103.jpg
ボードを広げてみたところ。

各ゲームターンは下記のステップに分かれています。
・マハラジャの移動
・市の紋章タイルがトラックを移動
・プレイヤーは秘密裏に、アクションディスクでアクションを印す
・プレイヤーはアクションを公開し、キャラクターの順番でこれを実行する。
・マハラジャのいる都市で得点計算ラウンドを行う。

キャラクターには次のものがあります。
キャラクターカード1/実力者:1番最初に移動する。得点計算の引き分けの際は最強。
キャラクターカード2/商人:商人を使うプレイヤーは、ターンの始めに、常に1ゴールドがもらえる。
キャラクターカード3/苦行者:外の宮殿の得点が(1点の代わりに)2点になる
キャラクターカード4/さまよえる修道士:プレイヤーとその建築家の移動コストを銀行が払う。よって、彼らは無料で移動する。
キャラクターカード5/建造者:家を無料で、1つ追加で建造、又は移動できる。
キャラクターカード6/職人:宮殿を建てるのに、12ゴールドの代わりに9ゴールドを支払う。
キャラクターカード7/ヨガ行者(愛称:ラーメン大王、ヴァリエーションルールでのみ使用):追加アクション

アクションには次のものがあります。
移動:アクションディスクに描かれていないアクションです。自由に出来ますが、お金がかかる場合があります。

お金:銀行から2ゴールドを受け取る。

家:都市か村に1つの家を建築できる。:費用:1ゴールド

2つの家:2つの家を建てることができる。1つは都市に配置しなければならないが、他方は村か都市に配置してよい。それぞれの家は1ゴールドかかる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、家を建ててもよい。

家の移動:自分の家を、村か都市から他の村か都市へ、無料で移動できる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、家を移動してもよい。

貯蔵庫:貯蔵庫から2つの家を受け取り、自分の手元に置ける。後のアクションで、これらの家を建築してもよい。

宮殿:12ゴールドで1つの宮殿を建築できる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、宮殿を建ててもよい。

宮殿/家:12ゴールドでいずれかの都市に1つの宮殿を建て、1ゴールドでいずれかの村か都市に家を1つ建てられる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、宮殿か家のどちらかを建てられる。
市の紋章トラックの順番:市の紋章を移動することによって、市の紋章トラックの上の順番を変更することができる。

キャラクターカード:自分のキャラクターカードを、他プレイヤーか銀行のキャラクターカードと交換できる。所有するプレイヤーにより、前アクションは止められない。

得点計算は次の通りです。
・建築家1点
・家1点
・外の宮殿1点
・中央の宮殿3点

DSCN0592.jpg
激戦区はよりきらびやかに宮殿が建ちます。

勝利:ゲームは二通りの方法で終了します。次のようなことが起こったゲームターンで、得点計算が行われた後、ゲームは終了します。:
・1人以上のプレイヤーが彼らの7番目の宮殿を建築する、または
・市の紋章タイルのうちの1つがトラックの「10」のマスに配置される。

最も多くの宮殿を建てたプレイヤーが勝利します。

DSCN0591.jpg
2人プレイ時ゲーム終了時の盤面。

DSCF4964s-.jpg
赤対黒の対決。2人プレイ時の様子。

CIMG1104s-.jpg
5人プレイ時の様子。

・2人プレイについて
(7)無重力の騎士:多人数プレイ時とは、かなり別物のプレイ感ですが、なかなか楽しく遊べます。6種類ある職業の特徴をうまく活用しながら宮殿を建てていくのが面白いです。

・3人以上でやってみた
(8)無重力の騎士:各都市での競合が激しくなり、2人プレイ時より面白さアップ。邸宅をたて、通行料を稼ぐ作戦も3人以上のプレイでは有効に機能しますので作戦の幅も広がります。運の要素は少なめで、戦略性と戦術性のバランスのよいゲームではないかと思います。

・コンポーネント
ガラスの宮殿駒がきれいです。ボード上に、この駒を配置するスペースがあるんですが、そこは白く描かれています。ですので、ガラス駒を置いた時の色彩がとてもきれいです。

マハラジャ駒、建築家駒、家は木製駒です。木の駒がたっぷりなのは嬉しいですね。

キャラクターカードにはイラストでその職業の能力が描かれており、分かりやすいです。

あとアクションディスクにもイラストでどんなアクションか描かれていますがこれも分かりやすく、言語依存度が低いゲームになっています。

あと、厚紙製コインとタイルです。

DSCN0101.jpg
箱への収納方法。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、マハラジャ駒は左上の方に収納しております。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません(カードはありますが、それはタイルと呼ぶべき厚さがあります)。

・他サイトさまの紹介
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
[ 2011/12/17 03:35 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ボードゲームギークゲーム

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5962s-.jpg

邦題:ボードゲームギークゲーム
原題:THE BOARDGAMEGEEK GAME
別名:ザ・ボードゲームギーク・ゲーム
作者:Richard Breese
メーカー:R & D GAMES
プレイ可能人数:3~6
年齢:8歳以上
所要時間:60~75分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・原題の意味
ボードゲームギークというのは世界で一番有名?なボードゲームサイトです。英語のため、私はほとんど見ていないですが、読んでいる日本人も多いと思います。ギークという語はあまり馴染みのない語ですが「おたく」という意味です。

・提案
このゲームにはギークゴールド(GG)というお金が登場します。GGは勝利点でもあります。1GGを「1000円」というように、日本円に置きかえるとより盛り上がるように思います。以下の記事文中においては1GG=1000円というように置き換えた表現をします。

・ゲーム内容の簡単な紹介
このゲームではプレイヤーは2つの役割をやります。
一つはゲームメーカー。面白いゲームを世に出し、物欲と言う煩悩に支配されるおたくをたぶらかします。
もう一つはギーク(おたく)になって自慢のコレクションによるゲーム棚を眺めてウットリするために人生を費やします。

DSCF5958s-.jpg
ボードを広げて、いざプレイ!

ゲームは6ラウンドで構成され、1つのラウンドは6つのフェイズから成り立ちます。

第1フェイズ:ストックから倉庫へ
第2フェイズ:店へ卸す
第3フェイズ:買いものに行くぞ
第4フェイズ:新スタートプレイヤーの決定
第5フェイズ:お店で買うゲームの選択
第6フェイズ:ゲームが売れて大儲け!

プレイヤーは衝立を持っていますが、その前側に裏向きに置かれたゲームタイルがあります。そこから特定の数(ラウンドによって定められています)を引いて衝立のこちら側に持ってきて隠すようにして表向けます。これが第1フェイズです。

第2フェイズでは1枚ずつお店にタイルを置いていきます。これが売れれば第6フェイズで収入になります。いいですね。買う側もコレクションが増えて、大方の場合は満足するでしょう。好きな数のタイルが卸せます。

DSCF5959s-.jpg
「ライナー・シャイン」。もしかしてクニツィーアのゲーム屋?

第3フェイズではサイコロ(おたく駒の役割も果たします)を振り、出目に従って、おたくをお店に置いていきます。

DSCF5960s-.jpg
サイコロはボードゲームギーク(ボードゲームおたく)を表す駒にもなっている。商品に群がるおたくたち。

お店はサイコロの目と対応しているのです。置き終わったらおたくの再配置ができます。

・振り直し:おたく(サイコロです)を振り直します。1000円を払わねばなりません。
・移動:おたくが隣の店に歩いていきます。斜め移動もありです。移動するのに交通費1000円がかかります。

第4フェイズでは新スタートプレイヤーを決定します。多くのゲームはラウンドの節目節目でスタートプレイヤーが交代になるケースが多いと思いますが、このゲームは少し変わっていますね。

第5フェイズでは楽しいお買い物です。売られているタイルは、エル・グランデやインペリアルなどの名作からなんだかよく分からない謎ゲームまで、いろいろありますが、全部実在の会社の実在のゲームらしいです。

DSCF5965s-.jpg
実在のメーカーの実在のゲームを商品にするのがこのゲームの売り。ハンスのゲームはいいゲームがそろってる。

DSCF5967s-.jpg
クイーンもなかなか頑張ってる。

DSCF5968s-.jpg
インペリアル。名作。

1人が1個ずつ買います。各プレイヤーが操作するおたくは3つあるので、最大3つのゲームが手に入るのです。

第6フェイズではおたくがゲームを買った費用をなんと、政府・日銀が負担します!おたくが趣味のゲームに投じるお金は、一部の政党からは「バラマキ」と批判のある「ボードゲーム手当」によって100%の補助が得られるのです。なんて羨ましいんだっ!

ゲーム中、プレイヤーはメーカーとして、おたくが買った分の代金を国からもらい、潤います。

こういう感じで6ラウンドをプレイしたらゲームは終了です。ゲーム終了時に
「俺のコレクションはすげーだろう~」
と自慢になるようなら高い得点になります。通常の場合はタイルに書かれた数字がそのまま点になります。しかし、
「自社以外の同数値タイルの組」
を作った場合は、その組を構成するタイル1枚は6000円の価値になります。タイルは1~6の数値が書かれています。6のタイルはセットにするうま味はないんですが、1のタイルは1000円の価値ですからセットになれば6倍の価値に跳ね上がるのです。プレミアがついた、ということなのでしょう。

こうして最もお金を稼いだ人がゲームに勝利します。

・2人プレイについて

ボードゲームギークゲームトラスト 2人用非公式ルール(カバレロ考案)
概要:
各人は「親会社社長」、「親会社従業員」、「子会社社長」、「子会社従業員」の1人4役を演じます。
4役とは言え、利益・勝利点になるのは親会社の分だけです。
自分の子会社は親会社の利益のために、相手企業のダメージのために操作するようにします。
原則的に通常ルールに従いますが特に異なるポイントを書きます。

ゲームの準備:
各人は通常ルールの2人分の用具を用意します。例外的に子会社の得点マーカーだけは持ちません。
親会社の衝立など用具は担当プレイヤーから見て右側、子会社の衝立など用具は担当プレイヤーから見て左側に置くようにします。
初期資金は両者とも10GGです。親会社と子会社の用具が混じらないように気を付けてください。

ゲームの進行:
順番は、スタートプレイヤーマーカーを持っている親会社、スタートプレイヤーマーカーを持っている子会社、スタートプレイヤーマーカーを持っていない親会社、スタートプレイヤーマーカーを持っていない子会社という順番です。
通常通りに順番が回ってきたら然るべきアクションを行うようにします。

サイコロ(ギーク)の移動・振り直し:
親会社の費用は当然、プレイヤーが負担し、さらに子会社のアクションを行うのなら費用は親会社が負担するようにします。

スタートプレイヤーの決定:
親会社のギークの位置により決めます。子会社のギークの位置は全く考慮に入れません。

おたくがゲームタイルを得る:
得られるタイルは親会社のものと子会社ものとを分けて、それぞれの衝立に相手から隠しておくようにします。ゲームタイルの売却益は親会社のものだけを計上します。子会社のゲームがいくらたくさん売れても全く利益になりません。

ゲームの終了:
6ラウンド終わったらゲームが終わり、ゲームコレクションの点を入れます。計算は4~6人プレイ時に準じます。数値セットによる「1枚6点」にするには、自分の親会社以外の3社のゲームを集める必要があります。
得点化できるゲームタイルは親会社所有のゲームだけです。ゲーム中に得た得点とコレクションによる点の合計点の高いプレイヤーの勝利です。



・コンポーネント
実在のゲームメーカーのロゴや、実際のゲームのイラストが多数使われていて、
「あ、これ見たことある!」
というイラストがそこかしこに描かれています。ボードのイラストはどのイラストがどのゲームか、ボード裏面に答えが書いてあります。

登場するゲームメーカーは、ハンス・イム・グリュック社やクイーンゲームズ社などですが、ラベンスバーガーやコスモスやアバクス、アミーゴも登場したらより良かったように感じます。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World

DSCF5963s-.jpg
このゲームはいたるところにゲームで用いられているイラストがびっしり!解答編はこの様にボード裏面にて明かされている。

DSCF5964s-.jpg
クニツィーアの店の解答編。
[ 2011/12/10 03:09 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ヘッドバンズ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
IMG_0017s-.jpg

邦題:ヘッドバンズ
原題:HEDBANZ
作者:
メーカー:学研トイホビー
プレイ可能人数:2~6
年齢:7歳以上
所要時間:-
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
ヘッドバンズは、コヨーテのように鉢巻にカードを固定する格好で行うパーティーゲームです。

IMG_0019s-.jpg
鉢巻です。これを頭に着けます。

当然、自分のカードは見えないので、それをズバリ当てるのがこのゲームの目的です。

最初に各プレイヤーにチップが3枚ずつ配られます。このチップを真っ先に減らすことがゲームの目的です。

自分のカードを1回当てれば1枚チップを減らせます。

手番プレイヤーが回答者、それ以外のプレイヤーが回答者の質問に正直に答えるようにします。もちろん、

「このカードはズバリ何ですか?」

みたいな間抜けな質問には答えるわけにはいきませんね。

また、どうしても自分のカードが分からない場合は、それをパスすることができます。しかし、罰符として1チップをストックから受け取ります。

・コンポーネント
青い特製鉢巻が人数分入っています。

カードに数枚ブランクカードがあり、これにみんなが知っている人名を書いたりすると楽しいです。

IMG_0021s-.jpg
こんなカードがあります。
ブランクカードを活用して糖尿病カードを作りました。

時間測定砂時計が入ってます。

・カードのサイズ
(86×111mm):72枚(うち12枚はブランクカード)

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
Nagoya EJF
[ 2011/12/03 03:38 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX