2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03









Top Page > 2012年02月

ロイヤルターフ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0109.jpg

邦題:ロイヤルターフ
原題:ROYAL TURF
作者:Reiner Knizia
メーカー:alea
プレイ可能人数:2~6
年齢:10歳以上
所要時間:45~60分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■
-


・原題の意味
「ROYAL TURF」の意味ですが、「高貴な競馬」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
競馬のゲームです。一発当てて儲けましょう!

KIF_0116.jpg

まず賭けます。3頭の馬に賭けます。もちろん当たれば賞金ですが、人気の馬は配当が低く、不人気の馬は配当が高くなっています。したがって、ここで大きく勝つチャンスというものがあります。

もし、賭けた馬が最下位のときは罰金(!)ですので気合を入れてダイスを振りましょう。

実際のゲームの進行はダイスレースゲームです。
ダイスですので運の要素も重要です。各馬にはどれだけで目により進めるかが決まっているので、運がよければ一気に突っ走ることも出来ますが、1回走った馬は、他の全ての馬が1回走るまではお休みです。なかなか抜け出るのは難しいかもしれません。

また、このゲームでは、馬が同じマスで止まることは出来ません。もし、そういう事態が生じたら、一歩手前で停止することになります。

例えば、6マス進める馬を、実際進ませてみて、もし止まるマスに既に他の馬がいたら、その一歩前、つまり5マス目にとまることになります。仮に5マス目もふさがっていたら、4マス目に止まります。

このルールのため、馬達は結構、団子状態で進んでいくことになり、ここに勝つチャンスもあります。

KIF_0118.jpg
レースの様子。

このゲームではみんなが勝たせたいと思う馬は、やはり強いです。実際の競馬ですと、強い馬は人気がありますが、このゲームでは人気がある馬が強い…順序が逆ですが、結果として同じようなことになっているので、競馬をうまくゲーム化した結果になっていると思います。競馬好きには是非プレイして欲しいゲームです。

・コンポーネント
カードとボードとタイルです。あと特殊サイコロ。あともちろん、馬の駒がありますが、この馬の駒が薄いです!もうちょっとボリュームがあればなお良かったですね。

KIF_0117.jpg
上から見た様子。この馬達がいかに薄いかが分かります。扇風機の風でふわふわ動いてしまうくらいうす~いです。

Othell(黒)、Nougat(こげ茶)、Red Fox(赤茶)、Caramello(キャラメル色)、Sahara Wind(ベージュ)、Albino(白)、Earl Grey(灰色)の7頭の馬駒があります。

・他サイトさまの紹介
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2012/02/25 03:51 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ロボットマスター

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5736s-.jpg

邦題:ロボットマスター
原題:ROBOT MASTER
作者:Reiner Knizia
メーカー:Cocktail Games
プレイ可能人数:1/2/4
年齢:10歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
カードを並べるゲームです。4人の場合はチーム戦になるので、このゲームは1対1(2人プレイ時)か1チーム対1チームというようになります。1人で遊ぶルールもあります。

プレイにおいて、カードは5×5の25枚になるようにカードを並べていきます。並べきったらゲーム終了になり得点を数えます。片方が縦列を担当し、片方が横列を担当します。つまり、縦列対横列の勝負なのです。

1列は5枚のカードで構成されています。その5枚を見ていって、カードの種別に分けて見ます。

単独1枚しかないカードはそのカードに書かれている数値分が得点になります。
2枚組(ペア)の場合はそのカードの数値の10倍が得点になります。
スリーカードの3枚組は書かれている数値如何にかかわらず100点になります。
フォーカードはスリーカード1組と単独のカード1枚というように扱います。
フルハウスの場合は100点プラス、ペアの得点が入ります。
ファイブカードは100点(3枚組)とペアの得点が入ります。

大体はこんな感じで得点を数え、列ごとの得点を見ていきます。そして自分が担当する列のうち、最低点の列がその人(もしくはチーム)の得点になります。
最低の点がその人の点になる。これはチグリス・ユーフラテスや頭脳絶好調でもおなじみのクニツィーア的得点計算です。

DSCF5731s-.jpg
ゲーム終了時の様子。

・コンポーネント
コミカルなロボットのイラストが描かれています。
真ん中のカードがどのカードかを明示するために、真ん中のカードをこのゲームのフタの上に載せるようにしましょう。うっかりで真ん中のカードを失念する心配がなくなります。
このゲームはクニツィーアらしくテーマ性は希薄です。テーマはロボットじゃなくても、ハンバーガーでも鉄道でも何でもいい感じがします。いっそトランプ並みのテーマなしでもいいくらいです。

・カードのサイズ
(80×80mm):36枚
・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Table Games in the World
ふうかのボードゲーム日記
[ 2012/02/18 03:42 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

レース・ギャロッポ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4644s-.jpg

邦題:レース・ギャロッポ
原題:Giro Galoppo
別名:ギャロッポ・ギャロップ
作者:Juergen P. K. Grunau
メーカー:Selecta Spielzeug
プレイ可能人数:2~5
年齢:6~99歳
所要時間:20~30分
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
2006年ドイツゲーム大賞子どもゲーム大賞ノミネート
日本ボードゲーム大賞2006子どもゲーム部門



・ゲーム内容の簡単な紹介
カードで進む馬のレースゲームです。

DSCF4653s-.jpg
準備完了!

ルールはとても簡単です。
進めるためのカードは、手札として持っています。使いたい1枚を選んで、裏向きにして出します。全員がそろったら、一斉に表向けます。

カードの数字が小さい順に、自分の駒を進めます。このとき、同じ数字を出したプレイヤーが複数いる場合は、遅れを取っているプレイヤーから順に駒を進めます。

もし、他プレイヤーの駒がいる場所の場合、先にいた駒を最も近い空いているマスまで後退させます。1つのマスには1つの駒しか入れないのです。

また、もしも自分の進む先に障害物がある場合は、その回は、全く進めないことになります。そうならないようにしないとね。

この様にして、まっ先にゴールに着くことを目指します。

DSCF4654s-.jpg
早くもデッドヒート。

NPCヴァリアント(2~4人用、カバレロ&にゃんとろ考案)
NPCを使って、ゲームを盛り上げましょう!通常ルールに従いますが、NPCが登場するところが、このヴァリアントの変更点です。

NPCの操作:誰にも使われていないカードのセット1組を使います。使用するカード1組を裏向きにしてよく混ぜます。そして、裏向きの山にして、最も年が上のプレイヤーが管理します。人間プレイヤーがカードを出す時と同じタイミングで、この山札の1番上のカードをめくります。NPCは原則的に、通常のプレイヤーと同様に進みます。使用したカードは脇に置いておきます(捨て札)。もし山札が尽きたら、捨て札を集めて、裏向きにしてよく混ぜ、新たな山札を作ります。

NPCの特別な動き:通常プレイヤーは障害物にあたると、1回休みになってしまいますが、NPCは1回休みにはなりません。NPCが障害物にあたった場合、障害物の1歩手前でストップします。

このヴァリアントの変更点は以上です。



・コンポーネント
「子ども向けゲーム」ということですので、とてもコンポーネントに気合が入っています。駒は全て木製。障害物も木製。ジョッキー駒ももちろん木製で、これが馬駒と分離します。気分によって乗る馬の種類を選べます。

DSCF4650s-.jpg
ジョッキーを馬に乗せてみました。ジョッキーと馬が分離可能なんですね。
気分によって、乗る馬が変えられる。ゴージャス!

・カードのサイズ
(56×87mm):30枚

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
[ 2012/02/11 03:33 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

立体四目

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0695.jpg

邦題:立体四目
原題:立体四目
別名:LINE4
作者:
メーカー:株式会社ハナヤマ
プレイ可能人数:
年齢:6歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■■■■
駆け引き■
幸運不運■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
DSCN0697.jpg
箱から取り出してみたところ。

木製ボードがあり、そのボードから、上方向に向かって、棒が生えています。16本です。

DSCN0698.jpg
全ての棒から、玉を取り除いて、ゲーム準備完了です!

この棒に、玉(穴あき)を差し込んで、下まで、押し込みます。この玉が、4つ、直線状に並べば勝利となります。

DSCN0699.jpg
これは黒の勝ちです。見れば分かりますよね?

・コンポーネント
私が持っているのは、「木製立体四目」ということで、木製です。
「インテリアとしても楽しめる本格派木製ゲーム」と、ボックスに書かれています。

DSCN0703.jpg
インテリアとしても楽しめる(?)立体四目。
並べ方の例その1。

DSCN0702.jpg
並べ方の例その2。

DSCN0704.jpg
並べ方の例その3。

DSCN0701.jpg
並べ方の例その4。

DSCN0700.jpg
並べ方の例その5。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
Board Game Geek
play:game
[ 2012/02/04 03:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX