2012 051234567891011121314151617181920212223242526272829302012 07









Top Page > 2012年06月

エル・カバレロ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1186t.jpg

邦題:エル・カバレロ
原題:El Caballero
作者:Wolfgang Kramer & Richard Ulrich
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:90分
形態:O
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:1999年ドイツゲーム大賞ノミネート


・原題の意味
「騎士」あるいは「紳士」という意味です。スペイン語です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
エル・カバレロは、名作エル・グランデの世界観を引き継いだゲームで、そういう意味では、エル・グランデの姉妹ゲームと言えます。もちろん作者もクラマー&ウルリッヒで同一作者です。

土地タイルを置いていって、地図をどんどん作っていって、そこに騎士を派遣して大地を支配するゲームです。エル・グランデと同様に数回ある得点決算を経て最終的に勝利点の最も高いプレイヤーが勝利します。

エル・グランデと共通する点もあります。それはパワーカードの順番決めと騎士の登場です。パワーカードで高い数値のカードは早い手番を得ることができますが、呼び寄せる騎士の数が少ないです。逆にパワーカードの数値が低いカードは順番は遅くなるものの、たくさん騎士を呼べます。

騎士を呼ぶことは重要なことで、そもそも大地を支配するパワーの源泉が騎士です。

このゲームでは、まず、パワーカードを時計回りに1枚ずつ出すことで、順番が決まります。この順番に従って、手順を行っていきます。

手番では、いろいろできることがあって、これがこのゲームを難しくしています。

まず、土地タイルを置きます。これは必須の行動です。

DSCN1188t.jpg
1枚のタイルから始まる。ここからタイルを連ねていきます。

このタイルは、テーブル上に5枚出ていて、早いもの順に選んで取れます。

この辺はエル・グランデのアクションカードの取り方と似ています。

このタイル置きが、エントデッカーやカルカソンヌみたいな地図作成系のゲームと同じような感じですが、タイルの取り方と騎士の存在が、グッと戦略性を高めています。

騎士も実は、土地タイルと同じような見た目をしていて、土地タイルのすぐ隣に置いていきます(一手番に0~2枚)。

この様にして、すぐ隣に置いている土地のみに対して、影響力を及ぼします。

影響力が高ければ、その土地を支配する可能性が高まります。

このゲームのちょっと面白いルールは、「騎士カードは陸に二つ以上の方向から隣接されると撤退しちゃう(例外:各プレイヤーにつき、1個しかない大公駒の置かれた騎士カード)」というルールです。

このルールを忘れたりすると、せっかく投入した騎士が台無しになったり、その騎士が支配していた土地から締め出されかねないのです。

逆に言うと、このルールを活用して、相手のジャマな騎士を、どかすことができます。

他に、城を置いたり、船を置いたりもできます。また、上級ルールでは、領主マーカーや大公も登場します。

DSCN1214s-.jpg
2人プレイの様子。

DSCF5005s-.jpg
3人プレイの様子。

・コンポーネント
土地タイル(正方形)がたくさんあります。

また、騎士タイルもあるのですが、これは土地タイルの隣に配置するようにして使用します。

どっちのタイルも同じ大きさです。騎士タイルには辺の部分に何人の騎士がいるかを示す数字が書いてあります。これを回転させたり、裏返したりすることで、1~8人の騎士を表示します。上級ルールで登場する大公駒は木製キューブです。

このゲームの「欠点」だと私が思う点があって、それは得点の記録方法です。エル・グランデやマンハッタンにはボード上に得点トラックがあったんですが、このゲームにはボードが無いです。そこで、付属のメモ帳に点を書いて記録しろ、ということになっています。そういうのって、私は好きじゃないんですよね。好きじゃないので、自分の持っているチップを使って、私は点を記録するようにしています。

この欠点をうまく解消したゲームはカルカソンヌだと思います。

あと、もうひとつ、欠点があって、それは箱の大きさです。中身の量と比べて箱が大きすぎです!収納のことを考えると、もっと、ずっと小さい箱のほうがいいと思います。

・カードのサイズ
(44×66.5mm):40枚

・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
スポンサーサイト
[ 2012/06/30 03:06 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ヴィア・ロマーナ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5316s-.jpg

邦題:ヴィア・ロマーナ
原題:VIA ROMANA
作者:Christian Fiore & Knut Happel
メーカー:GOLDSIEBER SPIELE
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「ローマの道」という意味だと思います。おそらくラテン語でしょう。

・ゲーム内容の簡単な紹介
カードプレイに応じて駒を置いていき、勝利点を稼ぐ陣取りゲームです。ローマ帝国の街道づくりがテーマなのでしょうか。ゲームの舞台を表すボードはイタリア半島が中心…ではなく、フランス周辺辺りがメインになっています。

DSCF5318s-.jpg
ボードを広げてみました。フランス周辺の地図かな?

ローマにこだわるのならローマを中心にしてほしかったな~と感じてしまいます。

それはともかく!

カードを出し、そのカードに対応する場所に駒を置いていきます。おける駒は2種類あって、「砦」と「マイル標石」がそれです。

DSCF5313t.jpg
2人プレイ時のセッティングが終わった様子。

砦の場合は都市にしか置けず、置く場合は同色のカード2枚が必要です。マイル標石駒はカード1枚があれば置けますが、既に置かれている駒と連なるような置き方しか認められないです。

カードは最大で3枚まで使えます。もちろん0枚(全く駒を配置しない)というのもありです。カードプレイが終わったらカードを補充します。補充は2枚です。したがって、3枚置けるからと言って無茶ばかりしていると後で苦しくなるよ~ということです。3枚使えるのはここぞ!という場面にした方がいいでしょう。

DSCF5314s-.jpg
ゲーム中の様子。

都市やその間にある道路を表すマスの全てが埋まれば道路が完成ということで、点が入ります。点はタイル(得点が書かれています)を得ることで表されます。道路が完成すると「完成したよ」ということを表すマーカーを置きます。このマーカーがなくなったらゲームは終了ということで、ゲームの最中に得た得点の合計点の高いプレイヤーの勝利です。

DSCF5315s-.jpg
ゲーム終了時の様子。

・他サイトさまの紹介記事
Board Game Geek
play:game
ふうかのボードゲーム日記
[ 2012/06/23 03:56 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

いただき!

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4804s-.jpg

邦題:いただき!
原題:TAKE iT!
作者:Reiner Knizia
メーカー:Schmidt
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:15分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「それを取れ!」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
イッツマインと言うクニツィーア作のゲームがあるのですが、それのリメイクです。内容的にはかなり近いです(そりゃ、リメイクだからネ)。

親が山札から、カードを表向きにして、めくっていきます。ドンドンめくっていきます。このとき、場札が欲しいな~と思ったら、

「いただき!」

と言って、ゲームの箱を叩きましょう。

箱を叩く?スゴイ。そんなことをしたら、箱が傷んじゃうじゃないか!

しかし、そのようにルールには書いてあります。

いただき宣言が早い者が場札を自分のものにします。欲しい時に取れる。とてもいいですね。

しかししかし!

回数制限があります。
2、3人プレイ時は4回、
4、5人プレイ時は3回まで

取ることができます。

取った札は裏向きの山にして自分の手元に置いておきます。こうすることで、取った回数が分かるようになります。

山札が尽きたら、ゲームは終了になります。

DSCF4806s-.jpg
カードが4種類あります。
一番左が「最も多く集めた人が10点」、
次に左が「一枚だけで点になるカード」、
次に左が「同一カード2枚で、点になるカード」、
一番右側が「ジョーカー、単独の「ペア」になるカードにくっついて有効にするカード」
という風になります。

・3人以上でやってみた
(7)アブラハム:ルールはとても簡単なのですが、少しだけ点数計算が めんどくさいかも。デザインや色も優しい感じで子供達と遊ぶのに いい感じだと思う。

・コンポーネント
全てカードです。

・カードのサイズ
(59×91mm):77枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
[ 2012/06/16 03:38 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

あいうえおPLUS

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0693t.jpg

邦題:あいうえおPLUS
原題:あいうえおPLUS
作者:
メーカー:学研
プレイ可能人数:2~4
年齢:3歳以上
所要時間:-
形態:O
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
この「あいうえおPLUS」は、いろいろな遊び方ができます。

①ことばあつめ:2~4人用:ラミィキューブのように、タイルを6枚持ちます。場から1枚取り、不要な1枚を表向きにして捨てます。6文字が、言葉になれば、勝利です。
例:「いぬ」+「にわとり」で完成!手番に制限時間を導入した方が面白いと思います。
評価:◎

②ことばさがし:2~4人用:手番になったら、50音順に並べられた(並べなくても良いんだけどね)文字タイルから、3文字以上の言葉を作るようにします。だんだん文字が減ってくるので、だんだん苦しくなります。3文字以上の言葉が作れなかったら、負けです。
評価:◎

③しりとり:2~4人用:手番になったら、既にできている言葉の最後の言葉の最後の文字を最初の文字とする単語を作り、文字タイルを並べます。要するにしりとりなんですが、文字が減っていくのでだんだん苦しくなってきます。

④ことばならべ:2~4人用:クロスワードのようなゲームです。

⑤ことばづくり:2人用:ランダムに文字タイルを15個取ります。それを使って、とにかく単語を作るようにします。あまった文字については、交互に1枚ずつタイルを場から取っていき、単語を作るようにします。先に所持タイル全てを使い切った方が勝利します。

⑥ならびかえ:2人用:アナグラムです。制限時間を導入した方がハラハラ度がアップすると思います。

とりあえず、説明書に書いてあった遊び方は、以上の6通りです。

DSCN0692.jpg
みんな
ふくしま
福島県のキャッチコピー?

・コンポーネント
文字チップ46枚と台が4つあります。

・他サイトさまの紹介記事
play:game
Nagoya EJF
[ 2012/06/09 03:09 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

ジャングルの秘宝

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4427s-.jpg

邦題:ジャングルの秘宝
原題:Dschungel Schatz
作者:Robert Fraga
メーカー:HABA
プレイ可能人数:2~4
年齢:6~99歳
所要時間:10~20分
形態:O
重さ:軽い
要素:
技術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:
2009年ドイツゲーム大賞ノミネート
2009年ドイツゲーム賞4位



・原題の意味
「ジャングルの宝」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
5種類の試練を乗り越えてマヤ遺跡のお宝獲得を目指すゲームです。

DSCF4429s-.jpg
準備をしてみました。いろいろとパーツがありますが、ひとつひとつに意味があります。

宝の獲得と言っても実際にゲームの目標になるのは、カードです。カードを集めることがゲームの目標です。手番では、「心の中で」30秒を測らなければなりません。手番を30秒以内に終えないと、その手番は、徒労に終わってしまいます。

やることは、とりあえず、袋からガラスの宝石を引くことになります。このとき、引いてきた宝石の色の種類によって、いくつ試練をこなさなければならないかが決まります。

黄色:ラッキー!その宝石はそのまま貰えます。
緑:カードを1枚めくり、その試練を実行します。
赤:カードを2枚めくります。1枚ずつ試練をこなす必要があります。

試練をこなせば、そのカードを獲得できます。黄色宝石は、無事に手番を終えた場合に、2個で、カード1枚と取り換えます。

試練は、次の5種類があります。

水色:取った宝石を放り投げてキャッチします。

黄緑:寺院を建てます。これはまるで、メイクンブレイクみたいな感じです。

DSCF4432s-.jpg
カードにより試練が決められます。黄緑色の試練。実際に作ってみました。

オレンジ:タイルめくり。指定されたタイルだけを表向きに、それ以外は裏向きになるようにします。

DSCF4433s-.jpg
オレンジ色の試練。冒険者駒の周囲の置かれているタイルは、裏面は全部おんなじ柄ですが、表側はひとつひとつ異なる絵柄になっています。
今回は、「蛇」を探せとのことなので、タイルを一つ一つめくっていって、内容を確認し、蛇だけを表向きの状態にできれば試練は達成と言うことになります。

黄色:仮面を作ります。指定された宝石を袋から取り出し、カードの上に並べます。

DSCF4434s-.jpg
仮面を作る試練。これは比較的時間のかかる試練です。その分得点も高い。
仮面を作るとき、宝石と仮面の色を合わせる必要があるのですが、袋から、ドサーッと宝石を出せれば作るのは楽チンですが、それはルール違反です。
袋の中から取り出すのですが、その時、袋の中を覗けます。しかし取る手が邪魔で、袋の中が見えにくい!ので、適当に取るしかないのです。

緑:テーブル中央に置かれた冒険家駒を取ります。これは早い者勝ちで、手番以外のプレイヤーも参加します。

DSCF4435s-.jpg
緑の冒険者のカードが出たら、手番プレイヤー以外のプレイヤーも参加できます!
(だから、手番じゃないプレイヤーも気を抜かないように)。
これは早い者勝ちです。ゲームをプレイする前に爪を切っておきましょう。

30秒以内に手番を終えなければならないのですが、それは、手番の左隣の「ジャングルの番人」が砂時計で、手番プレイヤーに見えないように測ります。

手番プレイヤーは30秒以内に「ストップ」と言わねばなりませんが、30秒を過ぎた場合は、ジャングルの番人が「ストップ」と言います。この場合は、手番で得たカードは全く貰えなくなってしまいます。

各人が3回ずつ手番を行ったら、ゲームは終了です。


・2人プレイについて
(6)海長とオビ湾:2人でもほぼ変わらない印象。やる人のモチベーションにかかっています。

・3人以上でやってみた
(6)海長とオビ湾:童心に返って遊ぶことが大事なゲームですね。

・コンポーネント
カード、タイル、木製駒、寺院用積み木、ガラスの宝石、砂時計と、コンパクトながら、いろいろあります。

・カードのサイズ
(57×87mm):74枚

・他サイトさまの紹介記事
すごろくや
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
洋々雑記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
[ 2012/06/02 03:25 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX