2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 08









Top Page > 2012年07月

グーチョキパーゲーム

ボードゲーム・カードゲーム レビュー

邦題:グーチョキパーゲーム
原題:グーチョキパーゲーム
作者:関場 純
メーカー:ヒラメキ工房
プレイ可能人数:
年齢:-
所要時間:-
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
将棋やチェス、ガイスターのように、交互に手番を行い、勝利を目指す2人専用ゲームです。

DSCF4807s-.jpg
ボードです。木製。

DSCF4808s-.jpg
ゲームを始めるところ。初期配置が決まっていないところが、面白いところです。

実は、このグーチョキパーゲームと似ているゲームがあります。それは、ジャンケンプラスというゲームです。似ていますが、違います。


【グーチョキパーゲームとジャンケンプラスの比較】
王将の有無:
グーチョキパーゲームにはキング駒があり、これが勝利条件と絡んでいますが、ジャンケンプラスにはそういう駒はありません。

駒の動き:
グーチョキパーゲームはキング駒以外の駒は、前、斜め前、横が移動可能です。後退はできません。ジャンケンプラスは将棋の王将のような動きをします(つまり後退も可能)。
グーチョキパーゲームの駒の動きの例外は、キング駒です。キング駒はチェスで言うところのクイーンのような動きが可能で、後退もできます。

盤面:
グーチョキパーゲームは5×5の25マスです。ジャンケンプラスは組み換えが可能なようになっています。組み換えが可能ですが、一番基本になる盤面は6×6の36マスです。これが4つの正方形ボードに分かれています。

初期配置:
グーチョキパーゲームの初期配置は、独特です。プレイヤーが、同時に置く駒を決めて、それを「いっせいのせッ」で自陣に配置します。配置に自由さがあるのはいい点だと思います。ジャンケンプラスはルールに初期配置の図が描いてあります。グーチョキパーゲームの初期配置のルールをジャンケンプラスに取り込むことは可能です。

じゃんけんコマ取りゲームの考案:
グーチョキパーゲームのメーカーサイトを見てみると、「じゃんけんコマ取りゲーム」のルールが載っています。このルールでは私はプレイをしたことがないのですが、なかなか面白そうなルールです。このルールの考案は関場氏によるものと思いますが、このルールはジャンケンプラスにも適応可能です。



・コンポーネント
じゃんけんで使う「グー」と「チョキ」と「パー」の3種の駒があります。さらに、キング駒があります。裏面は、「ベクトル将棋」用の駒の動きを示しています。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。
スポンサーサイト
[ 2012/07/28 03:42 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

カエサル&クレオパトラ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6698s-.jpg

邦題:カエサル&クレオパトラ
原題:CAESAR & CLEOPATRA
作者:Wolfgang Luedtke
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:
年齢:10歳以上
所要時間:30~40分
形態:C
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
1998年ドイツゲーム大賞ノミネート
1998年ドイツゲーム賞8位
1998年ドイツ年間カードゲーム賞1位



・原題の意味
「CAESAR & CLEOPATRA」の意味ですが、「カエサル&クレオパトラ」です。そのまんまです。
箱の表面に、書かれている「EIN KARTENSPIEL FUER ZWEI」ですが、これは、「2人のためのカードゲーム」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
カエサルとクレオパトラ7世となり、勢力争いをする政治謀略ゲームです…。

DSCF6690ss-.jpg
プレイ風景1。

しかし、カエサルとクレオパトラ7世は仲が悪くない、というか仲が良いと思うんですよね。2人の子どももいるくらいですから。

クレオパトラ7世と決定的に対立したのは、カエサルの養子のアウグストゥスです。

けど、「アウグストゥス&クレオパトラ」じゃ、ごろが悪かったためでしょうか、クレオパトラとカエサルが対立することになってます。

ま、ゲームだからいいかって感じでしょうか。

ゲームの内容の方は、影響力カード、行動カードを用いて、元老院議院や高級官僚を自陣営に引きこみ、より強大な勢力を確立する、というものです。

DSCF6691s-.jpg
プレイ風景2。

・コンポーネント
カードのみですが、とてもイラストが美しく、上品な雰囲気のコンポーネントです。

・カードのサイズ
(47.5×105mm):135枚

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
[ 2012/07/21 03:28 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

シャーフェ・シュナッペン(羊ひったくり、羊強奪)

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6087s-.jpg

邦題:シャーフェ・シュナッペン
原題:SCHAFE SCHNAPPEN
別名:羊ひったくり
別名:羊強奪
作者:Michael Schacht
メーカー:Schmidt
プレイ可能人数:2~4(2~5?)
年齢:6歳以上
所要時間:15分
形態:O
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
サイコロを振って得点である羊タイルを得ることを目指すゲームです。
サイコロを振り、その出目の指示に従うようにします。中にはマイナスになる出目もあるので、まだまだ突っ込むのか、それともドンドン勝負を仕掛けるかの見極めが重要です。

DSCF6088s-.jpg
付属のサイコロと得点タイル。

箱を見ると、「2~5人」で遊べるかの記述があります。しかし説明書では4人まで、となってます。ちょっと間抜けなミスですね。

・コンポーネント
簡単なゲームにふさわしく、用具が少ない。「羊」・「狼」ではなく、「札束タイル」を奪い合うゲームの方がよりギャンブルらしくて熱くなるように感じられるが、このゲームはテーマ性はあまり重要ではないので、この辺りは好みの問題であろう。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
[ 2012/07/14 03:58 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)

大勝負

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5268s-.jpg

邦題:大勝負
原題:Hub & Gut
作者:Carlo A. Rossi
メーカー:Winning Moves
プレイ可能人数:3~5
年齢:10歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味
「巻き上げと財産」って感じだと思います。

・ゲーム内容の簡単な紹介
とてもシンプルな株ゲームです。

DSCF5259t.jpg
ゲームスタート時の様子。株価は一直線です。

まず、株の売買をします。このときに、「売り」と「買い」が混じっていてはダメです。買うときは買う、売る時は売る、そのあたりはハッキリさせましょう。

買うのなら、3株までですが銘柄が自由に選べます。売る時も3枚までという制限があります。

全員の売買が終わったら投資をします。

DSCF5306s-.jpg
投資ボード。これは各人が持って投資に関してこのボード上で管理します。

投資というのは婉曲な表現ですので、もう少し分かりやすい表現をすると「足切り予防資金」ということです。

この投資が株を1枚自分のボード上に裏向きに置くことで表します。

ゲーム終了時に投資額を比較して最も安い人はゲームから脱落になってしまいます。それを防ぐ意味でもある程度は投資を弾む必要があるのです。

投資についても全員が終わったら、今度は株価の変動を行います。

DSCF5305t.jpg
株価表示ボード。横長です。

このゲームは、株を上げる、下げるを操作するカードがあるのです。

このカードは、「右」と「左」に分かれています。全員がそのように分かれているのです。そして、「右」のカードは右隣と共有していて、「左」は左隣と共有している…ということなのです。

株価の操作では右から1枚、左から1枚プレイします。この操作カードなんですけど、全部偶数です。プレイされた2枚のうち、1枚は効果が半減になってしまうのです。この効果半減もうまく活用しましょう。

これでラウンドが終了です。4ラウンドが終わったら前半終了。さらに4ラウンドが終わったら後半も終了です。

ゲーム終了時に、足切りチェックをして無事でいること(投資額がペケでなければセーフ)と、無事な人たちの間で最もお金持ちになることでゲームに勝つことができます。

DSCF5294t.jpg
ゲーム終了時の様子。当然ながら株価はバラバラです。

・2人プレイについて

大勝負非公式2人用ルール(カバレロ考案)

概ね通常ルールに従いますが特に異なる部分について書きます。

ゲームの準備
・カードホルダーを4つ使います。一つをプレイヤーAのものとし、一つはプレイヤーBのものとし、一つは中立Xのものとし、一つは中立Yのものとします。
・株価カードを裏向きにしてよく混ぜ、各プレイヤーとYに4枚ずつ配ります。Yのカードは裏向きにしてカードホルダーに挿し、両プレイヤーともそれの内容を見てはいけません。Xに8枚の株価カードを置くようにします。こちらはYと異なり両プレイヤーが見えるようにします。各プレイヤーのホルダー(AとB)のカードは、各人だけが見れるようにし、相手には見られないようにします。
・ダミープレイヤー用に1枚の投資ボードを用意します。人間プレイヤーは通常通りです。
・ダミーのボード上に3枚の株価カードを裏向きにして置きます。このカードはどれくらいダミープレイヤーが慈善投資をしているか示しています。

図:AとBとXとYのイメージ(作成:やおきんさん)
oosyoubu_09.jpg

株価の変動
・自分のホルダーから1枚、Xから1枚、計2枚を選びカードの指示に従います。ただし2枚のうち1枚は半分の効果になります。両プレイヤーが1回ずつ株価を変動させたらYからランダムに1枚を引きその指示に従います。Yのカードの効果は半分にはなりません。

前半の終了と後半の開始
・ホルダー上の全てのカードが尽きたら前半終了です。ダミーがどれだけ投資しているか明らかになります。ダミーに置かれているカードはプラスとマイナスの数値が書かれていますが、数値は関係ないです。数値に関わらず、そのカードの種類の株を時価で投資しているとみなします。
例えば「ゴム、マイナス2」、「ゴム、プラス4」、「塩、マイナス4」がダミーのボードに置かれているのなら、ダミーがゴム2枚の株と塩1枚の株を現金化しダミーの投資ボード上の大きなマスに置きます。
・全ての株価カード(捨て札含む)を裏向きにしてよく混ぜ、両プレイヤーとYに4枚ずつ、Xに8枚配ります(ゲームの準備の時と同様)。
・ダミーのボード上に3枚の株価カードを裏向きにして置きます。このカードはどれくらいダミープレイヤーが慈善投資をしているか示しています。

ゲームの終了と勝者
後半が終わったらゲーム終了です。全プレイヤー(ダミー含む)は後半で投資した株券を現金化し投資ボード上に置きます。
ここでお金のマスに置かれている現金がダミーよりも少ないプレイヤーは勝利できません(2人とも敗北してしまう可能性もあります)。ダミーよりも多額の投資をしていて、かつ、手持ちの株券を現金化し最も所持金の多いプレイヤーの勝利になります。



・コンポーネント
株価を表す駒や、スタートプレイヤーマーカーが木製でとても立派です。スタートプレイヤーマーカーはシルクハット型なんですね。これをひっくり返すと、エル・グランデG&Kの異端審問官とちょっと似ているな~と思いました。

木製のカードスタンドがあるのですが、他のゲームをやるときに使えるような汎用性のあるスタンドではないですね。

・カードのサイズ
(45×65mm):114枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
[ 2012/07/07 03:28 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX