2015 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 04









Top Page > 2015年03月

地獄の釜

130922_1529~01
「地獄の釜」のプレイ風景。

地獄の底で、黒い石炭(?)チップを捲っていき、とにかくお金を稼ぐゲームです。

(ゲーム背景の説明が雑で申し訳ない)

プレイの冒頭で、『一番たくさん捲れる人はどの程度捲れるでしょうか??』と言うことに関して、

「俺は200は捲れると思うぜ!」

みたいなことを想像し、それを手元の資金(お金チップです)で握り、一斉公開します。これが当たったら賭け金と同額が得られるのでもちろん高いビッドの方が良いのでしょうか?外れてしまったら賭け金は失われます。したがって、堅実に行こうと思うなら安いビッド、大きく博打をしようと思うなら高いビッドをしましょう。

賭け金が定まったら、実際に石炭チップの捲りをします。石炭チップはボード上中央にかためて伏せて置かれています。これを1枚ずつ捲っていくのです。大体は数値が書かれています。この数値と賭けの高さは言うまでもなく関連付けられています。しかし、石炭の中には 悪魔 が潜んでいて、この悪魔は「坊主捲り」での坊主のようなチップなのです。

賭けに勝てばお金が得られ、さらに最も高いポイントの石炭を叩き出したプレイヤー、また、石炭チップの枚数をたくさん捲れたプレイヤーにはボーナスがあります。

運の要素が強いですが、大人数で簡単に盛り上がるゲームです。コンポーネントがなかなか豪華ですね。
スポンサーサイト

VIVA!ココノッツ

DSCF7402s-.jpg
箱です。おサルチップとおサルカード。カードで競り勝てばチップが置けるでしょう。

DSCF7396s-.jpg
このゲームの登場する9本のココナッツの木。ここを占領するゲームです。占領するとき、タテヨコナナメのいずれかでビンゴになると勝つ!3目並べなんですが、ココナッツの木を占領するためにはカードを使って競り勝たねばなりません。つまり一種の競りゲームです。

DSCF7399s-.jpg
手札になるおサルカードは10種(1~10)ありそれが混ぜられて引かれます。引く札は3枚。3枚のうち1枚をプレイします。一斉のプレイで一斉の公開。これで競り勝てばココナッツの木を占領できます。しかし!

なんと同点になってしまうとバッティング、ということでせっかくのおサルカードが無効になってしまうのです。残念!

DSCF7401s-.jpg
ココナッツの木にはいろいろ種類が描いてあります。種類はアイコンで描いてあります。2番目に強い方が勝つとか、捨て札を拾ってきて勝負とか・・・・どういう種類のココナッツの木で勝負すればより勝利に近づくか・・・・カードプレイだけではなく勝負の場となるココナッツの木の選択から勝負なのです。
FX