2015 051234567891011121314151617181920212223242526272829302015 07









Top Page > 2015年06月

くだものあつめ

1432382434548s-.jpg

くだものあつめ は、果物カードを集めることで、「役」を作ることを目指すゲームです。

とにかく果物カードを集めねば!果物カードを集めることで、ニコニコセット、バラエティーセットなど、4つある役のうちいずれかを達成できれば勝利になります。

果物カードを集めるにはまずは金です。お金を貯めて果物カードを買いましょう。このゲームのお金は、果物の種(駒)と同一なのですが、特に家カード上に置かれている種がお金という扱いになります。どうすればお金を貯められるのでしょう?

このゲームの基本的なアクションは、コースを形成するカード上に置かれている種をゴソッと掴み、それを時計回り方向に1枚1枚のカード上に置いていくこと。こうすることで駒の再配置ができます。この再配置を通じて自分の置きたい場所に駒を置く、ということに近づくはずです。というか近付けねばなりません。

この種の再配置ですが、「種まき」と呼ばれます。種まきの最後のマス(カード)の事を「ターゲット」と呼びます。

ターゲットに至ったなら次の2つのアクションのうち一方を行います。

A.補充
B.購入

A.補充の場合。果物カードにはいくつかの果物が描かれています。例えばイチゴならば3粒描かれています。ここで補充ならば、種のストックから3個をイチゴカード上に移します。

B.購入の場合、ターゲットと同種の市場にあるカードを買えます。市場にはアイコンで値段が描かれているので分かりやすいですね。購入の場合に家カード上に置かれているお金を支払いに充てましょう。

また、ターゲットが家カードの場合は、AアクションもBアクションも行われず「再手番」となります。手番が増えれば、より手を加えられますからこの再手番を多くこなすのも戦術的に正しいと思います。


家カード上に種まきを通じてお金を貯め、自分の狙ったターゲットを設定し、役を揃えるべく市場から果物カードを購入しましょう!
スポンサーサイト

星の王子さま ボードゲーム

DSCF7106s-.jpg

私は読んだことがありませんが、「星の王子さま」という絵本があるらしいです。その絵本の世界観を持ったボードゲーム、それがこの星の王子さまボードゲームです。

3・4人ルールと2人ルールではタイルの取得方法が異なります。

3・4人ルールだと、まず最初のプレイヤーが人数分タイルを並べ、そのうち1枚を取り、さらに次に選択権のあるプレイヤーを指名します。指名されたプレイヤーはタイル1枚を取り、次の選択権を持つプレイヤーを指名し・・・・とそんな感じでゲームは進行します。

2人プレイでは、手番プレイヤーは3枚のタイルを取り、内容を確認したのち、2枚を表向き、1枚を裏向きで出し、相手に先に選ばせ、自分は残りの2枚のうち1枚を取るようにします。余った1枚は捨てタイルになります。

DSCF7101s-.jpg
こんな感じで・・・・

DSCF7102s-.jpg
こんな感じで星が出来ます。

星の周りの空間にいる4人は、星がどのような状態で得点になるかを表しています。

この4人と星の状態によって得点が決まり、得点の多いプレイヤーが勝利するのです。
FX