2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05









エルタイルズ(新版)

DSCF7187s-.jpg
箱です。

DSCF7189s-.jpg
L字型のタイル。これがこのゲームの重要なコンポーネントです。

DSCF7190s-.jpg
プレイ風景。

エルタイルズの「新版」となってますが、旧版と比べて何が違うのか?ルール上の違いはほとんどありませんが、拡張ルールとなる特殊タイルが入ってます。これが旧版とのルール上の最大の違いです。

ルール上の変更はあまり見られませんが、ゲームの用具はパワーアップしています。このゲームの主要コンポーネントであるL字型タイルも、得点表示用チップも、おそらく萬印堂さんの印刷物だと思いますが、さすが、萬印堂さんです。しっかりしたいい作りになっており、L字タイル裏面も、プレイヤーカラーになってますのでゲームの準備、あるいはしまう時に楽になっているポイントです。

旧版のときは得点チップはおまけ的位置づけで、ユーザーが工作して作る部分があったのですが、今回のバージョンでは既に用意されており、その点だいぶ楽です。

ルール的には旧版と大きな変化はありませんが、ここで改めてエルタイルズについて簡単にルール説明をしましょう。

タイルホルダー(L字タイルを手元に保持するためのホルダー)に5枚のタイルを用意します。これが「手札」になるのです。プレイヤーは手番になったら手札から1枚を選択し、テーブル上に既に並べられているタイルと繋がるように(斜め繋がりはダメです)配置し、ストックからタイル1枚を取り、それを自分のホルダーに移します。

プレイヤーがやることの説明はこれでほとんど全てです。ルールが簡単ですね。

タイルをテーブル上に並べてどうするか?それは、

ボチボチな広さのエリアを作る!

ということです。自分の色マスの数が10丁度が一番高い得点になります。広ければ良いかというとそうではないところがミソですね。

あと、自分の色のシンボルをできるだけ繋げて、4マス繋がるように並べるのも得点になります。

自分のカラーは適度な広さになるように、敵のエリアは広すぎるように、あるいは狭すぎるように。あとシンボルを並べることも気にかけるようにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX