2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05









ギャンブラー

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4637s-.jpg

邦題:ギャンブラー
原題:GAmBLeR
作者:
メーカー:FX
プレイ可能人数:2~6
年齢:12~99歳
所要時間:30分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「賭博師」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
サイコロを振って、チップを稼ぐゲームです。

DSCF4642s-.jpg
振る時は気合いだッ!気合いだッ!!気合いだッ!!!

まずドッサリ入っているサイコロをプレイヤー間で均等に割り振ります。このサイコロをボード上に置くことが得点につながるでしょう。

ボードには、サイコロを置く列が描かれています。

プレイヤーは手番でサイコロ5個を振り、最低でも1個はボードに置かなければなりません。

列は複数あるのですが、左端からサイコロを置くようにします。

もしも、列の最も右側に配置するとチップが貰えます。

しかし中にはマイナスの列もあるので注意しましょう。

サイコロをボード上に置けたのなら手番を連続で行うこともできます。

DSCF4643s-.jpg
あと並べることが可能なのは、1の目と、6の目のみの状況。
特に、6の目は、90点獲得なので、うまみがデカい!

このゲームにはボードがたくさん入っていて、それが裏表、どちらの面も印刷されていて遊べるようになっています。1つのボードがサイコロが置ききられたら次のボードに移り・・・という感じで次から次へとボードをこなしていきます。新しいボードに挑む直前のタイミングで、前のボードに置かれていたサイコロを一掃しそれらを均等に再配分します。

ボードが終わったタイミングで誰から500点以上になっていたらゲームが終わり、最も点の高い人の勝利です。

テンプテーション、ロイヤルカジノというゲームがあるんですが、このゲームのリメイク作です。

・コンポーネント
リバーシブルなボードが10枚あります。サイコロ30個、ダイスカップ、チップ65枚です。

DSCF4640s-.jpg
箱の内部。黄色いコインは、沢庵みたいです。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
海長とオビ湾のカジノロワイヤル(ロイヤルカジノ)
スポンサーサイト
[ 2012/04/28 03:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX