2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08









くだものあつめ

1432382434548s-.jpg

くだものあつめ は、果物カードを集めることで、「役」を作ることを目指すゲームです。

とにかく果物カードを集めねば!果物カードを集めることで、ニコニコセット、バラエティーセットなど、4つある役のうちいずれかを達成できれば勝利になります。

果物カードを集めるにはまずは金です。お金を貯めて果物カードを買いましょう。このゲームのお金は、果物の種(駒)と同一なのですが、特に家カード上に置かれている種がお金という扱いになります。どうすればお金を貯められるのでしょう?

このゲームの基本的なアクションは、コースを形成するカード上に置かれている種をゴソッと掴み、それを時計回り方向に1枚1枚のカード上に置いていくこと。こうすることで駒の再配置ができます。この再配置を通じて自分の置きたい場所に駒を置く、ということに近づくはずです。というか近付けねばなりません。

この種の再配置ですが、「種まき」と呼ばれます。種まきの最後のマス(カード)の事を「ターゲット」と呼びます。

ターゲットに至ったなら次の2つのアクションのうち一方を行います。

A.補充
B.購入

A.補充の場合。果物カードにはいくつかの果物が描かれています。例えばイチゴならば3粒描かれています。ここで補充ならば、種のストックから3個をイチゴカード上に移します。

B.購入の場合、ターゲットと同種の市場にあるカードを買えます。市場にはアイコンで値段が描かれているので分かりやすいですね。購入の場合に家カード上に置かれているお金を支払いに充てましょう。

また、ターゲットが家カードの場合は、AアクションもBアクションも行われず「再手番」となります。手番が増えれば、より手を加えられますからこの再手番を多くこなすのも戦術的に正しいと思います。


家カード上に種まきを通じてお金を貯め、自分の狙ったターゲットを設定し、役を揃えるべく市場から果物カードを購入しましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX