2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









ローゼンケーニッヒ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4584s-.jpg

邦題:ローゼンケーニッヒ
原題:ROSENKOENIG
作者:Dirk Henn
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:
年齢:10歳以上
所要時間:30~40分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■
幸運不運■■■■

受賞歴:-


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「ROSENKOENIG」の意味ですが、「薔薇の王」です。カッコイイですね。直訳ですが、これを邦題にしてくれてもいいぐらいカッコイイですね。
箱の表面に、書かれている「DORNIGE FEHDE FUER ZWEI」ですが、これは、「2人のための刺のある闘い」という意味です。これまたカッコイイですね。

・ゲーム内容の簡単な紹介
コスモス社の、2人用ゲームシリーズの一つです。薔薇戦争をテーマにした、ややアブストラクトな雰囲気の陣取りゲームです。

薔薇戦争(Wars of the Roses)とは、1455~1485年のイングランドにおける、ランカスター家とヨーク家による王位争奪戦を中心とした、封建貴族間の内乱のことです。 ランカスター家は紅バラを、ヨーク家は白バラを徽章として闘ったので、薔薇戦争といいます。この戦争で結局、ランカスター派のヘンリー=テューダーが、王位につき(ヘンリー7世)、ヨーク家のエリザベスと結婚し、封建貴族の勢力が弱まりました。イギリス絶対主義王政のはじまりです。

勝つためには、運も結構必要です。
結局、手札の中からやることは選択されるので、ほどほどに軽くプレイできます。

DSCF4583s-.jpg
移動カード。このカードを使って、王様駒を縦横斜めに動かします。

DSCF4582s-.jpg
イザというときに役に立つ戦士カード。枚数制限あり。

DSCF4574s-.jpg
ゲーム終了時の盤面。

DSCF4578s-.jpg
雰囲気がお洒落なんですよね。

・2人プレイについて:

やおきんによるゲームの面白さ評価:
やおきんによるゲームに対するコメント:
初プレイ、3回目の手番ぐらいで「おもしろ!」と思いました。公開された手札カードで移動先を決めるので、それほどガチガチになることもなく、かといって読みが全く要らないわけでもなく初心者から上級者までそれぞれの楽しみ方が出来る印象です。

個人的にはある程度持ち時間を決めてサクサクっとプレイするのが良いかなと思いますが、紅茶でも飲みながらゆっくり熟考してプレイするのも良いかもしれません。

オセロだと物足りず、将棋やチェスだと重い、と思う人にピッタリではないでしょうか。
(2009年6月11日)

ぐりによるゲームの面白さ評価:
ぐりによるゲームに対するコメント:
軽いプレイ感ながら戦略的な陣取りの攻防が楽しめる。地図(ボード)も美しくて雰囲気がいい。

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
コンポーネントが綺麗でなんか おしゃれなゲームだと思いましたw
ゲームシステムは好きなアブストよりなのですが 引くカード運が悪いと動けなくなってしまったりするのが 少し残念でした。

・コンポーネント
とても上品な雰囲気のコンポーネントです。
領地を示す駒(リバーシブルで、紅白の薔薇を表してます)、王冠駒は木製です。カード、ボードともに美しく、渋く、大人の雰囲気です。

・カードのサイズ
(44×67mm):32枚

・BGM
ヴィヴァルディの「調和の幻想」。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
操られ人形館
洋々雑記
浅く潜れ!
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 22:56 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX