2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12









ドラゴンの宝石

IMG_20150913_172552s-.jpg
箱です。やや大きめの箱です。

ドラゴンの宝石はドラゴンの財宝をくすねて逃げ帰ろう!というボードゲームです。

IMG_20150913_173045s-.jpg
ゲームの準備完了!

プレイヤー人数に関わらず7体の冒険者駒を用意します。そして『応援する冒険者カード』を1枚コッソリ引きます。ここに描いてある3名の勇者こそプレイヤーが密かに応援する贔屓の冒険者なのです!つまりそれ以外の冒険者はどうなろうと知ったこっちゃねーぜ!という訳です。

プレイヤーは特殊サイコロを振り出目だけ冒険者(自分の冒険者だけが選択肢とは限らない)を進めます。そうしたら動かしたばかりの冒険者駒は部屋の暗がりに置きます。動かせる冒険者とは部屋の明るい部分にいる冒険者のみなのです。

でも部屋の暗がりでも動かせる目があります。それが 2 です。

原則的に明るい部分にいる駒のみが動かせる、自分のも他人のも。
例外的に 2 の目が出ると部屋の暗がりにいる駒を動かせる。

こうして、7人の冒険者全てが暗がりに入ったら一旦ゲームの進行が止まります。ドラゴンの追跡が始まるのです!ドラゴンはダンジョン一番奥のドラゴンの巣にいます。最初のラウンドだけは1歩前進ですが原則的にドラゴンは5歩前進するのです。もしドラゴンが冒険者のうち1体に追いついたならその冒険者を食べ(?)ドラゴンの進撃はそこでストップになります。

こんな感じでゲームを進め、誰かがダンジョンから外に出るか6人の冒険者が食われたら決算になります。

冒険者たちは同じマスには居れませんから順番がキッチリ決まります。順番に応じて得られる勝利点が決まります。さらにダンジョンを行く途中で宝石のマスに止まれば宝石ゲットの得点(宝石1個につき1点)があります。

ゲームは前半後半があります。前半が終わったならボードを裏返し、裏面でゲームを進めます。裏面は表面とは少し異なる感じです。

IMG_20150913_175043s-.jpg

自分の正体はヒミツなんですが、もちろん応援をせねばなりません。また誰かをわざと罠などに嵌めるときは、相手プレイヤーが担当(と思われる)冒険者を差し出しましょう。こうして自分の冒険者は密かに応援し、他プレイヤーの冒険者は殺し、途中の財宝をガッチリ拾いましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX