2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08









アクワイア

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4359s-.jpg

邦題:アクワイア
原題:ACQUIRE
作者:Sid Sackson
メーカー:AVALON HILL & Hasbro
プレイ可能人数:2~6
年齢:12歳以上
所要時間:-
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1979年ドイツゲーム大賞ノミネート
1993年ドイツゲーム賞5位



・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「ACQUIRE」の意味ですが、調べましたところ、「得る;習得する」と辞書に出てました。
私が所有しているアクワイアは、ハスブロ社版なのですが、箱の表面に、「THE GAME OF CORPORATE ACQUISITIONS」と書かれています。これは、「会社の獲得のゲーム」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
これは、比較的有名なゲームなんじゃないでしょうか。ホテルの吸収合併により、合併された会社の筆頭株主は収入を得、次席株主は筆頭株主の半分の収入を得ていくことにより、資産を増やしていくゲームです。

DSCF4362s-.jpg
ボードです。プラスチック製。

ルールは比較的シンプルで、勝つためには戦略性と、ほどほどの運が必要とされるゲームで、運と戦略のバランスがいいです。このゲームは、4人以上が最も面白いんじゃないでしょうか。

DSCF4363s-.jpg
株式カード置き場。

DSCF4367s-.jpg
これはゲーム中盤の様子。

DSCF1612t.jpg
2008年4月のプレイの時の様子。

・お金、持ち株について:
このゲームを遊ぶ時、プレイヤーの所持資金や所持株数を公開情報にしていますか?私は、友人から「プレイヤーの所持資金、株は公開情報とする」というルールを教えてもらいました。play:gameで公開されている和訳ルールを読んでみたのですが、この点は公開か・非公開か明示されていませんでした。これは公開という方が記憶ゲームの要素を減らし、戦略性が増すと思います。そういう訳で、公開してやる方がおススメです。

・2人プレイについて:
2人でも、プレイは可能ですが、2人プレイ時の特別ルールというものがあります。
2人プレイ時の特別ルールは、筆頭株主と次席株主を決定するとき、すなわち、ゲーム中にホテルチェーンの合併が起こったときと、ゲーム終了時の資産の清算の時に適用されます。それ以外では通常ルールどおりです。
2人プレイ時の特別ルールの内容は大体次のようなものです。

筆頭株主、次席株主が誰かを決定するに際し、実際には存在しない「仮想のプレイヤー」を想定します。そして、伏せられているタイル(ホテルをあらわすタイル)から、ランダムに1枚ひきます。引かれたタイルに書かれてある数字を「仮想のプレイヤー」の所有株式の数とします。

例えば、「9F」のタイルが引かれたならば、「仮想のプレイヤー」の所有株式の数は9であるということになります(株式の総数が、25と一致しているかどうかは、この際ゲームには関係ありません)。ここで、実際にプレイをしている2人と「仮想のプレイヤー」の三者の所有株式数を比較します。そして、最も所有株式数が多いプレイヤーが筆頭株主、次いで所有株式数が多いプレイヤーが次席株主として、ボーナスの収入を得ます。ゲーム終了時の資産の清算の時にも同様の方法で、筆頭株主と次席株主を決定します。

「仮想プレイヤー」が筆頭株主か、次席株主ということになり、ボーナス収入があった場合、その収入は、単に銀行で保有されることになります。つまり、「仮想プレイヤー」に収入があったからといって、紙幣を実際に銀行からどこかに移動する、ということはないのです。筆頭株主、次席株主の決定が終了したあと、「仮想のプレイヤー」の所有株式数を決めるために引いたタイルは再び伏せられて、元の場所に戻し、伏せられているタイルをよく混ぜます。

以上が2人プレイ時の特別ルールの内容です。

・3人以上でやってみた:

シヴによるゲームの面白さ評価:10
シヴによるゲームに対するコメント:
吸収されて株で儲けた時、もの凄い楽しい。前々から気になっていたが、予想以上の面白さだった。

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
古典的なゲームで旧版はコンポネントも素晴らしいが、なぜだろう…相性の問題かなぁ。

・コンポーネント
ボード、タイル、チェーンマーカーはすべてプラスチックです。チェーンマーカーは色鮮やかで、立体です。これのおかげで、見た目が派手で、なかなか見栄えのするゲームとなってます。また、このチェーンマーカーには高さにランクがあり、それは株価と対応してますので、非常にゲームが分かりやすくなってます。

・カードのサイズ
(52.5×73mm):175枚(株券カード、ハズブロー版)

・BGM
Can't buy me love


・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
洋々雑記
スポンサーサイト
[ 2011/01/01 20:02 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX