2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05









ブラフ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF4396s-.jpg

邦題:ブラフ
原題:BLUFF
作者:Richard Borg
メーカー:Ravensburger
プレイ可能人数:2~6
年齢:12~99歳
所要時間:30分
形態:B
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1993年ドイツゲーム大賞
1993年ドイツゲーム賞4位



・原題の意味
「BLUFF」の意味ですが、「ハッタリ」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
サイコロ(6面体ダイス。6の代わりに☆の目がある)を5つ、ゲームの準備段階で受け取ります。

DSCF4399s-.jpg
サイコロ、ドサーッ!あとカップがあります。

このダイスは、ゲームの進行に伴って減っていきますが、1つもなくなってしまったプレイヤーはゲームから脱落します。1人だけ、脱落せずに生き残ったら、そのプレイヤーの勝利でゲームは終了します。

DSCF4398s-.jpg
ボード。折りたたまないボードです。

このゲームでやることは、まず、自分のサイコロをカップの中で振ります。出目が確定したら、どの目がいくつあるか予想します。

例えば、
「今回は3の目は多いな……」
ということが分かったら、
「3が全体の中で10個ある!」
といった感じで、手番が来たらコールします。

コールは、前のプレイヤーより、サイコロの出目を大きくするか、サイコロの数を増やすようにします。

コールを繰り返していくと、やがて限界に達します。
「そんなにあるはず無いじゃん……」
と思われたら、勝負です。「そんなにあるはず無い」と思ったプレイヤーは
「チャレンジ!」
を宣言します。

ここで、全員の伏せられていたカップが開けられます。ここでコールが正しいかどうかチェックします。

コールが正しければ、正しいサイコロの数と、コールされたサイコロ数の差の数だけ、チャレンジしたプレイヤーの手元のサイコロを、ボードの戻します。

もしチャレンジが正しければ、やはり正しいサイコロの数とコールされたサイコロ数の差の数だけ、コールしたプレイヤーの手元のサイコロをボードに戻します。

もし、コールと、正解のサイコロの数がピッタリ同じだった場合は、コールしたプレイヤー以外の全員が1個ずつサイコロをボードに戻します。

この様にして、手元のサイコロが減っていき、最後まで生き残ったプレイヤーの勝利となります。

DSCF4401s-.jpg
プレイ風景。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
本日唯一優勝できたのはこのゲームだけだった~。はったり系ゲームの緊張感はイカスわ!

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
2回目に一人だけ真っ先にサイコロが無くなったのは悲しかった。コンポーネントのせいか、博打っぽい雰囲気。面白かったです。

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
騙し合いが楽しいです。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
負ける時は、一気に負ける?

・コンポーネント
サイコロがとにかくドッサリ入ってます。ブラフ用の特殊ダイスです。☆の面はいわば、ワイルドの目です。どんな数字の代用にもなります。ですので、1の目の出る確率は、通常ダイスですと、1/6ですが、このゲームだとその倍、1/3になります。☆の目の出る確率は1/6です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
かゆかゆさん考案のヴァリアント
メビウスゲームズ
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/11/29 20:50 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX