ボーナンザ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0224.jpg

邦題:ボーナンザ
原題:BOHNANZA
作者:Uwe Rosenberg
メーカー:AMIGO
プレイ可能人数:3~5
年齢:12歳以上
所要時間:45分
形態:C
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
1997年ドイツゲーム大賞ノミネート
1997年ドイツゲーム賞5位
1997年ドイツ年間カードゲーム賞1位



・ゲーム内容の簡単な紹介
畑に豆を蒔いていき、それを収穫してお金を得るゲームです。

このゲームの特徴は、手札の順番を入れ替えられない、という点です。これは、「鉄の掟」です。プレイヤーは手に持っている豆カードを、自分の豆畑に蒔くのですが、蒔く順番を変更できないのです。

豆畑の広さには限りがあります(通常は、2種が植えられます)。新種の豆を蒔くときに、畑が一杯でふさがっている場合、すでに蒔かれている豆を無理やり収穫しなければならないのです。こういった無理な収穫は、このゲームにおいて大抵不利益なものです。

このような事態を避けるために、手番のプレイヤーは交渉により、他プレイヤーと豆の取り引きが自由に出来ます。ですので、交渉力がこのゲームに勝つための要素として最も重要です。ただ、このゲームの交渉は、非常に友好的な雰囲気で行われることが多いです。交渉に慣れていない人でも安心してプレイできるゲームです。交渉ゲームの入門用としていいかもしれません。

DSCF6213s-.jpg

・2人プレイについて:
このゲームの箱や説明書を見ますと、3~5人用と書かれています。しかし、このゲームはその気になれば、2人でも、プレイは可能です。
2人用ヴァリエーションルールが3つありますので、ご紹介いたします。

その1(カバレロ考案)
両プレイヤーとも最初から豆畑を3つもってプレイします。それ以外の特別ルールはありません。このヴァリエーションですと、当然ながら、交渉の相手となる人物は、お互いにとって1人しかいません。ですから、互いに利益になる交渉を繰り返すことになります。まるで協力プレイのような感覚です。これは、ある意味とってもいいです。私の場合ですけど、バベルのような、お互いを激しく攻撃し合うゲームをしたあとに2人ボーナンザをやります。そうすると、とても心が和みます。癒し系ゲームとしてお薦めです。

その2(kubota@盛岡様考案)
手番の最初に手札より植える時に1枚目は強制植えですが2枚目以降も1枚植えの畑を収穫しない限りにおいて何枚でも続けて植えることができるというものです。こうすると手札の回転が良くなるので手番の最後に3枚ひくのを最低2枚、もしくは手札5枚になるまでに変更します。ちなみに畑は2つ固定とします。このヴァリエーションルールも癒し系です。その1より、テンポがいいです。

その3
用具:Gartenbohnenを除いた基本セット
コスト:3番目の畑は3ターラー
終了:最初の山がなくなったら終了
手番は4フェーズからなります。
1.相手プレイヤーが植えなかった場に出ているカードを自分の畑に植えるか捨て札にします。
2.手札の一番前のカードを植え、植えたければ次のカードも植えます。その前後に手札から好きなカードを場に出すことができます。
3.山札から2枚引いて場に出します。ここで場に出ているカードから好きなだけ自分の畑に植えます。植えなかったカードはそのままにしておきます。
4.カードを2枚引いて手札に入れます。
ルール拡張
・3で引くカードを3枚にします。そこで捨て札にある1番上のカードがこの3枚のいずれかと同じである限り、場に戻します。
・3番目の畑は自分の番にだけ購入できます。畑を購入するターラーとして使ったカードはゲームから取り除きます。

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
その3ルールでやってます。不要なカードを捨てられるヴァリアントはいいですねえ!2人でもとても楽しいです。

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
ふたりでも結構面白いです。うまく豆を育てて、収穫できた時の楽しさはやみつきになるかも(笑)

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
交渉ゲームはやはり2人でプレイすべきではないのでしょうか?ボーナンザの良さがまったく見受けられませんでした・・・。

・3人以上でやってみた:

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
手札ソートなしのルールがCoolですよねえ。のんびり感がとってもいいです。勝ち負けよりもゲーム中のやりとりがとってもステキな、どなたにでもおススメできる最良のカードゲーム。幼稚園の年長さんなら十分プレイできます。私は10マメや12マメが好き。

ふくちによるゲームの面白さ評価:
ふくちによるゲームに対するコメント:
(コメントはありません)

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
交渉が楽しい。最初のうちは『18豆をあげるから16豆ちょうだい』などですがそのうち『その豆をもらってあげてもいいよ』とか『○豆をくれたらその豆ももらってあげるよ』など、なれるとともにだんだん交渉のバリエーションが増えてくるのが楽しいです。交渉は個性がでて面白いです。
(2009年4月10日)

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
ぬるい!ぬるすぎる!!

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
我々では馴れ合いになってしまうので、もっと意地悪なほうが面白いでしょうね。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
マイナスになる要素が、ちょっと低いと思う。例えば、場に1枚伏せカードを置き、何かのきっかけで(伏せカードを引くというカードを作って入れておく等)伏せカードをオープン。その絵柄をもっていた人はマイナスになる。とかど~でしょう。

・コンポーネント
全てカードです。
豆カードには、ドイツ語で豆の種類が記されていますが、絵を見れば豆の種類は分かります。また、プレイの上で必要な情報は、イラストと数字で表示されていますので、語学力ナシの私でも楽しくプレイできます。また、豆カードは裏返すと、豆ターラー(このゲームの通貨)になりますので、コインのイラストが描かれています。

カードに表示されているイラスト・数字は分かりやすく、機能的です。カードの紙質もよく、イラストも愛嬌があってカワイイです。

・カードのサイズ
(56×87mm):110枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
週刊じゃむたん通信
操られ人形館
洋々雑記
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/04 20:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX