2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









カルカソンヌ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0044.jpg

FatDog.jpg
カルカソンヌのボックスです。携帯電話の付属のカメラで撮りました。このボックスはドイツゲーム大賞ロゴ付です。

邦題:カルカソンヌ
原題:Carcassonne
作者:Klaus-Juergen Wrede
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~5
年齢:10歳以上
所要時間:30分
形態:O
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■

受賞歴:
2001年ドイツゲーム大賞
2001年ドイツゲーム賞1位



カルカソンヌ、簡単ルール解説動画


カルカソンヌ、割と詳細解説動画


・原題の意味
「Carcassonne」の意味ですが、南フランスのAude(オード)県の県庁所在地です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
タイルを配置していくことにより、カルカソンヌを発展させていくゲームです。

地形タイルを配置し、部下駒を派遣させるなんて、まるでエントデッカーを連想される人も少なくないでしょう。

しかし、実際やってみると全く違うゲームです(当たり前か)。エントデッカーは、共同で地図を作成して、ついでに勝負もする、といった印象を私は受けましたが、カルカソンヌの場合は、地図を作ることで勝負をし、結果として地図が完成されるといった印象です。

手番になったら、タイルを引きます。そして地形がつながるように配置します。今回配置したタイルに限って、駒を置くことも可能です。駒が置かれることでそこを占有できます。占有できた土地が完成することで得点が得られます。

得点源になるのは、道、都市、修道院です。平原は特殊な地形でゲーム終了時だけ得点になります。

20041229ca02t.jpg
このように、タイルをつなげて地図を作っていく。この時は中央のデカい街を制したプレイヤーが勝利した。

・2人プレイについて:

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
ドイツゲーム初プレイの友人と『草原に配置』は、なしでプレイしましたが、十分楽しめました。プレイ時間も手軽で、ルールもわかりやすいため、初心者にもオススメのゲームだと思います。

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
手番で考えられることが少なく軽いゲーム感。戦略的要素は極小で、ほぼ戦術と運のゲーム。

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
ガチンコ勝負だと意外に戦略的な感触。

やおきんによるゲームの面白さ評価:
やおきんによるゲームに対するコメント:
簡単なルール、次第に砦や道などができていくおもしろさ等かなり優れたゲームだと思います。ドイツゲーム大賞にも納得。タイル引きの運の要素が割りと大きいので、経験者と初心者の差も縮まりますし、草原の要素は経験が活きてきます。まさに次やるときは前よりもうまくなっている、というのを実感できまたやりたい、という気持ちになりますね。拡張もたくさん出ているので、ちょっと目先を変えたゲームに簡単に変えられるのも良いと思います。

otakeによるゲームの面白さ評価:
otakeによるゲームに対するコメント:
ルールが簡素で敷居が低く、運の要素も高めで誰でも遊べるゲームだと思います。ですがタイルの置き方によっては相手のコマのある街を完成できなくさせたりするなど、邪魔をするプレイもできますので、気を抜けません。また、先にコマの置かれた街や草原の奪い合いも楽しいです。所持しているのはコンパクト版なので拡張を追加して遊ぶことはできませんが、満足しています。このゲームの利点はなんといっても手軽さにあると思います。面倒なセットアップがなく、ゲームの時間も30分程度ですので自然とプレイ回数が増えます。価格も抑えられているのでボードゲーム初心者の方に特にオススメです。欠点は、点数に大差が付いてしまうと逆転が難しくなるところでしょうか。逆転を狙うあまりついつい無理な手を打ってしまい、じり貧になってしまう場面もありました。

・3人以上でやってみた:

ふくちによるゲームの面白さ評価:
ふくちによるゲームに対するコメント:
(コメントはありません)

シヴによるゲームの面白さ評価:
シヴによるゲームに対するコメント:
(コメントはありません)

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
1人で未完成の巨大都市を占拠した。完成しなかいと途中で気付いた時には既に遅かったけど、なぜか優勝したなあ。なんで('_')>??

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
巨大城塞都市が完成した時には爽快感がある。

otakeによるゲームの面白さ評価:
otakeによるゲームに対するコメント:
3人以上ですと、他のプレイヤーとの協力も必要になってきたりと、2人の時とはまた違ったおもしろさがあります。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
つい、大きい都市や長い道を造りたくなります。草原に駒を置かなかったら、最後の得点計算で負けてしまった。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
大人数でやると、行き当たりばったりに都市が建設されていく様が、面白い。(税金で、無駄な工事は我が国の伝統だ。と言うセリフをどっかで聞いたな)。

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
わかり易いので初心者さんともフェアに楽しめます。

IMG_20170626_103718s-.jpg

・コンポーネント
地形タイルに、部下駒、ポイントボードから成り立ってます。

ポイントボードがあるため、点数管理がラクでとってもいいです。

20041229ca01t.jpg
カルカソンヌの得点ボード。汎用性がある。

地形タイルは紙製で、しっかりした作りです。部下駒は、人の形をしていてかわいらしく、カラフルです。積み上げて、組み体操も出来ます。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
すごろくや(ヴァリアントの記載あり)
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
週刊じゃむたん通信
操られ人形館
浅く潜れ!
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/01 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX