2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09









スカイアイランド

IMG_20160604_181335s-.jpg
スカイアイランドはやや複雑な部分もあるけどなかなか楽しめるボードゲームです。

IMG_20160626_095654s-.jpg
ボード。外縁部のスコアトラック、ABCDの4種類の得点の入り方、先行者がいる場合のボーナス資金、などが描いてあります。

IMG_20160604_165245s-.jpg
こんな感じで各人が手元に地形タイルを並べていくのです。カルカソンヌみたい??いえいえ違いますよ。カルカソンヌはプレイヤー共有の場がありましたがこれは個人個人別々です。

IMG_20160604_165238s-.jpg
プレイ風景。各人の手元にそれぞれ地形タイルを並べてます。

タイルの入手法もひねりが効いてます。

まず現金収入を得ます。次に袋から各人が3枚地形タイルを引きます。そして「値段」を付けるのです。そしてどうしても使えないタイル1枚は消すのです。2枚に値段を付けて1枚を消す。これらは衝立で隠して秘密にやるのです。

そうしたら衝立を避けて情報が明らかにされます。ここでいらない1枚を捨てて袋に戻します。そのあと順番に1枚を買います。これは値付けで付けられた価格を払うのです。誰にも買ってもらえなかったら?それは自分で自分が付けた値段で買うのです。

タイルを買ったら自分の手元に並べます。そうしたらここで得点計算です。得点計算もひねりが効いてます。

実は多数ある得点タイルに「得点を得るための条件」が示されているのです。こういった得点タイルが1回のプレイで4枚登場します。でも1回のプレイで使われない得点タイルも多く、やりこみ要素ですね。

お金を得るタイミング(冒頭ですね)で、勝利点で負けてるプレイヤーはより多くの収入が得られるという配慮があり、とても遊びやすく接戦になりやすい親切なゲームだと思います。

IMG_20160626_095640s-.jpg
2016年6月下旬、ひろむちゃんと対戦。前回と比べると格段にうまくなってます。経験で上達します。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX