2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07









アニマルマインド

IMG_20160807_060545s-.jpg
アニマルマインドは動物の商人となり、玉子、ペット、ミルク、毛皮の取り引きをします。そしてお金=得点を稼ぐことを目指すのです!

IMG_20160807_060913s-.jpg
山札から決算カードがめくられたら決算となり得点計算をします。この時持っている商品カードがお金になります。

IMG_20160807_060838s-.jpg

IMG_20160807_060800s-.jpg

IMG_20160807_060737s-.jpg
商品カードは4色あります。色と種類は関連付けられてます。そしてそれぞれ「2」「1」「0」の数値が振られています。プレイヤーが同時に持てる商品種類は3種類まで!もしそれをオーバーするとたくさん持っている種類の商品カードが破棄になってしまいますのでご注意を!

IMG_20160829_171604s-.jpg
決算時の得点計算では手元の商品を得点化しますが、それぞれの種類別に計算します。

【その種類の山の一番上の数値】×【その種類の山の枚数】=【その種類の得点】

玉子は
1×3=3点

毛皮は
0×4=0点

ペットは
2×4=8点

こんな感じで計算します。

ゲームの進め方ですが、手番プレイヤーが山から1枚を引きます。それを自分だけ内容を確認し、誰かにプレゼントします。

プレゼントされた側は受け取るか拒否するかが選択できます。選択を示すのが「受取・拒否カード」です。

IMG_20160807_061011s-.jpg
受取面の受取・拒否カード。

IMG_20160807_061033s-.jpg
拒否面の受取・拒否カード。

受取・拒否カードを使って意思表示をするのですがこのカードを用いると裏向けられます。つまり、受け取ってばかりいると手元が拒否一色に、拒否ばかりしていると手元が受け取りばかりになってしまうのです。

欲しいからもらう、いらないから拒否、そんな単純にはいかないのです。この受取・拒否カードをコントロールすることが大事です。

IMG_20160806_141541s-.jpg

欲しいカードは自分のものに、要らないものは他プレイヤーにプレゼント、そういうことを目指すゲームですが、欲しいカードを拒否しそうな人は誰か、要らないカードを喜んで受け取るのは誰か、そういうことを相手の集めているカードや受取・拒否カードの具合を総合的に考えてプレゼントの相手を選び、プレゼントの内容の一部を正直に伝えましょう。

ルールはシンプル、でも思惑は複雑、悩ましい、ガーデンゲームズらしいシンプルだけどジレンマのカードゲームです。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX