ディ・ハンドラー

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0884.jpg

邦題:ディ・ハンドラー
原題:DIE HAENDLER
作者:Wolfgang Kramer & Richard Ulrich
メーカー:QUEEN GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:60~90分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■

受賞歴:1999年ドイツゲーム賞5位


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「DIE HAENDLER」の意味ですが、「ザ・商売人」です。

箱の表面に、書かれている「Aufstieg oder Fall」ですが、これは、「上昇か、転落か」という意味です。上昇し、登りつめることを目指しましょう!

・ゲーム内容の簡単な紹介
プレイヤーは中世の商人です。神聖ローマ帝国周辺の都市(パリ、ブルッヘ、ジュネーブ、ケルン、ジェノバ、ウィーン)での商品の売買を通してお金を儲けます。そして、儲けたお金で社会的地位を買います。

より高い社会的地位につくことがこのゲームの目的です。
競りと交渉と物流と価格操作といった要素が盛り込まれた、ビジネスゲームの中のビジネスゲームです。

まず、都市で商品を購入します。

次に馬車のオーナーを決めます。これは同時入札の競りです。オーナーが決まったら、オーナーが主導して荷物の積み込みを行いましょう。

DSCN0877.jpg
馬車は木製駒にシールが貼ってあります

いよいよ馬車の移動です。移動は移動タイルに書かれている移動ポイント分動かします。この時、使者駒と出会うと使者のカードがもらえます。

DSCN0878.jpg
使者駒も木製駒にシールが貼ってあります。

そして、商品の価格を変動させます。自分が持ってる品物の価値をアップさせ、他人が持ってる品物の価値をグッと下げるように操作させましょう。ここではエル・グランデでおなじみの秘密ディスクみたいなものを使って価格を操作します。価格は概ねアップしますが、極限まで高まった価格は大暴落の危機にあるのです。

DSCN0881.jpg
物価を示す表。

DSCN0883.jpg
エル・グランデでおなじみ、円形秘密ディスク。物価を上げる働きがありますが、たまに物価は、暴落します!

馬車が都市に着いたら売り捌きます。ここでは前の段階で価格が変動してますから、当然この段階での売却を見越した価格操作をしましょう。

ラウンドの終わりに地位の向上を変動させます。高い地位を維持するには高いお金が……。

DSCN0882.jpg
各プレイヤーの地位を示す表。このゲームの目標は地位の向上なので、これはおろそかにできないです。

こうして、数ラウンドゲームが行われ、ゲーム終了時に最も地位の高いプレイヤーの勝利になります。

DSCN0876.jpg
プレイ風景。ボードの地図は、神聖ローマ帝国周辺部。

ゆとりヴァリアント(sirouさん考案)
第6フェイズの時に地位を下げたいと思う場合は自由に下げられる。仮に維持費を払うゆとりがあったとしても、地位を下げたい場合は自由に下げられる。

・コンポーネント
なんといっても強烈なのが、木製馬車です。実際に荷物を積んで運びます。また、使者駒や商品駒なども木製で、木製コンポーネントが好きな私にはたまりません。

また、商品の価格を決める円形表示板は、エル・グランデ(このゲームと同一作者のゲーム)円形表示板を彷彿とさせます。

その他、コイン、マーカー、カード類は紙製です。

ところで、このゲームのコンポーネントには、所々に「武田菱」のようなマークが描かれていますが、このマークはどんな意味があるのでしょう?ご存知の方、どうかご教授下さい。

・BGM
4台のチェンバロのための協奏曲。


・他サイトさまの紹介記事
ディ・ハンドラー研究
メビウスゲームズ
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
スポンサーサイト
[ 2010/02/25 23:17 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX