2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09









エル・グランデG&K

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0256.jpg

邦題:エル・グランデG&K
原題:El Grande Grossinquisitor & Kolonien
別名:エル・グランデ拡張セット 異端審問官と植民地
作者: Wolfgang Kramer & Richard Ulrich
メーカー: HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~5
年齢:12歳以上
所要時間:90分
形態:B
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■

受賞歴: -


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「Grossinquisitor & Kolonien」の意味ですが、「Kolonien」は「植民地」という意味だということは、わかりましたが、私の持っている独和辞典では、「Grossinquisitor」の意味が分かりませんでした。多分、これは、邦題は現題を忠実に訳していると思います。
箱の表面に、書かれている「Nur zusammen mit El Grande spielbar」ですが、これは、「但し、エル・グランデと一緒にプレイ可能です」という意味だと思います。

・ゲーム内容の簡単な紹介
私が最も好きなゲームの一つ、エル・グランデ、の拡張セットの第2弾です(第1弾は「エル・グランデK&I」)。エル・グランデ本体がなくては遊べません。

KIF_0244t.jpg
2人プレイの初期状態。

追加された要素に、異端審問官とその手下の宗教騎士団、がいます。

KIF_0246.jpg
左はたばこです。真ん中は異端審問官。右は国王。異端審問官はずんぐりしている印象です。

(説明書によりますと、異端審問官を味方につけたプレイヤーは、異端審問官駒を、手元に置く、と書いてあります。だけど、私はこのゲームをプレイするとき、異端審問官駒の配置位置を、異端審問官を味方につけたプレイヤーの大公駒と、同じ地域に配置するようにしています。そちらの方が、雰囲気が出ていいと思います)

また、プレイ対象となる地域に追加があります。それは、フランス、地中海沿岸、船団、アメリカ大陸です。

KIF_0241.jpg
これが追加になった新領土です。左がアメリカ大陸。右上がフランス。右中が地中海。右下が船です。

エル・グランデと比較して、勝利のためのプレイヤーの選択肢が、飛躍的に広がりました。その結果、より高い戦略性が求められるゲームとなってます。「エル・グランデK&I」も合わせてプレイすることも可能です。

KIF_0255t.jpg
第9ラウンド終了後の決算後の様子。なんと、青の領土で、謀反が発生!青大公はバスクに逃れていきましたが、そこは赤大公の本拠地!今回は赤の圧勝でした。

DSCF4923s-.jpg
2008年7月13日、4人プレイの様子。

IMG_20160131_154719s-.jpg
2016年1月31日、2人プレイの様子。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:10
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
拡張セットは、やりたいアクションがたくさんあって面白い。オリジナルだと、1や2のカードはあまり使わないけど、拡張は使い方次第では大量得点になる。作戦の選択肢があって魅力的でした。面白かった。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
拡張部分は、全て得点に大きく関わっているので、戦略の幅はとても広いです。面白く、元々プレイしやすいゲームなので、多少複雑になっても苦になりません。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
新大陸が、思っていた以上に儲かるとは!

ふくちによるゲームの面白さ評価:
ふくちによるゲームに対するコメント:
面白かったです。ルールがちょっと多くて覚えるのが大変だけど、慣れれば得点へのアプローチが多い分自由度が高く良いゲームと感じられるんじゃないでしょうか。

クロノスによるゲームの面白さ評価:
クロノスによるゲームに対するコメント:
異端審問官のルールは良いルールだと思いましたが植民地は少しやりすぎ感も、領土の選択肢が増えることで考えることが多くなりそこでテンポを失う傾向が自分的にはマイナスポイントですかね
(ちなみにエルグランデは9)
お宝によるポイントもゲームのテーマと少し離れているような気がします。

流によるゲームの面白さ評価:
流によるゲームに対するコメント:
領土争いよりも金と肉(違)に目が眩んだり。それでも、土地は重要だったり。 得点手段が広がった分、スペイン国内の勢力争いという本来のエルグランデらしさに集中できなくなったような…基本に飽きた人のアクセント?良くも悪くも拡張セットかなと。まずは基本セットを遣り込みたいですね。

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
エルグランデが、よりグランデに!陣地取りゲームの決定版!かもしれない。

・コンポーネント
国王駒よりだいぶ小さい異端審問官駒は、なんかこズルイ雰囲気をかもし出していていい具合です。また、宗教騎士団たちは黒ずくめで、いかがわしい雰囲気満点です。

隣国フランスタイルも、国境線がピッタリくるのがちょっと嬉しいですね。

アクションカードがありますが、これは日本語化したほうが断然プレイがしやすいです。

KIF_0247.jpg
カードに日本語シールを貼ってプレイはラクラク♪

・カードのサイズ
(67×67mm):12枚

・BGM
ヴィターリのシャコンヌ


・他サイトさまの紹介記事
エルグランデ G&K研究
Board Game Geek
play:game
スポンサーサイト
[ 2010/12/29 20:05 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX