跡目の盃

IMG_20170624_161952s-.jpg

跡目の盃は任侠がテーマのシンプルな2人対戦ゲームです。

複数いる組長から、組長の中のトップを決め、そのトップを応援していると勝てる、というゲームです。

組長は6人登場します。

IMG_20170624_163539s-.jpg
プレイ風景。

この絵柄、組長の名前など世界観がすごいです。とても作り込まれている印象です。

登場する組長(全6人)のうち2人を応援します。

横一列に並べられている組長。プラスの数字タイルを得ると左側に移動させねばなりません。

プレイヤーは自分の持っている3枚の数字タイルのうち2枚を1枚ずつ組長に割り振ります。その後、対戦相手が即座に割り振られたばかりの数字タイルのうち1枚を除外します。その後、山から2枚のタイルを補充し、手持ちの数字タイルが3枚になるようにします。これで手番が終わりになり、手番を交互に実行します。

数字タイルの山が尽きたらゲーム終了フラグです。手持ち数字タイルのうち1枚を組長に与えてゲーム終了です。

ここで最も得ている数字タイルの値が大きい組長は警察にしょっぴかれるので除外します。
除外したのちに序列の高い順に得点が与えられますが、実はゲーム序盤にプレイヤーが応援する組長が決められているのでその組長を(警察にしょっぴかれない範囲で)数字タイルの値を大きくするのです。

正体隠匿系ですね。

手軽で分かりやすいルール、結構楽しめます。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX