2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08









カードカソンヌ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5683s-.jpg

邦題:カードカソンヌ
原題:Cardcassonne
作者:Klaus-Juergen Wrede & Karl-Heinz Schmiel
メーカー:HANS IM GRUECK
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:30~45分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味
大ヒットゲーム、「カルカソンヌ」と「カード」を引っかけたダジャレ的な名前だと思います。

・ゲーム内容の簡単な紹介
作者がカルカソンヌの人と同じ、会社も同じ、で、カードゲームなのでカルカソンヌのカード版だ!という誤解をとても生じさせているゲームだと思います。

世界観はカルカソンヌと通じているかもしれませんが、ルールの内容は全く異なる別ゲームだと思ってください。別ゲームなのになぜ、紛らわしい名前をつけたりするのか。おそらくメーカーのマーケティング戦略なのでしょう。カルカソンヌ商法ですね。

このゲームはとてもシンプルで、手番になったら手札から1枚プレイをするか駒を置くかのいずれかをします。それが終わったら時計回りの順番で進行していきます。ほとんどの場合はカードプレイですが、カードには色が付いていて対応する色の列が置けれる列です。

DSCF5676s-.jpg
ボードを並べました。この右側にカードを並べていきます。


DSCF5677t.jpg
よく切れている初期カード。

各プレイヤーは駒を1個ずつ持っていて、それを既に置かれている列の右端に置きます。こうすることで駒よりも左側にあるカードの取得権が得られるのです。

ただし、左側にあるカード全部が取れるとは限りません。もしも途中で他プレイヤーの駒が割り込んである場合(より早くその列に駒を置かれてしまっている場合)は、そこから左はその人のものになります。

カードプレイにより列の価値は高まります。列の価値を高めるのは諸刃の剣です。自分にとっておいしい状況は他プレイヤーにとってもおいしい状況なのです。そこでどのタイミングで取るか・駒配置をするかが重要なのです。

あまり焦って取ってしまうと価値が低いままです。かと言って待ちすぎると目前の獲物が他プレイヤーにさらわれてしまいます。このジレンマがこのゲームの持ち味でしょう。

カードには大きく分けて「人物」「動物」「建物」があります。

人物は数字が書かれているカードです。人物のカードの得点は
(カードの数値の合計)×(人物カードの枚数)
により算出されます。

動物は人物カードと異なりラウンド終了後も捨て札にならず貯まっていくカードです。得点カードを参照して枚数に応じて得点を算出します。

建物カードは宝箱タイルの下に仕舞いこまれてしまい内容の確認が本人もできません。取得したカードに関する記憶の要素があります。このカードはゲーム終了時に得点化されます。赤・青・黄色・緑の4色4枚組がそろうと高得点になります。色をバランスよく集める感じはチグリス・ユーフラテスみたいです。

ラウンド終了後、たった1個しかない各プレイヤーの駒が手元に戻され再利用が可能になります。
ゲーム終了時(建物カードの計算後)最も得点の高い人の勝利です。

DSCF5678t.jpg
カードの列を伸ばしていき、ころ合いを計って駒を置きましょう。

・ルールの疑問(動物ジョーカーについて)
カードカソンヌでルール上分からない点があったのでメビウスに聞いてみました。

質問(カバレロからメビウスさまへ)

カードカソンヌというゲームで楽しく遊んでいるのですがルールで分からない点がありますので教えてもらえると助かります。
分からない点は「動物ジョーカー」の扱いについてです。

ルールにはこう書いてあります。

「動物カードがなく、動物ジョーカーだけがある場合には3ポイント獲得します」

もしも、緑の列を取って、そこに動物ジョーカーが1枚あり、羊のカード(緑の動物カード)がなかったとします。
既に羊のカードを前のラウンドで1枚だけ取っているとしたらこの羊カードと動物ジョーカーを合わせて考えて6点を得ていいのでしょうか。

今回取ったカード:人人…、建物…、動物ジョーカー(1枚)、羊はなし
既に取った動物カード:動物(1枚)


それとも
「(現ラウンドでの取得)動物カードがなく、動物ジョーカーだけがある場合」
なので3ポイントになるのでしょうか。


あと一つ、動物ジョーカーに関して質問があります。

既に赤い動物カードを2枚、黄色の動物カードを2枚、青の動物カードを2枚、緑の動物カードを1枚得ているとします。
このラウンドで緑の列を取り、緑の列には動物カードはなく動物ジョーカー1枚だけあるとします。

今回取ったカード:人人…、建物…、動物ジョーカー(1枚)、羊はなし
既に取った動物カード:動物(2枚)動物(2枚)動物(1枚)動物(2枚)


この場合は、ジョーカーだけがある場合なので3点になるのでしょうか。

それとも緑の列を取ったのでジョーカーは羊と同じように判断すべきなのでしょうか。それとも、動物ジョーカーは緑以外の動物にもつけられるのでしょうか?

以上です。よろしくお願いします。


回答(メビウスさまからカバレロへ)
お問い合わせ、ありがとうございました。
基本的な問題として、そのラウンド取った動物カードと同色しか得点を得ることができません。
「動物カードがなく」とは、このラウンド取ったカードの中だけでなくすでに取っているカードにもないということです。
ジョーカーがどの色にもつけられるかどうかの問題ですが、これははっきり書かれていません。
しかし、取った色の列に優先して付けるものとした方が合理的な感じがします。
ただ、ジョーカーだけを持っている段階で、いずれかの動物カードを取った場合は、その列につけるとした方がよいと思います。



・コンポーネント
得点ボードが付いています。そういう意味ではこれはモダンアートと同様のボードゲームなのかもしれません。

イラストがドリス・マテウスじゃないんですね。どうせカルカソンヌ商法をやるのなら徹底した方が良いのではとも思いますが、大きなお世話ですか。

・カードのサイズ
(43.5×67.5mm):135枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/11/20 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX