FC2ブログ
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03









Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > チケット・トゥ・ライド

チケット・トゥ・ライド

IMG_20180812_164830s-.jpg
アラン・ムーン作のボードゲーム。「乗車券」です。2004年にドイツゲーム大賞を受賞しました。

IMG_20180812_165000s-.jpg
ボードを広げました。アメリカを舞台に鉄道網を作ろう!というゲームです。日本語版なので地名が日本語で書いてありとても遊びやすいです。

ゲームでできることは、

A:列車カードを引く
B:溜めた列車カードを使用して路線を築く
C:目的地カードを引く

この3択です。結局は路線を引くことが得点につながるので、直接的に点が欲しければとにかくB。BをやるためにはAの必要があります。

Aで引けるカードには色が描かれており、その色はボードの路線と対応しています。ボードに描かれている色のカードを消費することでBができるのです。

手札上限枚数に定めがありませんのでがっつりカードを溜めれます。しかしただただ溜めるだけでは機制を制される可能性もありますので、ただただ溜めるだけでなく適当なタイミングBをせねばなりません。

また、得点源になるのは線路構築だけでなく「目的地カード」からも得点がもたらされるのです。しかしデメリットもあります。この目的地カード未達成ですとマイナス点になります。だから取る目的地カードの選択も慎重に考えましょう。

IMG_20180811_121421s-.jpg
5人プレイの様子。列車駒を置くことで築かれた路線を示します。色どり鮮やかな列車駒。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX