2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









コロッサルアリーナ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5613s-.jpg

邦題:コロッサル・アリーナ
原題:COLOSSAL ARENA
作者:Reiner Knizia
メーカー:FANTASY FLIGHT GAMS
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:40~60分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「COLOSSAL ARENA」の意味ですが、「巨大闘技場」です。
箱の表面に、書かれている「A GAME OF TITANIC BATTLES AND HIGH STAKES」ですが、これは、「巨大な闘いと大博打」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
怪物同士の戦いのゲームです。

プレイヤーは戦いを観客としてみている立場ですが、どの怪物が勝つか、賭けをしています。この賭けに勝つことがゲームの目的です。

ゲームの流れは簡単で、まず、賭けます。賭けるのは必須ではないです。また、賭けるコインは限りがありますので使い時をしっかり考えましょう。

そしてカードをプレイします。カードは生き残っているモンスターか「お客(これもモンスターの一種です)」がプレイ可能です。

そして手札を補充します。

これを繰り返していきます。

DSCF5616s-.jpg
登場する怪物は、12種。そのうち1回のゲームで使用するのは8種。そして、生き残れるのは3種だけです。

この3種がどれかを見極めなければなりません。早い段階で賭けていると収入も大きいですが、賭けに外れるリスクも高いです。遅い段階での賭けは逆に収入は少ないですが、外れるリスクは低いです。

また、もっとも怪物に資金を突っ込んでいるプレイヤーはその怪物の後見人として怪物の特殊能力を使うことが出来ます。特殊能力発動のタイミングですが、該当モンスターのカードを置いたときです。

DSCF5603t.jpg
ゲーム終了時の様子。

・コンポーネント
カードとプラスチック製チップです。

・カードのサイズ
(57×89mm):163枚

・BGM
禿山の一夜。


・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
浅く潜れ!
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/09 20:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX