FC2ブログ
2019 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 06









死盤遊戯

DswvnbgUcAAGfls-.jpg
カンフー×デッキ構築。死盤遊戯。

プレイヤーは若き武術家です。プレイヤーは「塔」の最上階に待ち構えている「ボス」の打倒を目指しています。


Ds1xq-JUwAAOUVQs-.jpg
これが「塔」です。ボスは5階にいます。より階層が低いと弱い敵がいます。

最初、プレイヤーは強いとは言えません。塔を上ることで鍛えられ、いずれはボス打倒の時が来るでしょう。

このゲームの基本的システムはデッキ構築です。最初は弱いデッキですが雑魚敵を倒していくことで徐々に強いデッキになっていきます。

プレイヤーは2つの数値を持っています。「ラッシュ値」と「コンボ値」です。この2つの値はシート上で管理されます。

ラッシュにより、敵に対して自分のデッキからめくるカードの枚数が定まります。

カードには打撃力が数値で書いてあります。これが敵の防御力を上回ると、1つの打撃につき1ポイントのダメージを与えます。これが基本です。

ラッシュにより一定枚数のカードがめくられ、敵へ与えるダメージが算出される。それが敵のヒットポイントを完全に削れればその敵が打倒され、敵カードが自分のデッキに加えられます。敵カードは、自分のデッキに加えられれば新たな「技カード」になります。

こうして、敵を倒す、デッキが強くなる、さらに強い敵を倒す……こういう循環になりますがいずれはボスさえも倒せるはずです。

しかしボス打倒の道のりは平坦ではありません。ときに、敵に敗北することも、長期的に見れば大事なポイントです。なぜなら、プレイヤーは自分のデッキをシャッフルするタイミングで「疲労カード」をデッキに加えねばならない時があります。

この疲労カードははっきり言って単なるお邪魔なカードです。あるいはかつては使えたかもしれない弱い技カードも今となっては邪魔になります。こういう不要なカードをデッキから除外するには敵に負けるしかありません。敵に負けることでデッキを圧縮できるのです。

また、敵に効率的に打撃を与えるのに「コンボ」という技もあります。コンボは打撃力が連なる……例えば、2・3・4のような……ことで追加のダメージを与えられるようになるのです。

ラッシュ値を伸ばすか、コンボ値を伸ばすか、それともアイテム獲得を目指す??目の前に立つべき敵は誰だ?

プレイ後にはカンフー映画が見たくなるゲームです。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


FX