2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11









マンハッタン

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0451.jpg

邦題:マンハッタン
原題:MANHATTAN
作者:Andreas Seyfarth
メーカー:HANS IM GLUECK
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1994年ドイツゲーム大賞
1994年ドイツゲーム賞3位




ルール解説動画


・原題の意味
「MANHATTAN」の意味ですが、「マンハッタン」です。マンハッタンは、ニューヨーク市内の島で同市の中心区です。高層ビル群が建ち並んでいます。

・ゲーム内容の簡単な紹介
都市に摩天楼を築いていくゲームです。自分が支配するビルを多くして、高得点を狙います。

DSCN0453.jpg
このボード上にビル駒を配置していきます。右のほうに得点トラックがあります。

自分の手番になったら、1枚カードをプレイします。そのカードに示された区画にビルをのせます。

DSCN0454.jpg
カードをプレイして対応する位置(赤く塗られている部分)にビル駒を配置します。

こうすることにより、ビルはにょきにょきと高さを増していきます。ビルの所有者はビルの頂上の駒のプレイヤーです。いかに効率よくビルを支配していくかが重要です。このゲームは手札からカードを選択していくので、カード運もあり、ガチガチの戦略ゲームというわけではありません。メビウス・ゲームズにバリエーションルールの記載があります。

m01s-.jpg

2人用ルールその1(カバレロ考案)マンハッタンを2人でプレイしようとしている人のために、「4人用ルールをそのまま適用する」ことにします。
・1人1色だけ担当(2色じゃない)。
・建設カードは、4枚ずつ配る(手札)。
・1ラウンドで使用するビル駒は各人6個ずつ。
・ダミーキャラクター、NPC等は用いません。

2人用ルールその2(考案者:Katuragiさん)原則的に4人用ルールを適用します。
・1人1色だけ担当(2色じゃない)。
・建設カードは、4枚ずつ配る(手札)。
・1ラウンドで使用するビル駒は各人6個ずつ。
・ダミーキャラクター、NPC等は用いません。
・ボード上に描かれている6都市のうち、マンハッタン、シドニー、香港の3都市のみ使用する。

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
私は大好きなんだけど家族に全く人気のないゲームです。Katuragiさんルールでやってます。3都市しか選択肢がないのでキツイ戦いとなり、とてもエキサイティングです。

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
ビルを建てるエリアを半分の3つの都市に限定してよく遊んでいます
そうすると4人プレイと同等のキツキツ感と競合感が楽しめます。

・3人以上でやってみた:

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
やはり4人がベストだと思います。ルールは簡単だけど悩みどころの多いステキなゲームです。みつからないようにそっと低いビルを建てるのがいいですねえ。ただ、コンポーネンツはもう少しなんとかならなかったのでしょうか?無機質なビル、つるんとした少し大きめのカード、何よりもひどいボードの絵!

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
世界のビル王は最初から目指さず、都市のビル王を目指した戦略は悪くなかった気がするけど何故かふるわず、最後はやけくそ、小さくても自社ビルの数を増やすことにした。でも3位。次こそは!

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
ビルの高さにこだわってしまいました。一番高いビルは気持ち良いです。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
何かイベントを起きて、特定のビルを崩せたりしたら面白いかも。

無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
人数が増えた分、面白さアップ。評価は7.5点をつけたいところ(笑)。運の要素がやや強いですが、手軽で良いゲームと思います。立体的なコンポーネントが面白さを増しています。ただ、ビルの倒壊にはご注意を(笑)。

・コンポーネント
いたってシンプルなコンポーネントです。ボード、建設地カード。ビル駒はプラスチック製。スタートプレイヤーが、持つ黄色いビル駒。以上です。

・カードのサイズ
(59×91mm):45枚

・BGM
ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」は、結構あってると思いますがどうでしょう。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
すごろくや(変則得点計算の記載あり)
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/08/18 23:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX