2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









サムライ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0137t.jpg

邦題:サムライ
原題:SAMURAI
作者:Reiner Knizia
メーカー:幸せなハンス(HANS IM GLUECK)
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:45分
形態:B
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1999年ドイツゲーム賞4位


・原題の意味
「SAMURAI」の意味ですが、侍です。そのまんまです。すいません。

・ゲーム内容の簡単な紹介
日本人にはエキセントリックに感じられるかもしれないボックスアートですが、ゲームの内容の方はいたってまともです。戦国日本(?)を舞台に、権力の象徴をあらわす駒を取り合うゲームです。

KIF_0141t.jpg
4人プレイ時では、このように北海道、本州、四国、九州を使います。

権力の象徴をあらわす駒は、兜(軍事力)、仏像(宗教勢力に対する影響力)、水田(経済力)の3種類あります。駒に対して影響力を及ぼすタイルを配置していくことにより、これらの駒を取り合います。

KIF_0146.jpg
駒です。左から、仏像、兜、水田です。

手番では、原則的に1枚のタイルをボード上に配置し、タイルを補充して常に衝立の裏側(こちらがわ)に5枚の表向きのタイルを置いておくようにします。

タイルには、兜に影響力を与えるタイル、仏像に影響力を与えるタイル、水田に影響力を与えるタイル、オールマイティなタイルがあります。効率的に配置していきましょう。

「侍」と、漢字で書かれたタイルがあり、これは1手番で何枚でも使用できる特殊なタイルです。ここぞと言う時に出して決めたいタイルです。

駒が置かれている周囲の陸地が全てタイルで埋まったら決算です。その駒に対して影響力が大きいプレイヤーが駒を取ります。取った駒は衝立で隠して置くようにします。

ゲーム終了時に、勝利の資格があるかどうかを、まずチェックします。勝利の資格があるのは、兜、仏像、水田のいずれかで単独トップを取っていることが条件です。この条件を満たしているプレイヤーが複数いる場合は、それらプレイヤー間で誰が優勝かを決めます。方法は、勝利の資格の原因になった駒以外の駒の数の多いことです。

勝利条件がちょっと変わっているので、ただ闇雲に駒を集めていけば勝てるという訳ではないです。目標を決めて、バランスをちょっとだけ崩して集めることがポイントです。

KIF_0148.jpg
ゲーム終了時の様子です。江戸は青、京都も青が取ってますが、地方では赤が優勢です…なんて書くとまるで選挙のよう。

DSCF5816.jpg

KIF_0142t.jpg
2人プレイ時ではこのように本州だけを使います。

KIF_0147.jpg
2人プレイ時の初期配置です。ちょっとピンボケです。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
ナイスバトル!

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
日本観は変だけど、ゲームは普通。勝利条件がちょっと複雑だが、ルール自体は難しくない。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
これも、見た目と内容のギャップが激しい。内容がまともなので、もっと渋いパッケージの方が個人的には好みだが、そうなると見た目で売れないかも。BGMは、サムライつながりでサムライスピリッツ(SNK:新世界楽曲雑疑団)、信長の野望(KOEI:菅野ようこ)とか、どーでしょう。(TVゲームですが)

・コンポーネント
箱の表面に、書かれている文字ですが、次のように書かれています。



これはタイトルですね。漢字で書いてあります。
そしてさらに、

はこ
最の
高ゲー
!ム

と、書かれています。なんと日本語で、縦書きです。しかも長音符号のみ横書きです。
さらに、








と、書かれています。これは、このゲームのメーカー、ハンス・イム・グリュック社の社名の意味の、日本語直訳です。
そしてさらに、

クラ
ニイ
ツナ
ィー
ー・
ア 

と、書かれています。これはもちろん、このゲームの作者名です。
このゲームの作者であるReiner Kniziaですが、「クニーツィア」、「クニツィア」等、読み方に諸説あります。どれが正しいとか間違いとか、そういうことは私には、よく分かりません。しかし、このようにわざわざ日本語で表記してくださってるので、当サイトでは、Kniziaの日本語表記を「クニツィーア」とすることにいたします。

ボックスアートから、ボード、駒、衝立に至るまで、「ちょっと勘違いしたドイツ人から見た日本」風で統一されたコンポーネントは、本当に見事というほかありません。

通常のボードゲームのボードは長方形ですが、このゲームのボードは日本列島の形をしています。ボードには、首都(江戸)と、都市(京都、秋田、札幌)と、 村々が描かれています。秋田が京都と並んで都市なのには、一言言いたくなる日本人は少なくないでしょう。また、札幌は、明治期以降の計画都市だから……。 ゲームバランス的には素晴らしいんですがね。

また、駒は黒一色 で、一見したところ重厚な雰囲気ですが、よくよく見てみると、やはり「ちょっと勘違いしたドイツ人から見た日本」風です。そして衝立ですが、見ようによっては、障子の向こうでゲイシャガールを伴って宴会をしているようにも見えます。ここにも

ハ幸
ンせ
スな

の文字が書いてあります。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
何しろサムライですからね。そのまんまですね、これは。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/10/23 22:49 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX