2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08









Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > レーベンヘルツ(旧版)

レーベンヘルツ(旧版)

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0153t.jpg

邦題:レーベンヘルツ ゴルトジーバー社版
原題:Loewenherz
別名:レーベンヘルツ旧版
作者: Klaus Teuber
メーカー: GOLDSIEBER SPIELE
プレイ可能人数:2~4
年齢:12歳以上
所要時間: 60~90分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1997年ドイツゲーム大賞ノミネート
1997年ドイツゲーム賞1位



・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「Loewenherz」の意味ですが、「獅子心」です。イングランド国王リチャード1世ですね。
箱の表面に、書かれている「Die Grenzen der Macht」ですが、これは、「国境線における権力」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ある国で、国王は、死の床についていました。それを横目に王座を巡り争う王子たち…。と、いうゲームです。

国王(愛称:ジジィ)がくたばるまでに、多くの支配地、権力を獲得しましょう。

KIF_0163t.jpg
各プレイヤーごとに紋章が決まっているのがカッコイイです!

金銭獲得(勝利ポイントではありません)、国境線(通称:柵)を設定、富国強兵領土拡張、策略カードを得るといった選択肢から行動を選んでいきます。

KIF_0164t.jpg
ゲーム開始時の盤面。これからどんな争いになるのでしょうか?

まず、アクションカードをめくります。そこには3つのアクションが描かれています。
この3つから各プレイヤーは選択します。各人が順番に希望するアクションを選んでいきます。

場合によっては他プレイヤーと選択がかぶってしまう場合があります。そういうときはお互いお金を○○円あげるからアクションをやらせて!とお願いをして、それでもケリがつかないときは一斉入札でアクションの権利を取り合います。

KIF_0165t.jpg
領土完成の瞬間です!

競りあり、陣取りあり、多様な要素がこのゲームの魅力です。

ゴルトジーバー社版は、緊張感のあるゲームです。それと比べると、コスモス社版はプレイ感覚が軽いです。また、策略カードの有無も難易度に影響します。つまり、コスモス社版の方が比較的簡単なゲームになっています。

DSCF4318t.jpg
4人プレイ時の様子。

DSCF5833s-.jpg
4人プレイ時の様子。

・2人プレイについて:

KIF_0167.jpg
ゲーム終了時の盤面。右側が紫の領土、左下が赤の領土、上段中央に広大な中立の領土が広がっています。勝負は僅差で、紫の勝ちでした。

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
競りの要素があるので2人ではバッティングが少なくその点がマイナスだが、悪くはない。陣取りも多人数に比べるとカツカツ感が薄くなる。逆にその方が好きだ、オレは競合せずにゆったりやりたいって方には2人プレイの方がいいのかもしれない。ボードが変えられるので自由に作れるのだが、コマはいささかショボい。ゴルトジーバーのやけに場所を取る箱が懐かしい。絶版なのが残念だ。

・3人以上でやってみた:

Area51によるゲームの面白さ評価:
Area51によるゲームに対するコメント:
トイバーがデザインしたもので私の最も好きな作品。3人プレイより毎ラウンド必ずバッティングする4人プレイがおススメ。ルールは意外と易しいのでプレイ自体はライトユーザーでもイケるがどちらかと言えばヘビー向け。他人に柵を作らせて自分の領土ができた時はスカッとするねえ。陣取り好きな方は是非一度!

・コンポーネント
ボードがスゴイです。6分割されており、多様な組み合わせでのプレイが可能です。

KIF_0155t.jpg
ボードは周辺部と6つの中央部に分かれています。これらを組み合わせると、さまざまなパターンのボードでゲームが楽しめます。

また、このボードは、いかにも中世ヨーロッパ風でいい感じです。あとは、プラスチック製駒とカードです。

KIF_0159.jpg
駒はプラスチック製でかっこいいデザインです。騎士駒は剣と盾を組み合わせたデザインです。

・カードのサイズ
(44×66mm):112枚

・BGM
ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲


・他サイトさまの紹介記事
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
スポンサーサイト
[ 2010/12/10 19:59 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX