2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









盗賊騎士

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1378t.jpg

邦題:盗賊騎士
原題:Robber Knights
作者:Ruediger Dorn
メーカー:QUEEN GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:O
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「盗賊騎士」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
このゲームは平地やら街やらが書かれた正方形のタイルを、既に置かれているタイルに隣り合わせて置いていって、タイル上に自分の駒を置いてタイルを支配するようにするゲームです…。

と書くと、かな~りカルカソンヌっぽいですが、全然違うゲームです。

全然違う点がいくつもあります。

・地形が全然違っても隣に置けるので地形による配置の縛りはない
・手札(タイル)を2枚持っているので、そういう意味でも選択の余地がある
・手番を1回で終わらせてもよいし、2回連続でやっても良いし、最大3回まで連続手番ができる
・駒は「城」から発進し、足跡のように駒を残しつつ、一直線に進む
・他の駒の上に乗れる(最大4つまで重ね置きができる)。そのため、駒は、ディスク上の形状をしている

思いついた点を今ズラズラと書いてみたのですがこれは全然違うゲームですね(当然!)。

DSCN1382s-.jpg
2人プレイ時は4つのタイルからスタートします。

DSCN1381t.jpg
タイルには裏面にA、B、C、D、Eの文字が書かれています。この文字別に分けて、よく混ぜます。こうすることで、バランスよくタイルが出てくるようになるハズです。

DSCN1384s-.jpg
このゲームには、プレイエリアというのがあって、2人プレイ時は、縦横7タイル分という風になっています。この写真では、横幅が、7タイル分になっていますので、幅が確定ということになります。ちなみに、この写真では、圧倒的に赤が青に勝っています(見りゃ分かるって)。

DSCN1385s-.jpg
ゲーム終了時の様子。この時は、結局赤が勝ちました。

DSCF5881t.jpg

・コンポーネント
タイルと木製騎士駒です。騎士駒は重ね置きが前提となっているので、ディスク状です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
カルメン組曲、前奏曲。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
週刊じゃむたん通信
操られ人形館
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 20:02 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX