2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









メディチ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN1175s-.jpg

邦題:メディチ
原題:Medici
作者:Reiner Knizia
メーカー:RIO GRANDE GAMES
プレイ可能人数:3~6
年齢:10歳以上
所要時間:30~60分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
1995年ドイツゲーム大賞ノミネート
1995年ドイツゲーム賞5位



・原題の意味
「Medici」の意味ですが、「メディチ家 (15~17世紀イタリア・フィレンツェの名門)」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
シンプルなルールの競りゲームです。

プレイヤーは手番で、山札から商品カードを1~3枚、好きな枚数だけめくれます。このめくられた商品カードが競られるのです。

DSCN1177s-.jpg
ボードを広げました。

プレイヤーは1つのラウンドで5枚まで商品カードを所有できます。1人を除く全プレイヤーが5枚まで商品カードを所有したら、最後の1人は所有商品カードが5枚になるまで山札からカードをひきます。

ここでラウンドは終了し、ラウンドの決算になります。商品は5種類あり、また価値がそれぞれ異なります。所有する商品カードの価値の合計によって得られる金額が決定されます。得られる額はプレイ人数、合計値の順位によって決まります。

また、5種類の商品についてそれぞれ「独占ポイント」があり、これも収益につながります。
3ラウンド終了時に最もお金を持っているプレイヤーの勝利になります。

0505_02s-.jpg
4人プレイの様子。

盛り上がるヴァリアント(sirouさん考案)
手番プレイヤーは商品カードを1~3枚めくって任意のタイミングで競りを開始するのですが、競りの開始を宣言するときに、「メディチ!」と大き目の声で掛け声をかけるようにします。競りで気合が入ります。

・2人プレイについて:
2人プレイ用ルール:その1(カバレロ考案)
概ね通常ルールに準拠するので、2人プレイ用ルールで特別な点のみ記します。
プレイに使用するカードの枚数は18枚です(3人プレイ時と同じ)。
決算の際、獲得した商品カードの価値を合計し、それが大きいプレイヤーは15の収益金を得ます。同点の場合はそれぞれ7の収益を得ます。
独占ポイントの計算については、それぞれの商品について1番上位にいるプレイヤーに10のボーナスが与えられます(2番のプレイヤーにはボーナスは無し)。同点の場合はそれぞれ5の収益を得ます。

2人プレイ用ルール:その2(カバレロ考案)
概ね通常ルールに準拠するので、2人プレイ用ルールで特別な点のみ記します。
ダミープレイヤー、ライナー先生が登場します。ライナー先生も初期資金として40金を持っています。また、流通表にライナー先生の駒も置きます。
ラウンドに使用するカードの枚数は18枚です(3人プレイ時と同じ)。
カードがプレイヤーに落札、あるいはパスして流れる……というように、何らかの形で1回の競りが終了するタイミングで、ライナー先生はカードを1枚山札から得ます。このカード獲得の際にライナー先生は1金を支払います。獲得したカードは表向きにして内容が分かるようにしておきます。このライナー先生のカード購入は、ライナー先生のカードが5枚になったら、そのラウンドでは終了になります。また人間プレイヤー両方が5枚になった時点でライナー先生のカードが5枚に満たない場合は、5枚になるように山札からカードをめくります。この場合はライナー先生はお金は払いません。
決算の際は3人プレイ時と同じように処理をします。ライナー先生も人間プレイヤーと同様にこの時お金を得ます。商品別ポイントに関してもライナー先生は通常の人間プレイヤーと同等に扱います。
このルールでは相手プレイヤーに勝つことはもちろんですけど、ライナー先生にも負けないように頑張ってください。

2人プレイ用ルール:その3(sirouさん&カバレロ考案)
概ね2人プレイ用ルールその2に準拠するので、このヴァリアントの特別な点のみ記します。
商品カードから2種類を抜きます(通常では5種類プラス属性なしのカード1枚でやりますがこのヴァリアントでは3種類プラス属性なし1枚で行います)。ラウンドの準備時にカードからランダムに4枚を除外します。残った18枚でラウンドを行います。次ラウンドでは前ラウンドでよけられた4枚も加えてよく混ぜ、新ラウンドにおいて新たに4枚を抜くようにします。

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
ライナー先生は強い。数字の高さを追うあまり、独占ボーナスをおろそかにすると先生にも負ける・・・。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
すごく好きなんだけど、勝てないから悔しい。また挑んでやる!

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
せりは1度だけなので、どうせ取れないとか思っちゃうと駄目ですね。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
今回はこれが一番おもしろかったかな。1位になったり、商品を独占したときの収入がすごい。(ウマー)。

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
超シンプル。シンプルすぎてものたりないかも。逆に「競り」の根底というか真理のゲーム。

・コンポーネント
ボードと商品カードと木製駒です。

・カードのサイズ
(56×87mm):36枚(アミーゴ版)

・BGM
秋の第1楽章


・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/11/28 20:51 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX