2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









ネズミのパティシエ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5934s-.jpg

邦題:ネズミのパティシエ
原題:Maus au Chocolat
作者:Christian Fiore & Knut Happel
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:2~6
年齢:10歳以上
所要時間:30分
形態:C
重さ:重い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
カードを消費してカードを競り落としていく、そういう広い意味ではカッツェンジャマーブルースと同類のゲームです。

ラウンド開始時にプレイヤー人数プラス1枚の場札が並べられます。

DSCF5936s-.jpg
ケーキを作る材料。材料は良いのだが、アシスタントである下僕が不潔すぎるのでは??

カードには3つの情報が書いてあります。
1.チョコターラー:数字です。この値が大きいほど先にカードを拾えます。
2.ポイント:数字です。この値を使って「役」を作り、なおかつ、得点にも絡んできます。
3.色:役を構成する要素の一つが色です。

さて、まずプレイヤーがやることは一斉入札です。手札から1枚を裏向きで出し、一斉に表向けます。ここではチョコターラーの値を見て優先順が決まります。もしも場に欲しいカードがあるのなら、ここは頑張らねばならないでしょう。

順番が決まったら、プレイヤーは場札を2枚選んで取り、手札に加えます。その後、一斉入札に使用したカードを場札に加えます。これをチョコターラーの順にやっていきます。

【場札を取る(2枚)】-【一斉入札でカードを使う(1枚)】

     ↓

【1枚のカードが手札に増える】



ということになるのです。増えた手札は得点化します。得点化するには手札を使って3枚組を作らねばなりません。

A.ストレート:ポイントを見て数字が順番に連なっているのならこの役になります。最もポイントの低いカード1枚が得点カードになり、それ以外は捨て札になります。

B.ストレートフラッシュ:ストレートの状態でなおかつ、カードの色が3枚とも同色ならばこの役になります。最もポイントの高い1枚が得点カードになり、それ以外は捨て札になります。

C.スリーカード:ポイントが3枚とも同一ならばこの役になります。1枚が得点カードになり、それ以外は捨て札になります。

D.同色スリーカード:スリーカードの状態でなおかつ、カードの色が3枚とも同色ならばこの役になります。2枚が得点になり、残りの1枚だけが捨て札になります。

得点カードに書かれているポイントがプレイヤーの勝利点になります。得点カードを増やしていき、30点以上になったら、そのラウンドを終えてゲームは終了になります。最も点の高いプレイヤーが勝利します。

このゲームにはさらに面白い要素として、「7つの下僕」があります。

DSCF5935s-.jpg
7つにしもべを使ってお菓子作りを手伝わせよう。

7つの下僕とは、リス、ハムスター、フンコロガシ、モグラ、ハチ、アリ、ゴキブリのことです。プレイヤーには必ず1匹の下僕がついており、この下僕は時計回りに移動していきます。誰も主人を持たない下僕はストックに預けられており順番を待つことになります。順番に移動してくるので、
「次はゴキブリが来るな」
みたいなことがハッキリと分かるのです。ここで重要なのは7つの下僕の持つ特殊パワーです。下僕には

ゴキブリ「オレは1枚のカードの色を自由に変えられるんだぜ!」

というように、1枚1枚に特殊なパワーがあるのです。このパワーを駆使することにより、より効率良く得点カードを増やしていくことができるはずです。

・コンポーネント
カードを手に持つときに、重ね合わせたカードを少しずつずらして持つ持ち方が一般的だと思います。そうすると、このカードに書かれている重要情報であるポイントの値が隠れてしまいます。これが惜しいですね。チョコターラーのすぐ下あたりに小さく書いておいてあった方がより親切なのでは…と思います。

・カードのサイズ
(56×87mm):88枚

・BGM
3分間クッキング。


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/20 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX