キュージェット

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0608s-.jpg

邦題:キュージェット
原題:Q-JET
作者:Wolfgang Riedesser
メーカー:メビウスゲームズ
プレイ可能人数:2~6
年齢:10歳以上
所要時間:30~40分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■

受賞歴:日本ボードゲーム大賞2005国産ゲーム部門


・ゲーム内容の簡単な紹介
名作レースゲーム「アベ・カエサル」のリメイクです。Q-モビルと呼ばれるハイパーマシンを駆使してサーキットを駆け抜けます。

KIF_0610s-.jpg
キューモビル駒。金属製で重厚です。付属のシールを張ることで区別します。

KIF_0612s-.jpg
コース全景。これは、5~6人用。

KIF_0613s-.jpg
コース全景。リバーシブルになっていて、こちらは、2~4人用。

手番になったら手札を1枚プレイして、そのカードに書かれている数値分だけマシンを進めます。もしも道路がふさがっているなど何らかの事情で進めない場合は手番はパスになります。

コーナーがあり、コーナーには内側のマスと外側のマスがあります。当然ながら内側のマスの方がマスの数が少なく近道になっています。それと比べると外側の路線はマスの数が多く遠道になっています。

このゲームはカードが重要です。使用済みのカードはそのゲームではもう再利用ができません。あまり遠道ばかりしているとゴールに到達できなくなりますのでその点もしっかり頭に入れておきましょう。

あと、ピットインをせねばならない…という制約もあります。

このゲームはコースを3周してゴールに到達になるのですが、1周目の終わりか2周目の終わりでピットに入るようにしましょう。ピットに入ると若干マスの数が多いため少し遅れますがやむを得ません。

KIF_0620s-.jpg
スタートラインに並んだキューモビルの勇姿。

■キュージェット、2~4人プレイ時のピットインできない!の対処に関する非公式対処法
1周目にピットインをせず、2周目のピットコース直前にいる状態で、手札が4以上のカードしかない場合「ピットイン」ができません!この場合、手番が回ってきたらパスをせねばなりません。パスをして手札から任意の1枚を選び自分のアクセルカードの山札の下に戻すようにします。その後、手札が3枚になるようにカードの補充をします。

■キュージェットのよくある(?)質問
Q:誰かが1着でゴールしたあと、次にゴールに近い人は、「6」のカードを出せますか?
A:ゴールした後も1位は1位なので、「6」のカードは出せます。

・2人プレイについて:
2人用非公式ルール(カバレロ考案)
概要:ダミープレイヤーを用意します。疑似3人プレイです。
準備:プレイヤーAは赤のQモビルを使用します。プレイヤーBは青のQモビルを使用します。ダミーとして黄色のQモビルを用意します。また、ダミーを操作するプレイヤーを明示するために黒のQモビルをプレイヤーBが持つようにします。黄色のアクセルカードから「1」を1枚取り除きます。それ以外の黄色のアクセルカードをよく混ぜ山札とし、そこから3枚めくり場札にします。
プレイ:プレイヤーAがスタートプレイヤーになります。次にプレイヤーBが順番を行い、最後にダミーの順番になります。これを繰り返します。ダミーは特権としてピットインをする必要がありません。
ダミーの操作:黒のQモビルを持つプレイヤーがダミーを操作します。場札から1枚を選び、ダミーを進め、場札を1枚、山札から補充します。
黒のQモビルの交代:ボード上でプレイヤーのモビルが他のプレイヤー(ダミーではない)を抜いたら黒のQモビルを渡します。この様にして常に後方にいるプレイヤーがダミーを操作するようにします。「追いついている、並走している」という状態では、まだ交代にはなりません。追い越すことが明白になって初めて交代になるのです。
質問:どちらも2周目です。赤のQモビルはピットインしています。青はピットインしていません。赤(黒のQモビルを持っている)が後方から青に追いつき並走状態になりました。この場合、黒のQモビルは交代になるのでしょうか?
回答:交代にはなりません。ピットインの有無はQモビルの位置の前後とは無関係と考えましょう。
マシンセッティング・ルールとの併用:人間プレイヤーは両者が合意すればマシンセッティングのルールで遊ぶこともできます。この場合、人間プレイヤーはマシンセッティングのルールに沿ってカードの山札を作るようにして、ダミーについては通常通りのルール(1つの山札、3枚の公開されている場札)にして遊びましょう。

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
2色担当というのは、なんか無理やりやってる気がしてのりませんねぇ。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
簡単で面白いレースゲーム。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
スタートの立ち上がりが悪かった。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
完走が大事なんだよ。

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
やっぱりたくさんでやったほうが全然おもしろいです。

・コンポーネント
なんと言っても金属製駒です。ズッシリしてます。
・カードのサイズ
(50×80mm):150枚

・BGM
The Offspring - All I Want


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
浅く潜れ!
週刊じゃむたん通信
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/11 20:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX