2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









マハラジャ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0099.jpg

邦題:マハラジャ
原題:RAJA
別名:ラージャ
作者:Wolfgang Kramer & Michael Kiesling
メーカー:PHARANX GAMES
プレイ可能人数:2~5
年齢:12歳以上
所要時間:90分
形態:B
重さ:やや重い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
2004年ドイツゲーム大賞ノミネート
2004年ドイツゲーム賞7位



・原題の意味および、箱の表面に書かれている文字の意味
「RAJA」の意味ですが、「(昔のインドの)王侯」です。

箱の表面に、書かれている「PLASTBAU IN INDIEN」ですが、これは、「インドで宮殿建築」という意味です。

あと、「EIN RAFFINIERTES BRETTSPIEL VON WOLFGANG KRAMER UND MICHAEL KIESLING」と書かれていますが、これは、「ヴォルフガング=クラマーとミヒャエル=キースリングの洗練されたボードゲーム」という意味です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
インド各地を巡り宮殿を建てていくゲームです。

DSCN0103.jpg
ボードを広げてみたところ。

各ゲームターンは下記のステップに分かれています。
・マハラジャの移動
・市の紋章タイルがトラックを移動
・プレイヤーは秘密裏に、アクションディスクでアクションを印す
・プレイヤーはアクションを公開し、キャラクターの順番でこれを実行する。
・マハラジャのいる都市で得点計算ラウンドを行う。

キャラクターには次のものがあります。
キャラクターカード1/実力者:1番最初に移動する。得点計算の引き分けの際は最強。
キャラクターカード2/商人:商人を使うプレイヤーは、ターンの始めに、常に1ゴールドがもらえる。
キャラクターカード3/苦行者:外の宮殿の得点が(1点の代わりに)2点になる
キャラクターカード4/さまよえる修道士:プレイヤーとその建築家の移動コストを銀行が払う。よって、彼らは無料で移動する。
キャラクターカード5/建造者:家を無料で、1つ追加で建造、又は移動できる。
キャラクターカード6/職人:宮殿を建てるのに、12ゴールドの代わりに9ゴールドを支払う。
キャラクターカード7/ヨガ行者(愛称:ラーメン大王、ヴァリエーションルールでのみ使用):追加アクション

アクションには次のものがあります。
移動:アクションディスクに描かれていないアクションです。自由に出来ますが、お金がかかる場合があります。

お金:銀行から2ゴールドを受け取る。

家:都市か村に1つの家を建築できる。:費用:1ゴールド

2つの家:2つの家を建てることができる。1つは都市に配置しなければならないが、他方は村か都市に配置してよい。それぞれの家は1ゴールドかかる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、家を建ててもよい。

家の移動:自分の家を、村か都市から他の村か都市へ、無料で移動できる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、家を移動してもよい。

貯蔵庫:貯蔵庫から2つの家を受け取り、自分の手元に置ける。後のアクションで、これらの家を建築してもよい。

宮殿:12ゴールドで1つの宮殿を建築できる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、宮殿を建ててもよい。

宮殿/家:12ゴールドでいずれかの都市に1つの宮殿を建て、1ゴールドでいずれかの村か都市に家を1つ建てられる。自分の建築家が現在ある都市にのみ、宮殿か家のどちらかを建てられる。
市の紋章トラックの順番:市の紋章を移動することによって、市の紋章トラックの上の順番を変更することができる。

キャラクターカード:自分のキャラクターカードを、他プレイヤーか銀行のキャラクターカードと交換できる。所有するプレイヤーにより、前アクションは止められない。

得点計算は次の通りです。
・建築家1点
・家1点
・外の宮殿1点
・中央の宮殿3点

DSCN0592.jpg
激戦区はよりきらびやかに宮殿が建ちます。

勝利:ゲームは二通りの方法で終了します。次のようなことが起こったゲームターンで、得点計算が行われた後、ゲームは終了します。:
・1人以上のプレイヤーが彼らの7番目の宮殿を建築する、または
・市の紋章タイルのうちの1つがトラックの「10」のマスに配置される。

最も多くの宮殿を建てたプレイヤーが勝利します。

DSCN0591.jpg
2人プレイ時ゲーム終了時の盤面。

DSCF4964s-.jpg
赤対黒の対決。2人プレイ時の様子。

CIMG1104s-.jpg
5人プレイ時の様子。

・2人プレイについて
(7)無重力の騎士:多人数プレイ時とは、かなり別物のプレイ感ですが、なかなか楽しく遊べます。6種類ある職業の特徴をうまく活用しながら宮殿を建てていくのが面白いです。

・3人以上でやってみた
(8)無重力の騎士:各都市での競合が激しくなり、2人プレイ時より面白さアップ。邸宅をたて、通行料を稼ぐ作戦も3人以上のプレイでは有効に機能しますので作戦の幅も広がります。運の要素は少なめで、戦略性と戦術性のバランスのよいゲームではないかと思います。

・コンポーネント
ガラスの宮殿駒がきれいです。ボード上に、この駒を配置するスペースがあるんですが、そこは白く描かれています。ですので、ガラス駒を置いた時の色彩がとてもきれいです。

マハラジャ駒、建築家駒、家は木製駒です。木の駒がたっぷりなのは嬉しいですね。

キャラクターカードにはイラストでその職業の能力が描かれており、分かりやすいです。

あとアクションディスクにもイラストでどんなアクションか描かれていますがこれも分かりやすく、言語依存度が低いゲームになっています。

あと、厚紙製コインとタイルです。

DSCN0101.jpg
箱への収納方法。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、マハラジャ駒は左上の方に収納しております。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません(カードはありますが、それはタイルと呼ぶべき厚さがあります)。

・他サイトさまの紹介
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 03:35 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX