呪いのミイラ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5348s-.jpg

邦題:呪いのミイラ
原題: Pyramid
別名:ミイラの呪い
作者:Marcel-Andre Casasola Merkle
メーカー:Ravensburger
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:30~45分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:-


・ゲーム内容の簡単な紹介
ピラミッドの内部を探検し、考古学的名声を得ようと考えている探検家たち。彼らの志は高いが、墓所の主であるファラオから見ると彼らもまた墓荒らしの盗人どもと何ら変わりはしなかった。盗人ども、許すまじ!探検家の狡知が勝つか、それともファラオの呪力が勝つか!

な、感じのゲームです。プレイヤーはそれぞれ、探検家またはファラオ(ミイラ)になり、それぞれ異なる目標を持ち勝利を目指します。

探検家はカードによって指定された財宝を得る事がゲームの目標です。一方ファラオは特定回数(プレイ人数により変わります)だけ探検家を捕まえるのが目的です。

このゲームの特徴で面白い点はボードが立っている点です。ボードをゲームの箱から取り出し、箱に突き刺します。こうしてボードが立つのですが、ボードの片面が探検家が見る面で、反対側がファラオの面になっています。

そこに磁石の駒をくっつけます。この磁石で現在地を表します。探検家は自分の位置はもちろんミイラの位置も分かります。ファラオは探検家の位置が原則分かりません。しかし、探検家が財宝を取る時に財宝を表すカードを捨て札にしますので、そのことがファラオにとっては大きなヒントになるでしょう。

最初に探検家が動きます。サイコロを振って動くのですがこのサイコロが特殊サイコロになっています。
「1」、「2」、「3」、「4」、「↑」、「ミイラ」
という構成です。

この特殊サイコロを複数個(場合によっては1個だけ)振ります。出目の中から一つを選びその分自分の駒を動かします。数字はそのまま移動力になります。矢印は突き当りまで突っ走ります。ミイラは探検家にとっては良くない目です。この目が出ると、このサイコロがファラオの虜になってしまうのです。もちろん捕らわれたサイコロを取り戻すことも可能です。その場合はファラオにお願いして返してもらいます。その時、ファラオの特権として返すサイコロの数と等しいマス数分ファラオが移動します。

サイコロを振っていけば、どんどん捕らわれのサイコロも増えていきます。そうなるとファラオの潜在的移動力も増しますし、振れるサイコロの数も減ります。良くないことだらけなのでサイコロは返してもらった方がいいのですが、返してもらうタイミングでファラオの移動もありますので、どのあたりで決断するか、判断力が大切です。探検家が目標の財宝に着くとそれを表す財宝カードを捨て札にできます。持っている財宝カード全てを捨て札にできれば勝利です。

探検家の番が終わったらファラオの番です。ファラオはやはり特殊ダイスを振ります。
「1」、「1」、「1」、「2」、「2」、「3」
という構成になっており、ファラオの動きは緩慢です。緩慢ですが首尾よく探検家を捕まえると
「バチーンッ!」
探検家の駒(磁石)がファラオの駒にくっつきます。これで捕まえる事が分かるのです。

DSCF5352s-.jpg
ボードを箱に突き刺します。片面が冒険者側、片面がミイラ側になります。
こちらは冒険者側。迷路はまるっきり同じなのですが駒が違います。
ミイラ側からはミイラ駒のみ。冒険者側からは全ての情報が分かるようになっているのです。

・2人プレイについて:
アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
簡単で楽しいゲーム。時間もかからないですし 何度もやりたくなります。磁石同士がくっつく音も最高です。

・コンポーネント
立つボード、磁石の駒がインパクトが強いですね。

・カードのサイズ
(43.5×67.5mm):23枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
洋々雑記
遊星からのフリーキック
スポンサーサイト
[ 2010/12/29 20:02 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX