2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09









スティッヒルン

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0090.jpg
箱です。隣りに写っているぬいぐるみはハリネズミくんカレンダーです。

参考
http://flourella.blog.so-net.ne.jp/2008-01-07

実際のハリネズミは針をはやしているのですが、このカレンダーハリネズミは針が刺さっています。グサッ。その針に数字や曜日が書いてあり、それらを刺し替えることでカレンダーとして使えます。毎日ザクザク。

う~ん、ゲームと全然関係ないね!

邦題:スティッヒルン
原題:Sticheln
別名:シュティヒェルン
作者: Klaus Palesch
メーカー: AMIGO
プレイ可能人数:3~8
年齢: 10歳以上
所要時間: 30分
形態: C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1993年ドイツゲーム賞8位
1993年ドイツ年間カードゲーム賞1位



・原題の意味
「Stichlen」の意味ですが、「1.針仕事をする 2.いやみを言う」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
トリックテイキングゲームです。
特徴は、
・取るとマイナスのカードを最初に提示する
・リードされたカード(トリックで最初に出されたカード)以外の色のカードが切り札になる
・0の札は切り札でもトリックを取れない
・フォローの義務はない
といったところです。

取るとマイナスのカードもあるので、慎重に考えなければならないゲームです。
このカードを使って、「ハットトリック」という別のトリックテイキングゲームも出来ます。ハットトリックは4~6人用ゲームです。

0298.jpg
3人で遊んでいるときの様子。このゲームは、ゲーム自体はとても面白んだけどカードのデザインが地味。

■常時次人さん考案のヴァリアント(スティッヒルン、4人用)
当サイト掲示板より引用…
「先日スティッヒルンをやったのですが(4人)ルールを読み間違えて
12枚づつ5色のところを
15枚づつ4色でプレイしていました(苦笑
ところがこれがなかなか面白いものです♪
バランスは多少壊れてしまうかもしれませんがなかなか盛り上がるのでお勧めです★」
とのことです。4人ゲーマーは試してみるべし。

・2人プレイについて:
■2人プレイ時のルール(カバレロ考案)
使用するカードの枚数:30枚
使用カード:紫以外の0~5
あとは通常ルールに従います。

■2人プレイ用ヴァリアントルール(常時次人さん考案)
使用するカード:36枚(内訳4色の0~8)

ゲームの準備:
4枚のカードを、非公開のまま伏せて箱に戻しておきます。
ひとりに15枚ではなく16枚ずつ配ります。
通常通り、マイナスカラーを宣言します。

ゲームの進行:
スタートプレイヤーから順にリードしていき、
スタートプレイヤー→相手→スタートプレイヤー→相手
の順番に2枚ずつカードをだしたら判定し、勝ったほうが全てを獲得します。
あとは基本的に同じですが、
最後の1回は1枚ずつになります。
また「0」はマイナスカラーでない限り、1枚2点で換算します。

・ヴァリアントのヴァリアント:
配られた16枚のうち、手札を7枚だけもち、残りは裏向きの山にしておきプレイするたびに7枚になるように引きます。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:10
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
名作だな~。わんこが下家は負けるの法則を発見。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
こういうカードゲームというか、トリックテイキングゲームは結構好きです。同じカードを使うのでルールを間違えそう。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
自分の爆弾カラーを決めて、それを集めないようにするゲーム。こういうゲームは、何故かどっちも等しく集めてしまいプラスマイナス0になる事が多い。



「ハットトリック」の紹介

・ゲーム内容の簡単な紹介(ハットトリック)
スティッヒルンのカードを使って遊ぶ別の遊び方。それがハットトリックです。

出せるカードが2色だけというトリックテイキングゲームです。
カードは、赤・青・緑の3色なんですが、プレイヤーは集めたカードのうち、1色だけをプラスに数えてそれ以外の色はマイナスになる…というゲームです。

DSCN0082.jpg
スティッヒルンのカードを使って遊ぶことが可能な別種のトリックテイキングゲーム、ハットトリックの様子。ハットトリックは4~6人用と、とても人数の幅が狭いよ…。

・2人プレイについて:
さすがに2人は無理だと思います。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
スティッヒルンの作者らしい作品ですね~。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
(コメントはありません)

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
スティッヒルンのカードを使った別ルール。手札来たカードがとてもよく切れていて、どの色を集めたものか悩んでしまう。大きい数字がうれしくないのは、めずらしい?

・コンポーネント
全てカードです。

・カードのサイズ
(56×87mm):120枚

・BGM
ツィゴイネルワイゼン。


・他サイトさまの紹介記事
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
操られ人形館
スポンサーサイト
[ 2010/12/13 20:01 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX