ハバナ

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5986s-.jpg

邦題:ハバナ
原題:HAVANA
作者:Reinhard Staupe
メーカー:RIO GRANDE GAMES
プレイ可能人数:2~4
年齢:10歳以上
所要時間:30~45分
形態:C
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■■
幸運不運■■

受賞歴:-


・原題の意味
キューバの首都です。このゲームの舞台の街なのでしょう。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ハバナは「キューバ」というボードゲームの姉妹ゲーム、みたいですね。けど、ルールの共通項が少ないような・・・そんな印象です。プエルトリコとサンファンが姉妹ゲームだけど違うゲーム・・・つまり姉妹はあんまり似てないってことなのでしょうか。

ハバナは職業カードを出していって職業カードの表すアクションを行います。それをひたすら繰り返すゲームです。

職業は13種あります。
0番:シエスタ=行動なしです。けど数字が最低なので早い順番の行動ができるはずです。
1番:回復=捨て札から1枚を選んで拾ってくることができます。
2番:防御=他人からの攻撃的アクションを予防するガードマンです。
2番:廃材=廃材駒を場から拾います。
3番:保安林=邪魔な建物カードを除去できます。
3番:徴税人=他人の駒を減らします。
4番:労働者=労働者駒を獲得します。
4番:建築士=このカードが出ている時だけゲットできる特殊な建物カードがあります。
5番:ペソ泥棒=他人のお金を盗みます。
6番:資材泥棒=他人の資材駒を盗みます。
7番:闇市=袋に入れられている駒を引いてきます。
8番:ペソ=場にあるペソを得ます。
9番:ママ=場にあるキューブ駒を得ます。

番号が同じ物もありますね。これは私がコピペをしてそのままになっているわけではなくて、本当にこの番号なのです。

職業カードで行動をやるゲームの代表格はあやつり人形ですが、このハバナの面白い点は1人で2枚出す!というところです。職業カードには一ケタの数字がふられています。2枚のカードを出します。2個の数字が並びます。この数字を二ケタの数字として読んでみて数の少ない方から行動ができます。もしも同値のときは勝利点の少ない人が早い順番になります。

こういう出したカードやら出した職業やらで順番が決まるのって、あやつり人形やマハラジャみたいですね。

順番が決まったらアクションです。2枚出してるから大体は2種の行動をやることになるでしょう。職業カードのアクションに追加して、お金や駒が手元にあれば建物カードが買えます。この建物カードに書かれている数字が勝利点で、点が高い方が勝つわけです。

全員がアクションを終えたら各人は1枚の職業カードを出し、2枚の出されているカードのうちの1枚が捨て札になって、つまり新カードと旧カードの2枚が次ラウンドの使用される職業になります。ラウンドの進行によりドンドン捨て札が増え、手札が2枚だけになると捨て札全部が手札に戻ってきます。

プレイ人数により、決められた点に到達したらゲームは終了して点の高い人の勝ちになります。

DSCF5981s-.jpg
2人プレイの様子。

・ハバナ攻略?ハバナ“必勝法”!
流さんが“ハバナ必勝法”を編み出しました。
それは「回復カード」維持作戦。

この作戦をすると、回復カードの効果で1枚返ってくるのですが、この回復カードを流さず保持し続けるんですね。すると、カード選択の余地100%です。かつ、回復カードはスピードが2番目に早い高速カード。高速カードで高速手番、そしてカードの威力が増すし、プレイエリアの資源もガッポガッポ。

欠点が無いかに見える回復カード維持作戦ですが、仮に複数のプレイヤーが同時にこの作戦を採用したらどうなるでしょうね。やはりハイレベルな勝負になるかもしれないと思いますが、ある瞬間に均衡が破れるでしょう。つまり、どちらかのプレイヤーがプレイエリアの状況次第では相手を出し抜くべく回復カードを破棄し、同時に通常のプレイに見られるカード2枚の効果をプレイエリアなどにしかけて一挙に資源獲得・建物カード獲得・勝利点ゲット、となるのでは・・・と想像します。

この回復カード維持作戦は果たして机上の空論なのか?ちょっと試したいですね。

・コンポーネント
駒は木製、コインは厚紙製、建物カードは厚紙タイルです。

肝心の職業カードはカードの効能書きのシールを貼る方がプレイしやすいでしょう。バネストというお店ではシール付きでした。

エル・グランデのパワーカードは各人が使用するカードのセットが各人のプレイヤーカラーで分けられています。このゲームもカードの裏面を見ると、どのカードがどのプレイヤーに属しているか色で分かります。裏面だけでなく、エル・グランデのパワーカードのごとく表面も各人のプレイヤーカラーにしてほしかったです。その点が惜しいですね。

あと、カードゲームなのに箱でかすぎです。建物カード(タイル)がかさばるからこんなのになってしまったのでしょうか。

・カードのサイズ
(59×91mm):52枚
(これ以外に建物カードがありますが、建物カードはタイル状なのでスリーブには適さないと思います)

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
遊星からのフリーキック
スポンサーサイト
[ 2010/06/27 22:13 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX