2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11









Top Page > 用語事典 > ボードゲーム用語事典 あ行

ボードゲーム用語事典 あ行

このページは、ボードゲーム・カードゲーム(ドイツゲーム)で、よく聞く言葉についての小事典あ行のページです。

ここで扱っている項目は、ゲーム作家名、ゲームメーカー名、ゲーム用具名等です。

ゲーム自体については、ゲームリスト(及びそこから行ける各ゲームの紹介文)をご覧になってください。

ゲームショップについては、リンク集から、直接各ゲームショップのホームページをご覧になるとよいでしょう。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行
アーティファクト(artifact(英語)):加工品。

あいこ:プレイヤーが、互いに同じような状況で、引き分けること。

あがり(上がり):上がること。

あがる(上がる):双六などで、駒が最終の位置に到達すること。また、勝負がつくこと。

アクア・ステップ・アップ:ボードゲーム・カードゲームをテーマにしたマンガ、小説。ソニーマガジンズ刊、原作:安田均・友野詳、マンガ:田嶋安恵、小説:川人忠明。

アクションゲーム(action game(英語)):プレイヤーの(主に手先の)器用さが勝敗に重要なゲーム。

アクションポイント(action point(英語)):アクションポイント制を導入しているゲームにおける行動力のこと。アクションポイントが多いと、その分ゲームに定められているいろいろな行動が可能になる。

アクションポイントせい(action point 制):行動をアクションポイントを消費することで進めていくという形式のゲームのこと。ティカルやトーレスなどが代表と言える。

あそび(遊び):遊ぶこと。

あそぶ(遊ぶ):楽しいと思うことをする。

アナログゲーム(analog game(英語)):プレイをするにあたり、電源を必要としないゲーム。非電源ゲームとも言われる。ボードゲーム、カードゲーム、トレーディングカードゲーム、テーブルトークロールプレイングゲームの類。

アバクスシュピーレ ABACUSSPIELE:ドイツのゲームメーカー。主な作品は、エアラインズ、アンギャルド、マンマミーア!、ウサギとハリネズミ、パリス、コロレット、キング・ルイ、ハンザ、チャイナ、ズーロレット、ピック・ア・ディリー、レース・フォー・ザ・ギャラクシー、ヴァルドラ。

アブストラクト(abstract(英語)):「抽象的な」という意味。アブストラクトなゲームとは、抽象的で、テーマ性がほとんどないゲームのこと。具体例としては、囲碁、オセロ、麻雀などがある。また、しばしば、「運の要素がないゲーム」という意味でも使われる。テーマがあるゲームでもこのような場合、アブストラクトゲームの範疇に入れられる。ゆえに、「戦争」というテーマがあるにもかかわらず、将棋やチェスも、アブストラクトゲームである。

アブストラクトゲーム(abstract game(英語)):「アブストラクト」の項を参照。

アミーゴ AMIGO:ドイツのゲームメーカー。主な作品は、ニムト(6ニムト!)、メディチ、ボーナンザ、カポネ、カフェインターナショナル、パワープレイ、エルフェンランド、ユニオンパシフィック、ロボラリー、マメじゃないよ!、ブクブク、ドラゴン島、ミッドナイトパーティ、この窓どの窓、パトリツィア、ヤギ戦争。

アレア alea:ゲームメーカー。主な作品に、ラー、タージマハル、フィレンツェの匠、貴族の務め、チャイナタウン、ジェノバの商人、宝石商、プエルトリコ、サンファン、ルイ14世、アウグスブルグ、ラムと名誉、ノートルダム、魔法にかかったみたい、ドラゴンイヤー、マカオ。

あんぱい(安牌):麻雀用語で、安全牌の省略形。行っても相手の得点にならないような手堅い行動のこと。

いかさま(如何様):いんちき。

インスト:インストラクション(instruction(英語))の省略形。ゲーマーはこの語を、「ゲームのルールの説明」の意で用いる。

インストラクション(instruction(英語)):教育;知識;指図の意。

インタラクション(interaction(英語)):相互作用。あるプレイヤーの行動が他のプレイヤーに影響を及ぼすこと。このインタラクションが低いほど、ソロプレイに近づく。

いんとくじょうほう(隠匿情報):プレイヤー間で、自分だけが知っている情報のこと。手札や所持金が隠匿される場合が多々ある。

ヴァリアント(variant(英語)):異なる;多様なの意。少し変更を加えられたルールという意味で使われる。

ヴァリエーション(variation(英語)):変化;変化物の意。ヴァリアントと同じ。

ウルリッヒ Ulrich,Richard:ゲーム作家。代表作は、エル・グランデ、ディ・ハンドラー、フィレンツェの匠(いずれもクラマーとの共作)。

うん(運):ゲームにおける、プレイヤーの技量によらない、勝敗を左右する要素。

うんゲー:運の要素がゲームの勝利にとって、大きすぎるゲームに対する蔑称。

エクスパンション(expansion(英語)):拡張セットのこと。「拡張セット」の項を参照。

エヌピーシー(NPC(英語)):「Non Player Character」の略。ゲームの世界に登場する仮想上のプレイヤーで、通常のプレイヤーが自由に操作することのできない人格のこと。

おうて(王手):元々は将棋の用語。あと一歩で勝利という状態のこと。

オールマイティ(almighty(英語)):どのような役割も果たすこと。全能。

おかね(お金):金銭。しばしばゲームの勝利条件になる。紙幣やコインで表わされるのが一般的である。これを隠匿情報とするか公開情報とするかは、多くの場合はルールで定められているのでプレイ前に確認しておくべきであろう。

おさつ(御札):紙幣。

おもい(重い):プレイ時間が長い、ルールが多い、精神力が必要、じっくり楽しめる、といったゲームの形容。

おもしろい(面白い):楽しい。興味がある。良い。

おや(親):カードなどを配るプレイヤー。または、ターンのはじめにプレイをするプレイヤー。ディーラー。
スポンサーサイト
[ 1999/12/30 23:30 ] 用語事典 | TB(-) | CM(-)
FX