2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11









Top Page > 用語事典 > ボードゲーム用語事典 ま行

ボードゲーム用語事典 ま行

このページは、ボードゲーム・カードゲーム(ドイツゲーム)で、よく聞く言葉についての小事典ま行のページです。

ここで扱っている項目は、ゲーム作家名、ゲームメーカー名、ゲーム用具名等です。

ゲーム自体については、ゲームリスト(及びそこから行ける各ゲームの紹介文)をご覧になってください。

ゲームショップについては、リンク集から、直接各ゲームショップのホームページをご覧になるとよいでしょう。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行
マーカー(marker(英語)):目じるし。標識。

まけ(負け):敗北。

まけぬけ(負け抜け):ゲームの敗者が、再戦に参加しないこと。

ます(枡・升):線で区切られた場所。

マストフォロー(must follow(英語)):トリックテイキングゲームで、フォローの義務があること。

ますめ(枡目・升目):枡を構成する線の交点。または、枡の枠・模様。

まった(待った):元々は将棋の用語。相手の行動が気に入らないので、それをやり直してもらうようにお願いすること。

マテウス Mattha"us,Doris: ゲーム作家。イラストレーター。代表作に、ピコ、ピコ2、原始スープ、ゾフインズー(いずれもネステルとの共作)。また、イラストレーターとして、エル・グランデ、エルフェンランド、チグリス・ユーフラテス、スチーブンソンロケット、モルゲンランド、パワープレイ、カルカソンヌ、ザップゼラップのイラストを手がける。ネステルとは夫婦。

マルチ(multi(英語)):マルチプレイヤーゲームの項を参照。

マルチプレイヤーゲーム(multiplayer game(英語)):(通常)3人以上でプレイするゲーム。マルチ。

みぎまわり(右回り):時計回り。

ミゼール(misere(英語)):トリックテイキングゲームで、トリックを全く取らない手のこと。転じて、本来の目的とはまったく逆の目的を目指すゲームの総称。

ムーン Moon,Alan R.:アメリカ出身のゲーム作家。代表作に、エアラインズ、エルフェンランド、ユニオンパシフィック、ぼろ儲けカンパニー、乗車券。また、バーリーとの共作にテイク・イット・イージーがある。また、ヴァイスブルムとの共作にサンマルコ、カピトール、アムレット、ランパージャック、キング・ルイ、氷河期がある。

メイフォロー(may follow(英語)):トリックテイキングゲームで、フォローの義務がないこと。スティッヒルンがメイフォローのゲームの代表。

メビウス Mobius:「メビウス・ゲームズ」の項を参照。

メビウス・ゲームズ Mobius Games:東京都文京区にあるゲームショップ。ヨーロッパからゲームを直輸入し、日本語訳ルールを添付して販売している。参照。

メビウスびん(Mobius便):「メビウス頒布会」の項を参照。

メビウスはんぷかい(Mobius頒布会):メビウスによる会。入会すると、毎月10,000~13,000円で、最新ゲームが3~5個届けられる。メビウス便。

めんつ(面子):麻雀用語のひとつ。ゲームの参加者の顔ぶれや、人数のこと。
スポンサーサイト
[ 1999/12/24 23:39 ] 用語事典 | TB(-) | CM(-)
FX