グレンモア

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6089s-.jpg

邦題:グレンモア
原題:Glen More
作者:Mttias Cramer
メーカー:alea
プレイ可能人数:2~5
年齢:10歳以上
所要時間:60分
形態:O
重さ:ほどほど
要素:
戦略戦術■■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■



・ゲーム内容の簡単な紹介
ボード上の駒を進めて止まった場所のタイルを取ります。取ったものを自分専用エリアに並べて、他プレイヤーとの比較において、差がついた分が勝利点になるゲームです。

DSCF6090s-.jpg
ボードです。タイルが並べられてここから取っていきます。

手番になったら、ボード上の駒を前進させます。止まった場所のタイル1枚を取り、自分専用エリアに並べます。場合によってはタイルの効果が発動され、産物などを得ます。産物を勝利点に変換する、という能力を持ったタイルもあります。

DSCF6083s-.jpg
2人プレイの様子。駒が回る方向が逆になってるぞ。けどあまり支障のない勘違い。

ボード上の駒を比較し、最後尾の人の手番になり、その人のタイル選択・配置・タイル能力発動が行われます。タイル上の駒はきちんと順番に並んでいて「同じマス」に止まっているということがありません。だから必ず1人に最後尾が特定されます。

そうやって駒はドンドン前方に進みますが、ボードのマスはグルリと環状になっており、最後尾が出発すると空いたスペースにタイルが補充されていくので、グルグルと同じ場所をみんなで回転し続けるのです。

DSCF6084s-.jpg
ゲーム終了時の様子。こんなにたっぷりタイル取っちゃダメだろ、俺。この時のプレイは「タイルを取ること即ペナルティ」というあたりがあまり理解できてなかったため、こんなんになった。

DSCF6085s-.jpg
コンパクトな流さんのタイル群。

タイルの山が尽きるタイミングでラウンドが終了になり、3ラウンド終わったらゲームが終わります。

DSCF6086s-.jpg
箱に収納しました。

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
洋々雑記
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2011/04/23 05:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX