2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









マンマミーヤ!

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
KIF_0223.jpg

邦題:マンマミーヤ!
原題:MAMMA MIA!
別名:マンマミーア
作者: Uwe Rosenberg
メーカー: ABACUSSPIELE
プレイ可能人数:2~5
年齢:10歳以上
所要時間: 30~40分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■■
幸運不運■■

受賞歴:
1999年ドイツゲーム大賞ノミネート
1999年ドイツゲーム賞8位
1999年ドイツ年間カードゲーム賞2位



・原題の意味
「お母ちゃん!」というイタリア語のようです。直訳すると、お母ちゃん、みたいな意味ですが、意味合いとしては「なんてこった」みたいな感じのようです。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ピザ職人となってピザを作ります。

このゲームは2つのフェイズに分かれています。最初のフェイズでピザのトッピングを行います。このとき、すでに必要な トッピングが出揃っているかどうか、或いはあとで辻褄あわせ出来るかどうか、とにかく記憶と度胸で、レシピカードを出していきます。
プレイヤーは、このフェイズの手番では、材料カードと、場合によってはレシピカードを出します。出す材料カードは同じ種類なら何枚でも同時に出せますが、異なる種類の材料をいっぺんに出すことはできません。レシピカードは
「これならできそうだな」
と思えるときに、材料カードと一緒に1枚出します(出したくなければ出さなくてもいいです)。
出したカードは一つの山にして重ねて置きます。

カードを出した後、手札が7枚になるように補充します。これで手番は終了です。

第2フェイズはピザを焼き上げるフェイズです。ピザが焼きあがっているか、確認するだけです。
第1フェイズで、「おじさんカード」を引いたプレイヤーが、第1フェイズで積み上げた山札を先に置かれた順にめくっていきます。

材料カードは種類別に置かれ、レシピカードがめくられたら、そのレシピが完成しているか材料を見て確認します。もし材料が足りない場合は手札から材料を足すこともできます。成功したら、そのレシピカードを勝利ポイントカードとしてプレイヤーは獲得します。

より多くのピザを焼き上げたプレイヤーの勝利となります。
このゲームではなによりも記憶力と度胸と運が重要です。

DSCF6212s-.jpg

・2人プレイについて:
無重力の騎士によるゲームの面白さ評価:
無重力の騎士によるゲームに対するコメント:
世間的には結構評価されているゲームだと思うのですが。。。 わたしにはあまりあわないようです。カードはかわいらしいし楽しげなのですが。。。あまり面白さが理解できませんでした。
(2009年6月27日)

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
めずらしくいいレシピが来て、結構うまくいった。4人プレイだと、レシピの引きが結構勝負の分かれ目だ。難しいレシピはさっさとピザ焼き釜に放り込んで、次のレシピを補充するのがいいかも。他プレイヤーのかく乱にもなる。

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
さくさく進む楽しいゲーム。自分もダメそうなレシピは釜に投げ入れてました。ちなみに、パインがチーズに見えてしかたないです。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
意外と静かに進行しますね。記憶力があると強そうですが、なくても結構いけます。難しいレシピは適当に出して、さっさと次のを引いた方が良さそう。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼちによるゲームに対するコメント:
計算していても、先にメニューカードを出されてなかなか完成させられなかった。

・コンポーネント
全てカードです。カードのイラストには愛嬌があります。見てるとピザが食べたくなってきます。

・カードのサイズ
(56×87mm):106枚

・BGM
ルロイ・アンダーソンの「タイプライター」


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
操られ人形館
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/10/25 22:27 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX