2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









コロレット

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6208s-.jpg

邦題:コロレット
原題:Coloretto
作者:Michael Schacht
メーカー:ABACUSSPIELE
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:30分
形態:C
重さ:軽い
要素:
戦略戦術■■■
駆け引き■■■■
幸運不運■■■

受賞歴:
2003年ドイツゲーム大賞ノミネート
2003年ドイツゲーム賞9位
2003年ドイツ年間カードゲーム賞1位
日本ボードゲーム大賞2003海外ゲーム・入門者部門




ルール解説動画


・ゲーム内容の簡単な紹介
より色数を少なく、カメレオンカード(カラーカードと同じ。カメレオンが描かれている)を収集することを目指します。

まず、プレイヤーの人数と同じ枚数の列カードを場に並べます。手番になったらプレイヤーは、山札からめくった1枚のカードを場の列に置くか(1つの列には最大3枚までしか配置できません)、列を列のカードごと取るか選択します。

列カードごとカードを取った場合はいったんプレイから外れます。プレイヤー全員が列カードを取ったらラウンドは終了です。そこでまた、あらためてプレイヤーの人数と同じ枚数の列カードを場に並べ、新たなラウンドの開始となります。

これを、最終ラウンドカードがめくられるラウンドまで繰り返します。そうしてカードを収集するのですが、集められたカードの多い枚数の色から3色がプラス点になります。そうでない色はマイナス点になります。
例えば、赤を6枚、青を5枚、黄色を3枚、緑を2枚持っているのなら、多い枚数のうち3色だけ、つまり赤と青と黄色がプラスの得点になり、緑はマイナスの得点になります。

点数を集計して最も高得点のプレイヤーが勝者となります。
得点は、色別に集計し、
1枚=1点
2枚=3点
3枚=6点
4枚=10点
5枚=15点
6枚以上=21点
と数えます。

DSCF6205s-.jpg


・2人プレイについて:
海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
2人でも専用ルールで楽しく遊べますね。悩ましさもそのままです。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
ゲーム会の閉めには最高です。マイナス点を怖がるより、プラスカードの枚数を集めることに大胆になったほうがよい。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
カードをどうするか結構悩ましいゲームです。そこが面白いところかな。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
七色のカメレオンカードがキレイ。

アブラハムによるゲームの面白さ評価:
アブラハムによるゲームに対するコメント:
ルールが簡単ですぐ終わるので便利で面白いです。

シヴによるゲームの面白さ評価:
シヴによるゲームに対するコメント:
(コメントはありません)

海長とオビ湾によるゲームの面白さ評価:
海長とオビ湾によるゲームに対するコメント:
ガチになり難い分多人数の方が気軽にできる印象。

・コンポーネント
全てカードです。カラーカードには、カメレオンのイラストが描いてあります。なお、このゲームには、ナッシュのブランクカードが付いてます。

・カードのサイズ
(56×87mm):77枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
海長とオビ湾のカジノロワイヤル
操られ人形館
遊星からのフリーキック
浅く潜れ!
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 13:52 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX