2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > インジーニアス(頭脳絶好調)

インジーニアス(頭脳絶好調)

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCN0032.jpg

邦題:インジーニアス
原題:Einfach GENiAL
別名:頭脳絶好調
別名:天才一直線
作者:Reiner Knizia
メーカー:KOSMOS
プレイ可能人数:1~4
年齢:10歳以上
所要時間:30~60分
形態:B
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■■■■
駆け引き■■
幸運不運■■■

受賞歴:
2004年ドイツゲーム大賞ノミネート
2004年ドイツゲーム賞5位
日本ボードゲーム大賞2004海外ゲーム・入門者部門



・原題の意味
「Einfach Genial」の意味ですが、「単純に天才的」です。

・ゲーム内容の簡単な紹介
クニツィーアのボードゲームです。テーマ性が全然ないゲームです。

手番になったら手元から1枚タイルをボード上に配置します。

DSCN0035.jpg
ボードを広げたところ。あらかじめ、6つのマスにはマークが印刷されています。

タイルは2 個の六角形がつながった形です。

DSCN0040.jpg
袋からタイルをツモってきます。場合によっては持ちタイルを袋内に返却する、というルールがあるため、麻雀のようにあらかじめタイルを詰んでおくことができないです。

DSCN0036.jpg
タイル立て。持つべきタイルを置く場所です。

DSCN0037.jpg
持ちタイル枚数は6枚。当然ちょうど良いサイズです。

一つの六角形には一つのマークが書かれています。これがボード上に置かれると、そこから一直線方向に伸びる線上に同一マー クがある場合、その数だけ得点が得られます。

DSCN0041.jpg
ゲーム終了時の盤面。

得点は色別の得点です。色別の点だから、赤の点、青の点、黄色の点……。6色の点があり、それらのうちの最低点がその人の得点になります。

DSCN0042.jpg
最低点がその人の点です。だから8点。

DSCN0043.jpg
これは6点。

こういう得点方式はチグリス・ユーフラテスにも見られる、クニツィーアお得意の得点方式です。

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
今回は最低の色をあまり意識しないでひたすらブームにのってみたがそれがよかったのかな?

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
なかなか面白かった。私は天才と言えませんでしたが。

ぼびによるゲームの面白さ評価:
ぼびによるゲームに対するコメント:
「オレって秀才~!」所詮、努力は才能に勝てないのか(泣)。

・コンポーネント
タイルはプラスチック製でなかなか立派です。タイルホルダーがついており、なかなか機能的です。

・カードのサイズ
このゲームはコンポーネントにカードを含みません。

・BGM
二つのヴァイオリンのための協奏曲


・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
Table Games in the World
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
浅く潜れ!
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/11/12 20:28 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX