2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06









クク

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF6990s-.jpg

邦題:クク
原題:CUCCU
作者:
メーカー:(伝統ゲーム)
プレイ可能人数:2~38
年齢:-
所要時間:45分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■
幸運不運■■■■■■

受賞歴:-


・原題の意味
「CUCCU」はカード自体の名前であり、日本でよく行われるゲームは「カンビオ」と言います。「カンビオ」は、「交換」と言う意味だそうです。

・ゲーム内容の簡単な紹介
ククの起源は16世紀のフランスです。18世紀までにイタリアから北欧まで広がりました。一時期はヨーロッパ全土にまで広まりましたが、現在ではほとんど遊ばれていません。現在において、最も遊ばれているのは、日本かもしれないですね。

カンビオのルールですが、各人1枚ずつカードが配られます。

DSCF6991s-.jpg
こんな感じのカードです!

手番になったら、手札を、右隣のプレイヤーと交換するかどうか考えます。

交換したい場合は、「チェンジ」と言います。そして交換します(大体の場合は、交換できるのですが、役札の特殊能力により、交換がうまくいかない場合もあります)。

交換したくない場合は、「ノーチェンジ」と言います。

全員の手番が終わったら、全員の手札を明らかにします。この時点で、もっとも弱いカードの持ち主はゲームから抜けます。

最初の3ラウンドはゲームから抜けても「参加費」を払って復帰します。しかし4ラウンド以降は抜けたままになり、どんどん抜けるプレイヤーが増えていきます。最後まで残ったプレイヤーが、テーブル中央に預けられたチップを自分のものとします。

インディアンククという、ヴァリエーションルールがあります。こちらも面白いです。
http://www4.plala.or.jp/hammer/board/misc/cuccu_option.html
また、ククのヴァリエーションルールについてはこちらが詳しいです。
http://www.edit.ne.jp/~takanos/dreamon/smile/cucco/fairy.html

・3人以上でやってみた:

にゃんとろによるゲームの面白さ評価:
にゃんとろによるゲームに対するコメント:
ルールが簡単で、雰囲気が大事なゲームだけに、他の参加者が楽しんでいるかが自分の評価に対して大きく影響しますね。この時はわりといい雰囲気だったので、面白いゲームだと感じました。

(追記)
勝てそうで勝てないので、何度もプレイしたくなる!簡単だけど、反時計回りの手番やイラストが神秘的な雰囲気をかもしだす。

ゆっきーによるゲームの面白さ評価:
ゆっきーによるゲームに対するコメント:
全然だめでした。なんかくやしい。カードの運が悪かったんだよ、きっと。

ジャックによるゲームの面白さ評価:
ジャックによるゲームに対するコメント:
今回(2006/08/12)の最高得点ゲーム。自分はシンプルで一回あたりの時間が短いゲームを好む傾向があるが、
特にこれは何度やっても毎回違う展開になるので良かった。あと、やっぱり自分はカードゲームが好きだなと
再認識させられた。なんと言っても時と場所を選ばないし。

ず~シヴによるゲームの面白さ評価:
ず~によるゲームに対するコメント:
キーポイントはカードの交換テクニック。

しらひによるゲームの面白さ評価:
しらひによるゲームに対するコメント:
これは、「インディアン」じゃない方が面白かったです。意外と、自分の手札がこの中でどの位置となっているか推測するのが面白かったです。

sirouによるゲームの面白さ評価:
sirouによるゲームに対するコメント:
時間さえあればずーっと遊べるゲーム。汎用性も高い。

・コンポーネント
カードのみです。チップなどを別途用意されるべきかと思います。

・カードのサイズ
(57×93mm):44枚(FGAME版)
(63×88.5mm):40枚(グランペール版)

・他サイトさまの紹介記事
プレイスペース広島
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
GIOCO DEL MONDO
週刊じゃむたん通信
洋々雑記
遊星からのフリーキック
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/08 20:00 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX