2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10









Top Page > その他ゲーム情報 > ゲームコラム > ゲームを買うタイミング

ゲームを買うタイミング

「ボードゲームは欲しいと思った時が買い時である」

「名作は再版されるから急ぐことはない」

どちらももっともだと思う。あるゲームショップに入荷されたゲームについて、入荷案内メールを確認してからショップのサイトを見ると既に品切れ……そんなこともごく稀にある。

一方で、ラーやモダンアートクラスのゲームになると絶版になったと思ったらまた再版、となり結局いつ何時でも入手が可能だ。

話題のゲーム、例えば、ドミニオンやパンデミックなどはしばらくは流通を続けるだろう。評価されるゲームであればあるほど流通期間は長い。だから良いゲーム、面白いゲームはいつでもゲームショップで購入可能だ。

しかし流通期間が長いということに、あまりに胡坐をかいていると、品切れ・絶版・入手困難という憂き目に遭う。王と枢機卿、サンマルコ、クロンダイクあたりは入手が難しいだろう。

これらもヤフオクで買う、海外から買うなど工夫をすればもちろん入手が可能だ。私は王と枢機卿などは数年前にごく普通の方法で入手した。今、新たに入手するとなるとちょっと値が張るかもしれない。しかし、本当に面白いゲームだと思うし、極端に高くないのならば購入に値するゲームだろうと思う。

結局、特定のゲームに対する【こだわり】の強さの問題になると思う。単純に、面白さを費用対効果で追及するのなら、ゲームショップにある品物を買えば良いだろうし、【こだわり】があるのならその【こだわり】の強さに見合った対価を払えば良いだけなのだ。
スポンサーサイト
[ 2010/12/16 21:00 ] その他ゲーム情報 ゲームコラム | TB(-) | CM(-)
FX