Top Page > ボードゲーム・カードゲームレビュー > モダンアート・ザ・カードゲーム

モダンアート・ザ・カードゲーム

ボードゲーム・カードゲーム レビュー
DSCF5488s-.jpg

邦題:モダンアート・ザ・カードゲーム
原題:MODERN Art The Card Game
別名:モダンアート・カードゲーム
別名:マスターズギャラリー
作者:Reiner Knizia
メーカー:Gryphon Games
プレイ可能人数:2~5
年齢:8歳以上
所要時間:20~30分
形態:C
重さ:やや軽い
要素:
戦略戦術■■
駆け引き■■■
幸運不運■■■■■

受賞歴:-



・ゲーム内容の簡単な紹介
モダンアートというクニツィーアの名作ゲームがあります。モダンアートはカードが主体の競りゲームなのですが、値段を表示するためのボードがありました。ボードがあるゆえ、「ボードゲームだ!」と言えたのですが、このモダンアート・ザ・カードゲームはボードがないのです。だから、「モダンアート・ザ・カードゲーム」ということなのでしょう。

このゲームはモダンアートから競りの要素がスッポリ無くなっているゲームだ…と捉えてもあながち間違いではないでしょう。

手番では1枚のカードを手札から出します。ボード版モダンアートではここで競りをして競り勝つとカードを取得できるのですが、このモダンアート・ザ・カードゲームでは出したカードがそのまま取得でき自分のものになります。

味付けとして下駄(2枚同時出し)、全員一斉にプレイ…などの特殊カードも中にはあります。

このゲームにはモダンアートでおなじみの5人の画家が登場します。画家の絵がプレイヤーに取得されていきます。

いずれかの画家の6番目のカードが出ればラウンド終了で得点を計算します。手元の自分のカードが点になるのですが、最も出ている枚数の多い画家のカードが3点になり、2位は2点、3位は1点です。4位以下は0点です。

こうして画家は価値が付けられるのですが、この価値が累積していくのです。累積するのですが、3位以内でないと0点扱いになってしまいますのでその点は要注意です。

ラウンド・得点計算が終わったら手元のカードを捨て札にしてラウンドごとのカード補充をして、新ラウンドに備えます。

4ラウンドが終わったらゲームは終わり、その時点で最も高得点を得ているプレイヤーが勝利します。


DSCF5477s-.jpg
プレイの様子。

・コンポーネント
カードと得点表示用のタイルがあります。ゲームには付属してないのですが、筆記用具とメモ用紙がいります。

・カードのサイズ
(63×89mm):100枚

・他サイトさまの紹介記事
メビウスゲームズ
プレイスペース広島
Funagain Games
Board Game Geek
play:game
Nagoya EJF
ふうかのボードゲーム日記
スポンサーサイト
[ 2010/12/12 20:02 ] ボードゲーム・カードゲームレビュー | TB(-) | CM(-)
FX